【バルタン星人】

●目次

概要

コラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】で登場した「バルタン星人」を主軸としたデッキ。
デッキに何枚でも入れることができる宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョンと、それを大量展開できる宇宙忍者バルタン星人を軸に構築する。

コラボブースター【ウルトラヒーロー大集結】で新たなサポートカードやエースカードが登場したことにより、前弾だけでは不足しがちだったパーツを補うことが可能となった。

構築

「バルタン星人」のシンボルを持つが、色としてはの2色となっており、軽減シンボルもその2色で構成されているため、が軸になる。
宇宙忍者バルタン星人忍風/冥主/分身のサポートも行うため、その系統を持つ優秀なスピリットも採用していく。
また、カード名に「星人」が入っているため、名称サポートが可能なカードも投入していく。

忍風のサポートカードは緑に集中しているが、序盤の主力となる宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョン及びバルタン星人が紫シンボルしか持たないため、序盤から緑シンボルを場に確保して緑のコアブーストを発揮しやすい体制を整えたい。

コラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】当時は宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョンを活かすために自分のスピリットを破壊する効果を持つカードを多く入れる必要があったが、コラボブースター【ウルトラヒーロー大集結】で強化された現在では比重が下がっている。

スピリット

  • 低コスト
  • コイン怪獣カネゴン
    コスト1の最軽量の「怪獣」スピリット。
    デメリット効果こそあるもののアタック時のコアシュートを序盤から使っていけるのが非常に強力。
  • 風魔シノビリカ
    ソウルコアが置かれた忍風スピリットがアタックするだけでバウンス効果を発揮させるのスピリット。
    バルタン星人」のコアシュートだけでは除去できない相手に対して有効な手となる。
  • 宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョン
    デッキに何枚でも入れられる「バルタン星人」。
    Lv2の破壊時効果の【分身】によって1体で2体分の働きをするほか、シンボルの確保も行う。
    枚数制限がないことを活かして複数体を並べたいが、【分身】発揮のためにLv2を維持するためには十分なコアブーストが必要。
    バルタン星人の登場で小型スピリット及び分身スピリットの確保がしやすくなったため優先度は以前より下がっている。
  • 幻覚宇宙人メトロン星人
    召喚時に1枚ドローするのスピリット。
    怪獣」/「星人」スピリットがいれば追加ドローができるため、このデッキにおけるドローエンジンの役割を担う。
  • ボーン・バード
    召喚時にデッキを3枚破棄し、1枚ドローするのスピリット。
    トラッシュからの召喚に備えトラッシュを肥やすことができる。
  • 中コスト
    • 鎧闘鬼ラショウ
      トラッシュを肥やしつつドローができるスピリット。制限1カード。
      貴重なネクサス対策効果を持っている点も魅力。
  • ムゲンドラゴン
    緑と紫の軽減を持ち、元々の緑から紫、赤、白へ変色が可能。

アルティメット

必要に応じで採用する。

ブレイヴ

破壊されることが仕事の宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョンや、そもそも合体ができない分身スピリットが多数フィールドを占めることになるため、基本的には不要。
採用したとしてもシンボル確保のためスピリット状態で運用することになる。

  • プリン魔神
    紫軽減を持ち、手札またはトラッシュからスピリットの展開が可能な異魔神
  • シンボルあり
    • ズガネーク
      破壊時効果の能動的な使用に便利なブレイヴ。状況次第では【超装甲】を持つスピリットも破壊できる。
  • 龍魔神
    の軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    合体させることができればデッキとしての除去性能や突破力が飛躍的に上昇するが、コスト3以下のスピリットが多くなるため左右への合体は欲張らない方が良い。
  • 悪龍魔神
    の軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    【右合体時】効果で4以下のスピリットを踏み倒せる。

ネクサス

  • 怪獣墓場
    相手によるスピリットの破壊をドローに変換できるため、このデッキとは好相性。
    さらにLv2でソウルコアを使用しトラッシュのコスト5以下の「怪獣」/「星人」スピリットを召喚できる。
  • No.10 クラウドホース
    忍風のアタック時に相手スピリットを疲労させる。
    ブロッカーの排除はもちろん、前述の狙われた街とのコンボで確実に指定アタックを行うことも可能。
    効果の相性そのものは良いのだが配置コストが重いのが難点。

マジック

  • 口寄之術
    分身スピリットをめくり、スピリットならそのまま召喚させるマジック。
    スピリットで多く固めれば成功率が上がるため、構築次第では採用も検討できる。
  • ネクロリバース
    ネクロブライト同様トラッシュからコスト3以下のスピリットを召喚できるが、アタッカーには使えずすぐに自壊してしまう。
    このデッキに限って言えば宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョンの破壊時効果の【分身】を即座に発揮できるため相性は良い。
    また、紫以外のスピリットでも蘇生できる点にも着目し、緑シンボル確保用の小型の緑スピリットもいざというときのブロッカーに充てられる。
  • トライアングルバースト
    バースト効果で相手によるものも含むコスト4以下のスピリットの破壊時効果の発揮が狙える。汎用性の高い疲労効果も便利。
  • ダークマター
    破壊後の【バースト】でトラッシュの紫のカード5枚までを好きな順番でデッキの上に戻せるため、うまくデッキ上を調整すれば宇宙忍者バルタン星人での最大展開が狙える。
    相手の合体スピリット/アルティメットのブレイヴを破壊する効果も有用。
  • ヒートブラスター
    バルタン星人」が召喚されるだけで手札に戻るマジック。
    フラッシュ効果でコアシュート、疲労効果のいずれかを発揮でき、ソウルコアを支払っていれば自分のスピリットの【分身】を発揮できる。

デッキの動かし方

序盤は宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョン及びバルタン星人を召喚しつつ、幻覚宇宙人メトロン星人シキツルなどで手札に宇宙忍者バルタン星人を引き込む。
宇宙忍者バルタン星人ベーシカルバージョンの紫シンボルや分身スピリットの緑シンボルで軽減が稼げれば、宇宙忍者バルタン星人を召喚し一気に展開して数押しする。

弱点

スピリット1体1体が非常に貧弱なので、機巧武者シラヌイのようなBPの高い疲労ブロッカーが出現すると攻めの手が止まってしまう。
また、アルティメットに対して効果のあるカードが少なすぎるため、アルティメットの除去にも苦労する。
シンボルに関しても合体しづらいという点でダブルシンボル以上のスピリットを出しにくく、決定打になるスピリットがいないのも問題。

核となる宇宙忍者バルタン星人の召喚時効果を封じられてしまうと展開に支障が出るため、に見られる軍港都市オステアのような召喚時封じが非常に苦手となる。
ネクサス破壊マジックで早めに対処したい。

また、のスピリットが中心でありながら、「バルタン星人」はが混じっているため紫煙獅子を召喚されると、デッキやトラッシュからの展開に支障が出る。
コア除去効果で早めに処理してしまいたい。
なお、【分身】は召喚扱いではないため紫煙獅子がいても問題なく分身スピリットを出すことができる。

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-02 (金) 10:42:00
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索