【忍風】

概要

烈火伝 第1章から登場した系統:「忍風」を軸とするデッキ。
コアブーストを行いつつ展開を行うらしいデッキとなっている。
忍風には殻人剣獣爪鳥など、緑を代表する系統を擁しているため、それらのサポートカードを入れる構築も可能。
基本的には緑を中心に他色のマジックをタッチする形にする。

構築

系統:「忍風」を持つスピリット群を中心に構成されるため、自然とのカードを中心に構築されることになる。
低コストのコアブーストスピリットでコアを増やし、甲蛾頭首クワガスレイヤーによる爆発的な展開により一気に勝負を仕掛けるため、スピリットの比率が一般的なデッキと比べ多くなる。
マジックの数の少なさは【神速】を持つスピリット等で補うこととなる。

ソウルデッキ【烈風忍者】の登場により、いち早く【起導】と【Sバースト】の連携による戦術を手にしたため、ソウルコアの運用方法をある程度決めてから構築する必要が出てきた。

スピリット

  • 風魔タシギ
    こちらもコスト2の【神速】スピリット。
    召喚時に相手の合体スピリットを強制分離させるため、合体スピリットに対する非常に強力な対抗策となりうる。
  • 風魔シノビリカ
    ソウルコアを載せた忍風のアタックで、疲労状態の相手のスピリットを手札に戻すことができる。
    軽減を満たすことでノーコストで召喚でき、バウンスの条件も緩いため除去はこのカードに頼ることになる。
  • 風魔ニンコウチョウ
    神速】で召喚できるスピリット。召喚時に相手スピリットを疲労させるので攻守に渡って活躍できる。
    召喚コストにソウルコアを使用することでコアブーストを行うこともできる。
  • 風魔ササクナイ
    こちらも【神速】で召喚できるスピリット。
    召喚コストにソウルコアを使用すればコアブーストが行えるが、風魔ニンコウチョウと違い召喚時効果ではないためメタカードやバーストを踏む心配が無い。
  • 異牙忍ラッパンサー
    バトル時にコアブーストを行い、リザーブにソウルコアがあればBPが大幅に上昇する。
  • 風魔アマツバ
    神速】で召喚し、召喚時にコスト5以下の自分のスピリットを回復させる。
    ソウルコアを使用して召喚すれば回復対象に制限が無くなるが、ソウルコアをトラッシュに送ることが一切メリットになりえないこのデッキにおいては少々相性が悪い。
  • 風魔ベニマトイ
    アタック時にコアブーストと、ソウルコアが置かれていれば相手スピリット1体を疲労させる。
    コスト4のスピリットとしては破格の性能を持つため採用の余地あり。
  • 甲蛾忍クサリカマ
    召喚時に2個のコアブーストを行い、バトル時にはアルティメット2体を疲労させることができる。
  • 甲蛾頭首クワガスレイヤー
    このデッキのキーカード。
    バトル時の効果でデッキトップから最大3体の忍風をノーコスト召喚することができ、一気に展開を行うことができる。
    Lv3のアルティメット顔負けのBPも魅力。
  • 風魔頭首シノビオウ
    ライフ減少後の【Sバースト】で相手を疲労させながら召喚できる忍風
    起導】で発揮させることができればデッキボトムへのバウンスができるため、【起導】持ちのスピリットと一緒に採用したい。
  • 甲蛾忍トビカゲ
    召喚時に忍風殻人の数だけコアブーストを行う忍風
    元のコストが少々重いがそれに見合ったコアブーストを行ってくれるため、盤面を固めたうえで召喚したい。
    バースト封じの効果も強力で、実質的なフィニッシャーと言っても過言ではない。
  • 巨蟹忍者 喜屋武鎖亜怒
    ソウルコアが置かれたスピリットに2体ブロックを強要させる効果を与える。
    ソウルコアをリザーブやトラッシュに置くことで効果を発揮するスピリットが多いこのデッキとは多少相性が悪くなってしまうことがあるため、
    構築段階でソウルコアの扱いについてある程度固める必要がある。
  • 宇宙忍者バルタン星人
    シンボルを持つ忍風スピリット。
    忍風スピリットがアタックするたびコアシュートかコアブーストを行うため、Lv2以上で置物にしておくだけで良い。
  • 高コスト
    • 甲蛾上忍ベッコウ
      召喚時にコアブーストと疲労効果を発揮し、アタック時には相手スピリット/アルティメットを疲労させつつバトルを介せずライフを狙うことができる。
  • 烈風忍者キリカゲ
    ソウル神速】と【起導:緑】を持つ高コストの忍風
    ソウルコアさえ支払えば序盤から召喚することが可能だが、どちらの効果もソウルコアを消費するため場合によっては他のスピリットの効果を弱体化させてしまう恐れがある。
  • 異牙忍頭首トウドウ
    相手がソウルコアをトラッシュに置くだけでノーコストできる大型の忍風
    疲労効果は剣獣の数を参照するが、自身が剣獣なため最低でも1体は疲労させることができる。剣獣スピリットが他にも並んでいればラッキー程度に思っておこう。
  • 異牙上忍ヒョウソウガ
    召喚時にスピリット/アルティメット関わらず3体を疲労させる忍風
    忍風唯一のダブルシンボルスピリットでもあるため、自身の効果と相まってフィニッシャーになれる性能を持つ。

