【天霊】

解説

系統:「天霊」を中心としたビートダウンデッキ。

剣刃編で系統:天霊にBP-効果と【強化】、そして相手スピリットのBP0をトリガーにした効果を持つカードが登場した。
これにより、以前から存在した【天霊ロック】より攻撃的に立ち回るデッキ構築が可能となった。

アルティメットバトル編では【分散】を持つスピリットが登場したものの、【分散】スピリットの総数やそのサポートもほとんどもらえない状態で打ち切られた。

烈火編や神皇編ではBPマイナス効果を持つカードが多く強化されたものの、黄全体が戦姫/楽族、そして詩姫の強化路線に移り、ソウルコア関連の効果すらろくに与えてもらえないままパワーインフレに取り残されてしまった。

煌臨編で久々に天霊がメイン系統として強化され、《煌臨》を主軸とした新たな構築が可能となった。

●目次

構築

スピリット

  • 低コスト
  • 天使ミランサ
    召喚時効果にBP-を放つスピリット。
    BP-量は少ないが、これを基軸としたループデッキが組める。
  • 天使グレット
    アタック時にスピリットのBPを-3000し、0になったら破壊する。
    序盤戦の主力となるスピリット。
  • 天使ビビビエル
    フラッシュの【アクセル】でBP-3000と破壊効果を発揮し、召喚/アタック時にもBP-3000で破壊できる天霊
    上記の天使グレットより軽減が1つ少ないものの、それ以外はほぼ上位互換として運用できる。
  • 天使エンジュ(リバイバル)
    自身が天霊の煌臨元になる際に回復できる効果と、ターンに1回だけ破壊耐性を発揮する天霊
    素のコストのままではこのスピリットに《煌臨》できる天霊は煌天使レジエルのみなので、ブレイヴでのコストアップを狙いたい。
  • 冒険天使チャール
    召喚時に手札にあるのブレイヴをオープンし、その分だけドローすることができる。
    先行1ターン目から召喚してデッキの回転率を上げられる。
  • 戦国姫 茶亞琉
    マジックを使用したのち手元に置き、再度使用できるようにする天霊
    効果破壊への耐性も持つため、比較的場持ちが良い。
  • 黄の探索者 天使メリエル
    召喚時にデッキから《煌臨》スピリットを手札に加えられる天霊
    自身をコストアップさせて煌臨元になれるため、《煌臨》軸では必須。
    トラッシュに落ちてしまった他のカードは天の階などで回収したい。
  • 星馬コルット(リバイバル)
    天霊ではないが、強力な耐性と対合体スピリット用の破壊時効果を持つ。
    相手によって除去されることがほぼ無いため、序盤のシンボル稼ぎに持ってこいの1枚。
  • 中コスト
  • 天使レムリエル
    召喚時に天霊の数を参照としたスピリット補充効果を発揮する天霊
    BPも低くその他の効果も持たないため、すぐさま煌臨元にしたいところ。
  • 天使ボムエル
    ブレイヴを手札に補充するサーチ効果とBP-と破壊効果の2つの召喚時効果を持つ天霊
  • 大天使ガブリエレン
    同コスト帯では破格のBP効率を誇り、BP-効果も相まってアタッカー/ブロッカー両面で使用できる。
    破壊耐性も備えており場持ちが良く、天霊にすり抜け効果を付与し、チャンプブロックを許さない。
    このデッキの中軸を担うスピリットとして活躍できる。
  • 天使コーマ(リバイバル)
    アクセル】で相手のスピリット/アルティメットすべてをアタック/ブロック不能にする天霊
    コストは重いが決まれば必殺の1枚となる。
