【ブレイヴループ】

概要

鉄騎皇イグドラシルのバウンス効果、ブレイヴセメタリーによる回収効果を使用してブレイヴの召喚時効果を使いまわし、最終的にデッキアウトを狙う、低速ループデッキ。

構築

ブレイヴ中心になるため、スピリットは最小限にとどめる。

スピリット

ブレイヴ

このデッキにおけるブレイヴはスピリットと合体してのバトルの補助などの役割は殆ど無く、召喚時効果やブレイヴの召喚そのものが重要となる。

ネクサス・マジック

デッキの動かし方

まず最初にこのデッキの目指すループを以下に書き表す。

  1. 場にヘル・ブリンディ1体、炎の楽園2枚、動かざる山の本陣3枚、
    手札に鉄騎皇イグドラシル1枚、からくり犬シバ2枚、レチクル・アームズ1枚用意する。
  2. からくり犬シバを0コストで召喚し、4コアブースト。2体繰り返し計8コアブースト。
  3. レチクル・アームズを1コストで召喚。3コアブースト。計11コアブースト。
  4. 鉄騎皇イグドラシルを5コストで召喚。ブレイヴすべてとヘル・ブリンディを手札に戻す。
  5. ヘル・ブリンディを3コストで召喚。鉄騎皇イグドラシルを手札に戻す。
  6. 2に戻る。

ここに放浪者ロロリボル・アームズが存在すると必要コアが減る。
また、これ以外にもヘル・ブリンディを使用せずドリームチェストとドローを組み合わせたループ、ヤシウムを利用したループなどがある。

この最終型のループを目指してゲームを展開していく。
序盤はとにかくマジックで粘る。
中盤以降はコアの収支が吊り合わなくてもループを動かしアドバンテージを稼いでいく。
このとき、レチクル・アームズではなく神聖鳥サンダ・バードを使いまわし、時間稼ぎマジックを回収する。
そして手札と場が整い次第、最終型のループを行う。

弱点

ネクサスを全く引けないと厳しい。また、ブレイヴ主体となる為、シユウを合体させたスピリットのアタックを防ぎにくい。
また、ネクサスを徹底的に破壊してくるデッキ(例として戦皇ゴッドスレイヤー・ドラゴンを採用した古竜など)に弱いので、何らかの回収手段や保護手段が必要となってくるだろう。

このデッキの派生型

【ナイトメアループ】

クィーン・ナイトメア鎧骨殻ボーン・ローダーを使用、互いの回収効果をループさせることによりトラッシュすべてのブレイヴを無限に回収してアドバンテージを稼ぐデッキ。
動かざる山の本陣リボル・アームズのコアブースト効果を使用し召喚に使う以上のコアを確保。
その後レチクル・アームズ龍魔皇イビルフリードで相手のデッキをすべて破棄することで勝利を目指す。

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-05 (木) 17:38:24
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索