用語集

ルールブックの用語集を改変して記述しています。
公式の裁定と記述が異なる場合は公式の裁定に従ってください。
※段落分けする際は空白行に1マス以上スペースを入力が必要です(行頭がズレる為)

あ行

相手
対戦相手のこと。
アグレッシブ健太
2015年4月から就任した新たなカリスマ
2016年以降、イベントなどで最も出番が多い。
アタック
フィールドのスピリット等がアタック宣言すること。
アタック宣言をしたスピリット等は直ちに疲労する。
アルティメット
ブレイヴに続く第5のカードカテゴリー。
登場初期の系統:新生は既存のスピリットが進化した姿のため、最小Lv3・召喚条件として主に同色スピリット一体以上を用意する必要がある。
ブレイヴとは異なりスピリット対象の効果を受けないためゲーム環境に大規模なインフレとそれに伴うユーザー離れを引き起こした。
そのため、アルティメット編終了後は毎年度少数しか登場しなくなった。
異魔神ブレイヴ
Lv1コストを必要とせず、疲労しないためアタック/ブロックができない共通ルールを持つ特殊なブレイヴ。
左/右にスピリット並べて2体のスピリットと合体可能。多くの場合、効果と合体条件は左右で異なる。
神皇編終了後は少数しか登場しなくなった。
のカードの属性を表す。
効果により色を持たない状態になったカードは無色として扱われる。
暗黒戦士ボンバー
バトスピ界の道化役を担当しているカリスマ。
滑稽な役回りを演じることで、プレイヤーから愛されている。合言葉はバビブベボンバー。
イメージカラーは紫。
疲労させる場合は左向き。
制限カード指定以前は騎士王蛇ペンドラゴンを3積みするなど意外とリアリストでもある。コギャラクシーとはあくまでも別人物。
アンコモン
コモンの次に入手しやすいレアリティ。<U>(Uncommonの略)と表記される。
十二神皇編のスターターやブースターでは、再録を除きこのレアリティは登場しない。
十期以降に再録されたものはコモンに変更され全廃されている。
裏Xレア
主にショップバトルやブースタードラフトの優勝賞品として配布される、特殊なレア仕様のプロモーションカードの公式的な通称。
虹色に光る平面的なプリズム仕様。
Xレア
入手しづらいレアリティ。<X>(X Rareの略)と表記される。
当初は1箱に1枚だったが第八弾:戦嵐以降は種類数を増やしつつ1箱に2枚、5期以降はソードブレイヴの確定1枚封入により3枚となった。
以降も原則的に1箱3枚が目安となっている。
 
このレアリティに分類されるカードのテキスト部分の背景には、「S」ではなく「X」と書かれている。
「X」の文字とイラストに彫り加工がされており、光り方はカードごとに異なる。
当初はスピリットのみだったが現在はすべてのカテゴリーで存在している。
Xレアは12宮Xレアや12聖剣、十二神皇Xレアなどがメインであり、ブースターパックではメインカードとして分類される。
烈火伝 第1章以降は上位に「XXレア」が登場。
10thX/secも登場している。

か行

回復
スピリット等が疲労状態から回復状態になること。
回復状態
スピリット等が疲労していない状態。フィールド上で縦にして表す。
カウントエリア
転醒編から新設されたフィールド外のエリア。
転醒時にカウントを増やす際にコアを置く場所。
カリスマ
バトルスピリッツの面白さを伝える伝道師。
開発スタッフ・公式配信番組出演者・コスプレ声優などが存在する。
ギャラクシィィドロォォォォォ!!!!
コラムでギャラクシー渡辺がトップを期待して叫ぶ…と称している掛け声。
語呂が良く、真似をするファンプレイヤーも見られる。叫ぶと使いたいカードが引き当てやすいとか!?
ギャラクシー渡辺
銀河の彼方からはるばる地球へやって来た(という設定の)カリスマ。公式でコラムを連載したり、イベントで大人気ない行動で盛り上げてくれたりする。
イメージカラーは青。
疲労させる場合は右向き(石川てつや氏によれば、本来それが正しいとのこと)。
ミラーシェイドと黒い羽が凄く良く抜ける服が特徴。
ジャスティス立花とマジカルスター咲の登場以降、中の人の忙しさもあってか、表舞台に姿を現すことは少なくなった。
バトル勝利時の勝鬨は「オレの勝利だ」。
銀蒸着仕様
一期から六期までのウエハースのXレアに用いられた初代Mレア加工。
色合いが暗く、効果テキストが読みづらい。
七期以降はメタリック仕様に改善されている。
創界神ネクサス
系統:「創界神(グランウォーカー)」を持つ特殊なネクサス。
背景世界における各世界の創造主たちが属する「神」のカード。
物語上、最高位の生命体であるため、破壊手段がとても少ない。
 