    召喚後は【聖命】を持つ一般的なスピリットになるため、戦神乙女ヴィエルジェ(リバイバル前)で回収しつつ相手を牽制したい。
  • 智天使ヨフィエル
    回復状態であれば完全耐性を持ちつつ、自身を含めた天霊すべてのBPを加算できる天霊
    BPインフレに着いていけなくなった天霊全体のBPを安定して押し上げることができる。
    煌臨》する際にはライフも回復できるため、《煌臨》軸でもそうでなくとも活躍できる1枚。
  • 戦神乙女ヴィエルジェ(リバイバル前)
    【天霊ロック】のキースピリットだが、3つの効果全て汎用性が高いためビートダウンデッキでも安定して運用できる。
    破壊された《煌臨》を持つ天霊スピリットを煌臨元ごと手札に戻せるためさらに強力になった。
  • 戦神乙女ヴィエルジェ(リバイバル)
    アタック抑制効果にアルティメットとコスト13が加わり、BPも倍になった。
    召喚時効果にバウンス効果も持つようになったが、このデッキでは肝心の天霊サポートが楽族サポートに置き換わっているため、デッキの内容次第でリバイバル前のものとどちらを採用するか選びたい。
  • 大天使アヴリエル
    手札のブレイヴカードを実質コスト1で召喚させる効果を持つ。
    さらに自身の合体時効果により、相手のスピリットのBPに応じて柔軟な対応による破壊を行うことができる。
  • 煌天使レジエル
    煌臨》条件は黄のコスト3以上と非常に緩い天霊
    煌臨時に相手はアルティメット以外でアタック出来なくなるため、防御用の札としても機能する。
    リアニメイトや回収がしやすいこのデッキでは手札を捨てる必要のあるLv3効果も強力といえる。
  • 極帝龍騎ジーク・クリムゾン(黄)
    自分のスピリットをコアに変換する効果を持つ。天霊はリアニメイト手段が多く使いやすい。
    またBP-効果を使うことで、相手のスピリットに対しても破壊しやすい。
  • 高コスト
  • 天使のたまご ほちゃー
    バースト発動時に黄のスピリットを全て回復させ、ノーコスト召喚できる天霊
    貴重なバトル時のBP-効果を持ち合わせている他、別の天霊スピリットがいれば破壊耐性を得ることもできる。
  • 砲天使カノン(リバイバル)
    極めて広範囲なBPマイナス及び破壊効果の【Sバースト】を持つ。
    強化】で破壊範囲を広げられる他、召喚後はBP-効果に破壊を付与できる。
  • 火の熾天使アラフィエル
    煌臨》条件は黄&コスト6以上と厳しめだが、煌臨時に煌臨元2枚を破棄することで相手のフィールドをほぼ一掃できるダブルシンボルの天霊
    煌臨元を2枚用意できなくとも、Lv3効果で強力な耐性を自身を含む【煌臨中】のスピリットにばらまくため、相手からすれば除去するのも一苦労する。
    こちらの効果も受けなくなるなど難点もあるが、《煌臨》軸での切り札となれる1枚。
  • 美食の妖精神エクレア・シフォン
    天霊ではないものの、【アクセル】で相手のスピリット/アルティメット全てのBP-13000し、0になれば破壊できる上に破壊したスピリットの数だけドローできるという強力無比な1枚。
    召喚後もアタックステップ中にマジック/【アクセル】をノーコストで使用可能になる。
    コストの重さがネックだったが、大天使イスフィール(リバイバル)の登場でノーコストで使用しつつ効果を2度使えるようになった。
  • 幻聖獣カーディンクル
    煌臨》条件はコスト5以上とこのデッキでは若干重めかつ天霊ではないが、【煌臨中】に破壊耐性を持ち、なおかつアンブロッカブル効果を持つため最後の一撃用に使える。