アルティメット

ブレイヴ

  • オオヅツナナフシ
    緑定番の手札交換ブレイヴ。ドロー手段に乏しいこのデッキでの手札補充手段として機能する。
    後述のテッポウナナフシと同じ召喚時効果を持つが、系統の差の関係上こちらが優先されることは少ない。
  • コノハガニン
    青のブレイヴだが合体時効果により合体スピリットのLvを1つ上のものとして扱う効果を活かし、甲蛾頭首クワガスレイヤーをLv3にすることができる。
    連鎖でコアブーストも行える。
    名前が忍者のようだが忍風ではない。
  • 忍魔神
    右側の合体時のアタック時効果で手札の忍風をスピリットをノーコストで召喚できるため、展開力にさらに磨きがかかる。
    左側の合体時効果もネクサス破壊かドローを選択でき、このデッキに足りない部分を1枚で補えてしまう総じて優秀な異魔神ブレイヴ。
    系統:「忍風」であるため甲蛾頭首クワガスレイヤーで召喚可能。
  • 鎧龍刃ゴウテン
    Sバースト】で召喚可能な赤のブレイヴ。
    起導】で能動的に発揮させることで忍風に不足しがちな打点を補い、ネクサス破壊や小型の破壊などを行う。

ネクサス

  • 戦場に息づく命
    緑定番のドローネクサス。コアブーストはスピリットが行ってくれるため、なるべくこういったドローエンジンを活用することが生命線となる。
  • No.10 クラウドホース
    忍風がアタックするたびに相手スピリットを疲労させるネクサス。
    Lv2効果も守りにおいてかなり有用に働くが、元コストが重いのが難点。

マジック

  • ストームアタック
    相手スピリット疲労させ自分のスピリットを回復させる緑の切り札的マジック。
    制限1カード。
  • 畳返之術
    相手スピリットを疲労させつつ忍風スピリットを手札に戻すマジック。
    コスト1の【神速】持ちの忍風スピリットと合わせて使うほか、【真・連刃】への数少ない対処法として活用できる。
  • 双身転化
    ライフ減少後の【Sバースト】を持つマジック。
    起導】で発動させることにより手札の忍風2体を踏み倒すことが可能。
    フラッシュ効果もウィニー対策としてもかなり優秀。
  • 千枚手裏剣
    手札増加後の【Sバースト】を持つマジック。
    相手スピリット2体を疲労させ、さらにコアを2つ増やす。通常のバーストマジックとして見ても条件が軽いので発揮させやすい。
    フラッシュ効果のBPパンプアップも4000と申し分ない。
  • 双翼乱舞秘剣二天一龍など
    赤のドローマジック。ドローを安定させたいなら使用目的に応じて投入すると良い。
  • 天火烈刀斬
    ネクサスの破壊と、ダブルシンボルのスピリット/アルティメットを破壊できる【Sバースト】マジック。
    ドロー効果もついており、【起導】で発揮させることにより展開力に優れたこのデッキの打点をさらに上昇させることができる。
  • マーク・オブ・ゾロ
    破壊後の【バースト】で発動し、ドローとコアシュートを行うマジック。
    このデッキに足りないドローと除去を同時に行える優秀なカード。

デッキの動かし方

序盤は甲蛾忍トックリワスプ異牙忍ラッパンサーの効果を使用しコアを増やし、1ターンでも早く甲蛾頭首クワガスレイヤーを召喚できる準備を整える。
召喚した後はひたすら甲蛾頭首クワガスレイヤーで展開を行いライフを狙っていく。

序盤に烈風忍者キリカゲ甲蛾忍ルニヘルを召喚することができた場合は、【起導】による【Sバースト】の即時発動による展開を狙っていくことも可能。

弱点

良くも悪くも展開を甲蛾頭首クワガスレイヤー頼りになってしまうので、コアブーストと一緒にドローも行い手札に持ってくる必要がある。
また、BPの高い疲労ブロッカーを立てられるとせっかく展開を行っても止められてしまうので、装甲等の耐性が無いなら風魔シノビリカの効果で除去を行う、もしくは巨蟹忍者 喜屋武鎖亜怒によりすり抜けるなど、予め対策を練っておく必要がある。
特にブレイヴを【起導】する程度でしか対処できないMOGERAII-SRF盾星鎧シールドタンクは天敵。

紫煙獅子は天敵中の天敵であり、甲蛾頭首クワガスレイヤーどころかコスト1の【神速】ですら多大なコア支払いを要求してくる。
なんとかして疲労させて風魔シノビリカで手札に戻した隙に勝負を決めるか、【起導】軸なら風魔頭首シノビオウでデッキ下に戻してしまいたい。

このデッキの派生型

殻人軸】

忍風に系統:「殻人」を持つスピリットが多いことに着目し、忍風殻人で固め殻人サポートも投入したデッキ。
大樹茂る天守閣によるスピリットの踏み倒し召喚や、始甲帝などのサポートが可能となる。
忍風の中心的存在の甲蛾頭首クワガスレイヤー自体も殻人であるため、忍風としての基本的な動きは変わらないが、当然ながら忍風の採用できる幅は通常より狭くなるため柔軟な動きはできなくなる。

【バルタン星人】

甲蛾頭首クワガスレイヤーのほか、宇宙忍者バルタン星人の召喚時効果や名称:「星人」を含むスピリット支援で展開するデッキタイプ。
紫との混色になる。当該項目参照。

関連リンク

デッキ集



[amazonでバトルスピリッツを探してみる]

最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-18 (土) 01:26:47
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索