神世界と呼ばれる疑似大宇宙空間の中に小宇宙世界を作り出す能力をもっている。
ゲートオープン界放!
バトルスピリッツを始める際の掛け声。
アニメやイベントにおいても脈々と受け継がれる伝統である。
軽減シンボル
コストを軽減できる数。
カードのコストの右にある色の付いたマークのこと。最大6個。
このマークの数までフィールドにあるシンボルをコストから引くことで軽減できる。
系統
スピリット/アルティメット/ブレイヴを種族として分類したもの。
コア
カードの使用、スピリットやネクサス等のレベルアップに使用するもの。
手札に依存しないコストであり、このゲームにおける最大の特徴。
基本的にコアステップに1個ずつボイドからリザーブに追加される。
コストとして用いた場合にはトラッシュへ送り、レベルアップに使用した場合はカードの上に乗せて表す。
効果
テキスト欄に記された個々のカードの持つ特有の能力を記したもの。
フレーバーテキスト・全ての異魔神ブレイヴ共通の一行目のルールテキストは除く。
交渉人ミクス
放浪者ロロが異界を旅してから数百年後の人物。
星座編のフレーバーテキストに登場する。
煌臨
煌臨編で登場した新ギミック。スピリットに煌臨スピリットを重ねることで「降臨」する。
コギャラクシー
タッグバトルでのギャラクシー渡辺のおひき。
のはずだったが突如離反する。それ以降、登場すらしなくなり暗黒戦士ボンバーに立場を奪われる。
コスト
カードの左上に書かれている、カードを使用するために必要なコアの数。
必要な数のコアを、リザーブかフィールドのカード上から支払う。
カードテキストにおいて、「本来のコスト」はカードの左上に書かれているコストを表し、単に「コスト」とあるならば他のカード効果によって変更されたコストを参照する。
転醒カードの裏面は右上に書かれているが、効果によってコスト参照するのみで召喚コストなどには適用しない。
コモン
もっとも入手しやすいレアリティ。<C>(Commonの略)と表記される。
基本的には特殊加工の無いノーマルカードだが、オールキラブースター/ウエハース/コラボブースターでは銀蒸着/メタリック/タバック加工等が施されている。

さ行

サイクル
いくつかの共通点を持つ、リンクしたカードのシリーズのことを示す。
カード名:「魔界七将」「スラッシュ」「勇者」などがある。
参照:コラム オブ マイケル・エリオット 「サイクル(安打)」を目指せ
自分
ゲームをプレイしている自分のこと。
ジャスティス立花
2012年から登場した未来から来た(という設定の)カリスマ。
決して、『未来で使われているカードはなんですか?』とか『立花慎之介さんですよね?』とか聞いてはならないらしい。
イメージカラーは赤。疲労させる場合は左向き。
バトスピMAX2012でのギャラクシーとの対戦で、大天使ミカファールがトラウマとなっている。
2015年3月をもってカリスマを卒業した。
バトル勝利時の勝鬨は「This is My ジャスティス」または「これが俺の正義だ!」。
シャッフル
デッキのカードをよく混ぜ合わせること。
シャッフルを行うたびに、そのデッキをシャッフル/カットをする義務が対戦相手に発生する。
重疲労
上下逆向きで置き、二段階疲労した状態。主に旋風の効果で発生する。
二回の回復で疲労状態/回復状態に戻る。
疲労効果では発生せず、重疲労効果でのみ発生する。
消滅
スピリット/アルティメットに置かれているコアの数が最小レベルコスト未満になることでフィールドに存在を維持できなくなり、トラッシュに送られること。
もともとは破壊時効果を発揮しない破壊状態を指す俗称だったが、正式に公式用語に採用され、消滅時効果が登場した。
シンボル
カードの色と同じことも多いが、色とは別のパラメーター。
自分のフィールド上の合計シンボル数によってコストを軽減できる。
また、スピリット等のアタックにより相手プレイヤーにダメージを与えるとき、そのシンボルの数と同じだけダメージを与える。
スピリット
フィールドに召喚されたスピリットカード。
フィールド上にある限りスピリット状態になりスピリットカード状態ではなくなる。
なお、破壊状態でもスピリットとして扱われるが、消滅状態ではルール上、スピリットカードに準ずる扱いとなる。
フィールドから離れる(手札/デッキ/トラッシュへ移動する)とスピリットカードとなる。
星文学者リリア
放浪者ロロの足跡が途絶えてからから数百年後の人物。
主に系統光導/星魂を持つスピリット・ブレイヴのフレーバーテキストに登場する。
ソウルコア
ゲーム中、1人1個だけ使用することができる五角形で大き目な特別なコア。
ゲームスタート時はリザーブにあり、封印やソウルドライブ以外でライフやボイドに移動できない。

