【黄デジモン】

概要

コラボブースター【デジモン超進化!】で登場したデジモン達を使用したデッキのうち黄を中心としたデッキ。
デジモンとは幼年期I成長期成熟期アーマー体完全体究極体のいずれかの系統を持つカードの総称で、
進化】【アーマー進化】【ジョグレス進化】【超進化】によって高コストスピリットを素早く召喚する術に長けている。

ライフ回復、BP-によるコントロール、Lv指定のアンブロッカブルと黄属性スピリットの典型的な効果を押さえている。

構築

成長期を3~8枚、成熟期を6~9枚、完全体を6~9枚ほど採用する構築が一般的。
デッキの主力となるカードは天霊を持つため、【天霊】デッキでのサポートカードをある程度使用できる。

スピリット

  • 成長期
    • パタモン
      デジモン全色共通のサーチカード。3枚投入したい。
    • プロットモン
      2コアLv2で【進化】できるため、後攻2ターン目でも完全体を召喚できる。
      相手依存ではあるものの破壊耐性も壁として使える。
    • アルマジモンエレキモン
      追加のサーチカードだが、デッキの主力となるカードを回収できないため優先度は低い。

ブレイヴ

  • シンボルあり

ネクサス

  • デジヴァイス
    成長期がいるだけで手札を増やせる効果や、破壊されたりサーチ中に落ちたキーカードを回収できるため、デジモンデッキにおいて非常に使い勝手の良い効果となる。
    白シンボルは白晶防壁などの防御マジックの軽減に扱えるため重宝する。
  • D-3
    各種ノーコスト召喚メタを突破して【進化】【超進化】【ジョグレス進化】を狙える。
    パタモンの効果でオープンされても手札に加わるため、手札に加えやすいのが特徴。
  • 華黄の城門
    定番の黄ネクサス。成長期デジモンをオープン→進化→再オープンの流れで配置するカードを確保できる。完全体しか手札になかった場合のデメリットには注意したい。
  • 天空の泉
    ブレイヴと進化のミスマッチからこういったブレイヴメタカードを自分から採用してみるのも良いだろう。カードが出た当時と違って非異魔神ブレイヴを数を増えたのでパワーは落ちているが。
    維持コアはかかるものの天霊回収効果も噛み合う。
  • 熾天使の玉座
    主力の天使型デジモンをサーチしつつシンボルを2つ残せる。成長期オファニモン フォールダウンモードを重ねるのも面白い。
  • 統一首都ルミナ・エテルナ
    ライフ回復の種類に優れ、主力が天霊であるため相性が良い。

マジック

デッキの動かし方

パタモンウィザーモンデジヴァイス華黄の城門でドローしながらエンジェウーモンホーリーエンジェモンの召喚を狙いライフを増やしていく。エンジェウーモンパンプモンペガスモンとのコンボを狙うのが理想的。
Lvを上げてきた相手スピリットはシャッコウモンの召喚時効果で一掃を狙う。シャッコウモン自体は煌臨で究極体を出しつつ手札に戻してたり、デジヴァイスによる回収で再使用する。
そのままライフ差と盤面をコントロールして相手のライフを徐々に削っていく。

弱点

進化を多用するデッキの共通の弱点となるが、進化ルート構築のため成長期や成熟期のカードを多く入れないといけないため、それらが手札に固まる事故率の上昇や相手の攻撃を対処するためのカードを少くする必要が出てしまう。また召喚時効果、手札が増える、ノーコストで召喚と各種メタ効果にも引っかかりやすい。
ライフ回復と除去の手段には優れる反面打点が足らずアンブロッカブルも弱めである。
数を並べない相手や、エンジェウーモンを想定して動かれるとそれほどライフ差がつかないのも難点。
カード効果:ライフにコアを置けないのようなデッキコンセプトを完全に否定しかねないメタカードも存在する。

関連リンク

【天霊】
デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-22 (金) 16:45:14
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索