【武装】

●目次

解説

単体で優秀なスピリットが豊富な系統:武装を持つスピリットを中心に組んだデッキ。
初期からリロードコアなどのコアブーストサポートと専用の回復マジックであるダイヤモンドストライクを抱えていることから速攻系デッキとして使用されてきた。
星座編以降は防御に優れたスピリットが多数登場したことから、防御を固めながら攻撃を通すデッキへと変化した。

剣刃編での【強化】を持つ系統となった事で、少ないスピリットを回復効果によりアタック/ブロックに使いまわすという傾向がより顕著となったが、除去やドローに欠けていたため、同時期の【紫白連鎖】とは反対にあまり振るわなかった。

烈火伝で系統【機巧】が登場し、武装をあわせ持つスピリットが多かったため間接的にこのデッキも強化されたものの、あくまで【機巧】のおこぼれをもらっているという立場だった。

このように単体で強力なスピリットが登場しているのにも関わらず系統サポートがほとんど登場せず、デッキとして統一する意味合いが薄かった経歴があった。
9年目となる煌臨編でようやく《煌臨》と武装サポートを持つカードが多数登場し、バトスピダッシュデッキ【鉄壁ナル龍ト神】などが登場したことにより、武装スピリットでデッキを統一する意味合いが大きくなった。
自分からデッキを破棄しつつ、それをむしろメリットにする戦法へとシフトしている。

超煌臨編では、創界神トトなどにより、アルティメット主体のデッキを構築可能となった。

構築

系統:武装を持つスピリットはほぼ全てに属する。
【白速攻】寄りに構築するなら低~中コストを多めに、【白重】寄りに構築するならば高コストスピリットを多く採用する。

ソウルコアの使い道に関しては、スピリットに置いて発揮するものや《煌臨》で使用するかを予め決めておき、取り合いが発生しないようにしたい。

スピリット

  • AN-SO2
    デッキから破棄される際にデッキ破棄を止め、そのまま召喚できる武装
    Lv2になるととしても扱える。
  • 氷楯の守護者オーシン
    低コストスピリットを破壊から守る効果と相手の手札増加を抑制する効果を持つ。
    破壊耐性は自身にも適用されることから継続的に相手のドローを抑え込む事ができる。
  • 機巧武者サイウン
    コアブーストの要であり、高コスト帯の多いこのデッキの運用を円滑にする武装
    序盤で召喚することができれば相手の動きをコントロールできる、非常に強力なスピリット。
  • 白の探索者RZ-7
    召喚時に《煌臨》スピリットをサーチできる武装
    相手のアタックステップ限定ではあるがLvに応じてコストが上昇するため、《煌臨》に繋げやすい。
  • 生還者スヴェル
    効果破壊耐性を持ち、としても扱う武装
    紫/白の煌臨元になるときバウンス効果を発揮する。
  • 秩序軍E-N09
    武装を持つスピリットを召喚するときシンボルを3つ分にできる武装
    Lv2からのスピリット/ブレイヴへの効果耐性も優秀。
  • 中コスト
    • 機巧将シグレ
      序盤から召喚できる疲労ブロッカーの武装
      ソウルコアを用いたアンブロッカブル効果でとどめを刺すこともできる優秀な1枚。
  • 秩序軍ブリゲイド・ガンナー
    武装であればコストを問わず《煌臨》できる武装
    煌臨時のバウンス効果やフラッシュタイミングでのバースト破棄や煌臨元の召喚など、相手の反撃手段を潰しつつ展開ができる便利な1枚。
  • 白の探索者WG-7
    召喚時にデッキから《煌臨》スピリットとブレイヴを1枚ずつサーチできる武装
    Lv2からは自身のコストを上げるため、煌臨元になりやすい。
  • 鉄騎皇イグドラシル(リバイバル)
    召喚時に武装すべてに完全耐性を与える武装
    破壊されてもバウンス効果を発揮することでしぶとくフィールドに残ることができる。
  • 鎧神機ヴァルハランス(リバイバル)
    重装甲:∞】を持つ疲労ブロッカーの武装
    アタック/ブロックの際にはデッキを破棄しつつその中の武装の数だけBPが上がるため、武装で固めていれば単体でも相当なBPの壁となる。
  • 高コスト
  • 巨神機トール(リバイバル)
    アタック後の【バースト】で召喚できる武装
    アタック/ブロック時に回復できるため、シンボル付きのブレイヴと併せてフィニッシャーになれる。
  • 槍煌神機ヴォーダン
    コスト5以上のスピリットに《煌臨》できる武装。ただし相手のアタックステップにしか《煌臨》できない。
    手札では相手の効果を受けないため各種手札封じやグリードサンダーを完封でき、煌臨時とフラッシュタイミングでのデッキボトムへのバウンス効果のおかげで、手札に持っているだけで安心できる1枚。
  • 秩序決戦兵器ラ=イリュジオン
    のコスト5以上のスピリットに《煌臨》できるダブルシンボルの武装
    トラッシュののカードを全てデッキに戻しつつ相手の手札を削り、神銃と合体しているスピリットすべてをアンブロッカブルにするサポーター兼フィニッシャー。
  • 巨神獣ファーゾルト
    手札増加後の【バースト】で召喚できる。
    武装ではないが、序盤からコアを稼ぐにはもってこいの効果を持っており、高いコストからブレイヴの合体先としても優秀。
  • 紅炎の戦姫ブリュンヒルデ
    ライフ減少後の【Sバースト】で合体していない相手のスピリット/アルティメットすべてをバウンスしつつ召喚できる。
    こちらも武装ではないが、【増食】などのデッキに対しての対処札として有効であり、回復効果によってライフを狙う力も強い。
  • 秩序龍機νジークフリード
    コスト6以上のスピリットから《煌臨》する武装
    専用効果の【煌転装】でデッキから狙ったブレイヴをある程度絞って召喚できるうえ、Lvを上げれば完全効果耐性に回復効果と、フィニッシャーに必要なものを全て得ることができる新たなエースカード。
  • 雷神機ドンナー
    コスト6以上の武装から《煌臨》する武装
    厳しい条件に見合った煌臨時効果によるドローロックと、アタック/ブロック時の回復効果を持つ。