アルティメット

  • アルティメット・カグヤ
    相手スピリットのアタックを抑止する【バースト】を持つ。
    Uトリガー】は比較的緩い条件で盤面を空けつつライフダメージを狙えるため、引導火力にもなる。
    こちらも天霊ではないが、コストが手軽で召喚しやすい。
  • 戦国六武将バケルカッツェ
    アタック時に手札のコスト6以下の黄スピリット/アルティメットをノーコストで展開できる。
    このデッキの主力の大半はコスト6以下なので相性がいい。
    ライフ3以下でないと召喚できないため、序盤から積極的にライフを回復していると持て余す可能性もあり得る。

ブレイヴ

  • シンボルあり
    • シユウ
      黄ブレイヴの中で最も使用頻度が高いブレイヴ。
      広範囲のアンブロッカブルとライフ回復はこのデッキでも強力。
  • ゴールデンウィングV
    合体条件が緩く、黄には珍しく確実にドローが行える。
    アタック時またはバトル時にBPマイナスを行うスピリットと合体したい。
  • 詩姫学園指定ジャージ
    アタック時にネクサスを手札に戻せるのブレイヴ。
    一時的な対処にしかならないが、単色でもある程度ネクサスに対抗できるようになる。
  • 天魔神
    黄の異魔神ブレイヴ。効果は少し貧弱だがネクサス破壊ができるのが利点。
    スピリット状態では天霊スピリットになるため、天使レムリエルなどの効果対象にできる。
  • 霊銀魔神
    シユウと同じ軽減の異魔神だが運用の仕方が全く違う。こちらは右に合体すれば合体してないスピリットでのブロックを不可能にする凶悪な効果を持っている。
  • 黄魔神
    合体条件がコスト6以上と重いが、マジックを回収しつつトリプルシンボルでアタックできるようになるダブルシンボル異魔神
  • シンボルなし
    • エンジェロイド
      低コストの天霊をリアニメイトする召喚時効果を持つ。
      広い合体条件を持ち、合体時効果で相手スピリットを1体ブロック不可にするので使いやすい。
  • 妖魔神
    コアシュートとBP-効果を持つ異魔神
    コスト4以下のスピリットにしか合体できないため、低コスト主体の速攻デッキでの除去用カードとなる。

ネクサス・マジック

  • ネクサス
  • 天の階
    優秀な低コストの天霊スピリットを回収するネクサス。
    Lv2効果で強力なロックをかけることができる。
    また、天使ミランサを利用したループの起点となる。
  • 光射す丘
    天霊が相手のライフを削った際にドローできるネクサス。
    そのままではお菓子の豪邸に劣るが、こちらには【強化】に疲労耐性を与える効果を持つ。
  • 華黄の城門
    言わずと知れた優秀なネクサス。ドローソースとしての活用はこのデッキでも有用。
  • 星空の冠(リバイバル)
    ライフ減少をトリガーとしたドローと、Lv2で回復メタ効果を行う黄のネクサス。
  • 星宿の障壁
    速攻対策とライフ回復を目的とした遅延用ネクサス。
  • マジック
    • 舞華ドロー
      BP-マジック。BPが0になれば破壊とドローを行い、さらにソウルコアをトラッシュに送っていれば枚ターン手札に戻る。
      強化】との相性も良い烈火伝以降のカードプールでの主力マジック。
  • アセンションゼロ
    BP-マジックであるが、BP0をトリガーとした疲労効果を持つ。
    この効果以外でBP0にしても発動する、効果範囲の広さが特徴。
  • フルーツチェンジ
    元々低いBPを逆手に取る奇襲マジック。
    相手の大型スピリット/アルティメットを始末するのに使いたい。
  • マギアゲフリュスター
    バースト効果で全体回復を行い、フラッシュ効果でバトル時のルールをLvバトルに書き換える。
    剣刃編から登場した天霊はLv維持効率の良いスピリットが非常に多く、状況によっては切り札になり得る。
    相手の【装甲/重装甲】を無視できるため、できれば採用したいところ。
  • サンダーブランチ
    相手スピリット全体のBPを2000にするマジック。
    その後からBP-効果を使うことで容易にBP0にすることができる。
  • マジカルドロー
    1ドロー及び【強化】持ち天霊のサーチ、デッキトップ操作をこれ1枚で行なえる。
    フラッシュ効果がBP-効果であることも覚えておきたい。
  • 妖雷スパーク
    1ドローとBPパンプを持つだけでなく、Sバーストで相手のスピリット2体のBP-5000でBP0破壊まで使える強力なマジック。速攻対策に有効でこのデッキに必須。
  • ディーバメドレー
    相手のスピリットをデッキボトムに戻せる黄のマジック。
    コストは重いがその分の価値はある。
    Lv3のアルティメットにも対応しているため、召喚直後のLvが上がっていない状態で除去したい。
  • ライフドリーム
    のフィニッシュ用マジック。
    ライフを犠牲にアンブロッカブル効果を付与するため、耐性持ちで固められた盤面でも突破可能。
  • イリュージョンミラー
    トリガーカウンター】で【Uトリガー】の効果をそのまま反射させる黄のマジック。
    相手がアルティメットを使っていなくともフラッシュ効果はアタック/ブロック抑制と優秀なので、腐ることがまずない。
    分散】に対応しているの忘れてはならない。
  • シンフォニックバースト
    ライフが2以下ならアタックステップを終了させるの防御用マジック。
    絶甲氷盾などと違い使用タイミングが限られるものの、回収効果などの対象になりやすい。
  • 双光気弾天火烈刀斬
    このデッキでは圧倒的に不足しているネクサスとブレイヴ/合体スピリット対策を行えるマジック。
    バースト効果も持っているが基本的にフラッシュ効果をメインにして使用したい。
  • バスタースピア(リバイバル)
    対ネクサスに特化する場合はこちら。破壊できれば2枚ドローのおまけが付いてくる。