た行

ターン
ゲームの経過を示す単位。手番。
先攻・後攻で交互に手番を行い、手番プレイヤーはターンプレイヤーと呼ばれる。
ターン数のカウントは通算で数える為、「先攻:第1ターン、後攻:第2ターン」と数えるが、便宜上、「先攻の1ターン目、後攻の1ターン目」と表現する場合もある。
待機状態
スピリット等がフィールドから離れる状態の総称。
フィールドのスピリット/アルティメット/ブレイヴ/ネクサスが消滅/破壊されたり、手札/デッキに戻るや手元に置く効果を受けて、フィールドから離れる状態。
消滅/破壊と手札/デッキに戻す効果の解決の統一のため、「ルールマニュアルVer.11.0にあわせたルール改定」で導入された。
すべて待機状態を経る形に統一されたことにより、「フィールドに残る」効果には手札/デッキに戻るときであっても解決を防ぐ効果が無くなり、消滅/破壊の処理からは「消滅/破壊されたとき」と「(確定して)フィールドを離れるとき」の区別が無くなった。
XXレア
烈火伝 第1章より登場したレアリティ。「ダブルエックスレア」と読む。
封入率がカートン単位で決まっている「カートンレア」の一種。
チェックリストカード
転醒カードの代用カードとして登場。
チェックボックスとカード名がリスト表記されており、チェックしたカード名のカードとして代用する。
「スリーブからの裏返し時の出し入れが面倒くさい」「レアカードを傷つけたくない」場合に用いる。
デッキ
山札のこと。
下限40枚以上で組まれたゲームに用いるカードの束。プレイヤー各人がデッキ1つを使用してゲームを行う。
上限枚数は設けられていないがシャッフル可能な状態でなければならない。(試合中に崩れた場合は反則となる)
同名カードは通常、上限3枚だが「禁止・制限」カード及び「デッキに何枚でも入れることができる」効果を持つカードは上限が異なる。
10thXレア
神煌臨編 第1章:創界神の鼓動より登場したレアリティ。テンスエックスレア。
10周年記念(10thアニバーサリー)によって登場した。XXレア/sec(パラレルXレア)と同じくカートンレアに類する。
転召
一期四弾から登場した新ギミック。転生召喚。
一期に登場したカードはすべて条件が厳しく使いづらかったため二期では大幅に条件が実用レベルまでイージー化した。
リバイバルされた際には煌臨に変更されている場合が多い。
転醒
転醒編で登場した両面カードの新ギミック。
転醒条件を満たしたとき「転生」し、真の力が「覚醒」する。
転醒Xレア
2020年度12期転醒編から登場したカートンXレア。
10,11期で封入された10thXレアと交代で封入率2箱ごとに1箱(50%)の確率で封入されている。
10thXレア枠なのでコラボブースターの場合は代替として転醒レアが多めに封入されている。
 
シリーズ初の両面カードでA面/表面は同時期のMレア加工・B面/裏面はXレア加工になっている。
ウエハース版は表はノーマル・裏はメタリック仕様。
転醒カード
2020年度12期転醒編から登場した用語。
創界神ネクサスと同様、特定のレアリティのみで登場。転醒Xレア?転醒レア?がある。
その性質上、デッキに入れる場合特製チェックリストカードまたは不透明スリーブの使用が必須となる。
コスト表記が右側にある方がB面(裏面)。
転醒レア
2020年度12期転醒編から登場した新レアリティ。カード下部などでは「転醒R」と表記される。
封入率・種類数は既存の通常レア枠を削って収録されている。
目安:レア24種収録→レア15種/転醒レア12種収録程度
 
シリーズ初の両面カードでA面/表面はノーマル加工・B面/裏面はレア加工になっている。
その性質上、特製チェックリストカード、または不透明スリーブの着用が必須となる。 
なお、コスト表記が右側にある方が裏面。
特製チェックリストカード
構築済みデッキなど一部の商品に封入されているチェックリストカード。
インデックスカードと兼用の通常のチェックリストカードと異なり、裏面が通常のカードと同じため、デッキに入れる際に必ずしも不透明のスリーブを使用しなくてもよい。
ドロー
デッキからカードを引くこと。
「デッキから○枚ドローする」とは「デッキからカードを○枚引く」ということである。
トラッシュ
捨て札になったカードと使用済みのコアを置く場所。

な行

ネクサス
フィールドに配置されたネクサスカード。
スピリットやマジックの補助を行うほか、【強襲】の効果に必須となる。
スピリットと異なりLv1の維持コアが必要ないため、軽減シンボルとしても有効。
自壊させたり通常のアタックなどで破壊したりできず、ネクサスを破壊する効果が必要。

は行

バースト
覇王編から追加された新要素。
裏向きでフィールドに伏せ、条件が満たされたとき任意で発動を宣言できる。
1枚だけ置く事が出来る。
覇王編では系統:覇皇のみの能力だったが五期以降は系統縛りはなくなっている。
当初は「バースト置き場」がフィールド内に存在する扱いだったが、2020年12期転醒編から裁定変更でバーストエリアが新設されフィールド外のカードとなった。
覇王ケイ
覇王編でのフレーバーの主人公の一人。
覇王編最終弾以外ではセリフが一切なく、サプライズ要素として性別が意図的に伏せられていた。
いわゆる「叙述トリック」に類するサプライズである。
破壊
バトルやカード効果によってフィールドから離れ、トラッシュに置かれること。
フィールドから離れる直前に「破壊状態」となり、ここですべての破壊時効果を解決してからカードをトラッシュに置く。
なお、コアが無くなってトラッシュにおかれる場合、「消滅」と呼ぶ。
破棄
手札、デッキ、バースト、オープン状態から、カードがトラッシュに置かれること。
バトル
アタックステップ中、アタック宣言を行うことで発生する。
ブロックされなくてもバトルを行っていることになるので注意。
ブロックすることでバトルに参加することができる。
バトルスキー
バンダイ公認のジャッジ資格者。
一個人でありながら、バトスピ公認店と同等の公認大会開催資格を有し、バトルスキーイベントとして公式サイトで公開されている。
ルールマスター資格を取得した20歳以上の成人がバトルスキー試験に合格することで資格を得る。
バトルスピリッツにおける模範プレイヤーで、ユーザーが立派なカードバトラーとして成長するよう見守る存在。
疲労
スピリット等が回復状態から疲労状態になること。
二段階疲労する重疲労も含む。
疲労状態
スピリット等がアタック/ブロック等をできない状態。フィールド上で横にして表す。
二段階疲労した重疲労も疲労状態に含む。
フィールド
スピリット/アルティメット/ブレイヴ/ネクサス/マジックが置かれる場所。
フラッシュ
主にフラッシュタイミングでの使用を前提とした効果。
通常は自分のメインステップでも使用可能だが、使用可能タイミングが複合条件の場合もありその場合はテキストに従ったタイミングのみ使用可能
例1:真・覚醒:フラッシュ/アタック時:アタック時のフラッシュタイミングのみ。
例2:ネイチャーフォース:フラッシュ/メインステップで使用できない。:フラッシュタイミングのみ。
例3:スケープゴート:フラッシュ/相手のターンでしか使用できない。:相手ターンのフラッシュタイミングのみ。
例4:フラッシュ/お互いのアタックステップ:自分/相手のフラッシュタイミングのみ。
ブレイヴ
スピリット/ネクサス/マジックに続く第4のカードカテゴリー。
スピリットに加えて新型ブレイヴはアルティメット/創神界ネクサスへの合体能力を持つ。
また非生物・武器型も登場している。
合体
ブレイヴをスピリットに重ねて合体するギミック。
合体条件は基本的にスピリットのみを対象としており、アルティメット対象や創界神ネクサス対象は別途表記されている。
合体中
ブレイヴが合体している最中に発揮できる効果表記。
煌臨中効果の登場に合わせて「合体時」から変更された。
フレーバーテキスト
カードテキスト左下部に書いてあるゲーム内容とは関係しない文章。
バトルスピリッツの世界観をストーリーに沿って描写している。
七期以降は特に公式サイトでもストーリー描写を公開している。
ブロック
相手のアタックを防御・妨害する行為。
ブロック宣言をしたスピリットは直ちに疲労する。
ボイド
ゲーム外でゲームに使用していないコアを置いておく場所。
毎ターンのコアステップでここからコア1個を自分のリザーブに置く。
放浪者ロロ
フレーバーテキストの物語の舞台となる世界を旅する人物。
数多くのカードのフレーバーテキストに登場する。