このデッキの動かし方

軸にするカードによって後半の動き方は変わるものの、共通して最初は低コストの天霊やネクサスでシンボルを確保することに集中したい。
ブレイヴ軸なら大天使ガブリエレン大天使アヴリエル光翼の神剣エンジェリックフェザーを合体させ、それらの連続アタックで相手のライフを削りにいく。
煌臨》軸なら火の熾天使アラフィエルを煌臨させて一気に勝負を決めに行きたい。

デッキの弱点

重装甲】/【超装甲】などの耐性を持つスピリットに対しては効果が使えなくなるため、それらを対処する手段が欲しいところ。
スピリット自体のBPや打点はさほど高いわけではないので、BP-効果と相性の良い龍の覇王ジーク・ヤマト・フリードなどののバースト召喚可能なスピリットをタッチで投入するのもよい。
耐性持ちのスピリットに対しては無理に対処しようとせず、ライフドリームなどで無視してライフを狙う戦術に切り替える柔軟さも重要となる。

デッキの派生系

【天霊ロック】

戦神乙女ヴィエルジェを始めとした相手の特定のコストのスピリットをアタックさせない効果を持つ天霊を中心にしたデッキ。
アタックさせないコストが違う効果の複数の天霊を並べることで強固なロックを形成することに特化している。
ただしコストが13を超える合体スピリットやアルティメットのアタックを防ぐ手段はない。
詳しくは該当ページを参照。

【コスト2天霊】

低コストの天霊を一度に展開できるエンジェロイドコスト2スピリットのサポートができる天使クレイオを中心としたデッキ。
グリムの天使グレーテルグリムの天使ヘンゼルなど優秀なスピリットも抱えている。
【コスト2ビート】も参照。

【オリンピアの天使】

オリンピアの天使」は全て天霊であるためオリンピアの天使長オフィエルを中心にデッキを構築できる。
ただし中~高コストのスピリットが多いため無理にすべてのスピリットを採用する必要はない。

【ブレイヴ軸】

ブレイヴの召喚コストを踏み倒すことができる大天使アヴリエルを中心としたデッキ。
ブレイヴを多めに採用し、冒険天使チャールの効果で手札を補充、貯めた手札を踏み倒し効果で一気に召喚することが主な勝ち筋となる。
他にもフィニッシャーとしては多数のブレイヴと合体可能な天霊、アルティメット・アヴリエルが存在し、その運用のためには専用のデッキが必要となる。
【アヴリエル】も参照。

【アルティメット軸】

黄には主軸となりえる強力なアルティメットが複数存在し、

などが存在する。

スピリットソウル】を持つ天使ウィズエルUトリガーをヒットさせやすくする天使令嬢アサエルなどのサポートスピリットも併せて採用できる。

【ミランサループ】

天使ミランサ天の階を組み合わせることで相手のスピリットすべてをBP0にするデッキ。

具体的な手順としては

  1. フィールドにLv2のオリンピアの天使オクとLv1の天の階、手札とトラッシュに天使ミランサを1枚づつ用意する。
  2. 手札の天使ミランサを召喚。相手のスピリットをBP-2000する。
    このときオリンピアの天使オクによって軽減が足されているために、0コストで召喚できる。
  3. 天の階の効果でトラッシュの天使ミランサを手札に回収する。
  4. フィールドにある天使ミランサを自壊させて、トラッシュに落とす。2に戻る。

このループを続けることで、相手スピリットすべてをBP0にできる。
実際のところは、天使ミランサの内1枚はコスト4以下の天霊でよい。
またオリンピアの天使オクの代わりに天使アルケー天使ミランサの代わりに星天使ミカリーンを使用してもよい。

すべてのスピリットをBP0にすることで、極帝龍騎ジーク・クリムゾンによる破壊効果や大天使ガブリエレンによるすり抜け効果を広げることができる。

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-14 (木) 18:01:29
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索