ま行

マイケル・エリオット
元ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社社員のバトルスピリッツメインデザイナー。
主に覇王編まで活動し、公式ホームページにてコラムを連載していた。
ペットは龍皇ジークフリードミストウィゼル、嫁はクイーン・ワルキューレ
マジカルスター咲
2013年から登場した魔法の国から来た(という設定の)カリスマ。
イメージカラーは黄。
疲労させる場合は右向き。
2015年3月をもってカリスマを卒業した。
バトル小事にの勝鬨は「勝ち星ゲット☆」。
マジック
基本的に使い捨ての効果を持つカードカテゴリー。
全てのマジックはフラッシュ/バースト効果のいずれかを持ちメイン効果のみのカードは11期までは存在しない。
セットしたマジックカードをバースト「発動」した場合はバースト効果に続いてフラッシュ/メイン効果のコストを支払うことで両方の効果を発揮できる。
ただし、手札からマジックを「使用」した場合、フラッシュ/メイン効果はいずれか片方の効果のみ使用可能。
マスターレア
レアよりも希少なレアリティ。<M>(Master Rareの略)と表記される。
カード全体になんらかの銀蒸着/メタリックなどのキラ加工が施されている。
封入率はXレアの封入率の変動に合わせて増減することが多い。
新年度ごとに加工デザインが頻繁に変更されるレアリティでもある。
マナカ
覇王編でのフレーバーの主人公の一人。
コミカルな発言が多く、ユニークなフレーバーが多い。
白以外の虚神をすべて討伐したことから「神殺しの覇王」の異名を持つ竜騎士。
愛竜のイカヅチ・ヴルムを駆る。
討伐完了直後、ゼヨンの謀略で暗殺未遂により左腕を失っている。
メイン
メインステップのみで使用できる効果。
自分のメインステップでのみ使用可能。
メタリック仕様
七期以降にウエハースの銀蒸着に代わって用いられた加工。
色合いが明るく文字が読みやすくなっている。
メンバーズカード
大会などでもらえる会員カード。
構築済みデッキにも封入されている。
実際の会員ナンバーはカードダス公式サイトから登録して入手する必要がある。

や行

ら行

リザーブ
フィールド以外で、使用可能なコアを置いておく、コアの待機場所。
リバイバル
カード名はそのままに効果に改定が加えられること。
既存の同名別性能のカードと同じく、デッキに入れられる数は変化せず、エラッタとしても扱われない。
環境落ちした人気カードの戦線復帰、既存イラストの使いまわしによる開発コスト削減などの事情を持つ。
ルールマスター
バトルスピリッツのルールやカードに関する知識を持っていることを、公式に証明する資格。
ルールマスターを取得するには、バンダイが主催するルールマスター試験に合格しなければならない。
レア
やや希少であるレアリティ。<R>(Rareの略)と表記される。
主にイラスト部分にキラ加工がされている。
レアリティ
入手難易度のこと。
「コモン」「アンコモン」「レア」「マスターレア」「エックスレア」「ダブルエックスレア」などに分類される。
「コモン」が一番入手しやすく、「レア」「マスターレア」「エックスレア」「ダブルエックスレア」の順に入手しづらくなる。
「アンコモン」はバトスピスタートデッキ【十二神皇降臨】で廃止された。
これ以外にも各種プロモーションカードにも個別のレアリティが存在する。
また、カートン単位で封入率が決まっているカートンレアが存在する。
レジェンド立花
2015年4月から就任した新カリスマ
コアの化身であり、バトスピの誕生から今に至るまでバトスピ界を見守ってきたという。
「ジャスティス」と聞くと頭痛を起こす。
ジャスティス立花とは一切関係がない
レベルアップ
カードで指定された数のコアを置くことで発生する。
スピリット等のレベルが上がること。

わ行




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-07 (火) 03:31:02
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索