アルティメット

ブレイヴ

  • 煌龍銃剣ガンズ・バルムンク
    装填】を持つ武装のブレイヴ。
    煌臨》スピリットとの合体時にはアンブロッカブルを付与するため、《煌臨》軸であれば必ず役立つ1枚。
    ジーク」と合体させても合体可能枚数に含まれないため、2枚3枚といった複数の合体も可能になる。
  • 地神刀オオテンタ
    アタック後の【Sバースト】でバウンス効果を発揮しつつ召喚できる剣刃
    アタック時にはソウルコアを回収することでバウンス効果を発揮し、《煌臨》のサポートが可能。
  • 白魔神
    召喚時にネクサスをバウンスするのダブルシンボル異魔神
    アタック時のバウンスも強力。
    重い合体条件も比較的コストの重くなるこのデッキでは満たすのも容易い。
  • 炎魔神
    バースト破棄とBP破壊効果を持つ異魔神
    バウンス以外の除去手段が欲しい場合に。
  • シンボルなし

ネクサス

  • 無限なる軌道母艦
    武装スピリットが破壊された時、手札に回収する効果を持つ。
    またこのネクサスにより機人/動器のスピリットをこのデッキに組み込むことができるようになる。
  • No.24 トリプルヘビー
    低コストスピリットのアタックを抑制しつつ、シンボル追加効果で召喚サポートを行える優秀なネクサス。
  • 五角形の砦
    手札保護を行いつつ、相手のドローに便乗してドローできるネクサス。
  • 共鳴する音叉の塔
    コスト4以下の召喚時効果を封じつつ、相手のドローに便乗できるネクサス。
    召喚時効果をあまり使わないこのデッキであれば自分に対してのデメリットは少ない。
  • ラインの黄金
    武装以外の系統を1つでも持つスピリットの召喚時効果を封じるネクサス。
    共鳴する音叉の塔よりも範囲が広く、予め召喚時効果を使わないような構築にしておきたい。
    Lv2効果でドローやコアブーストといったアドバンテージを稼ぐこともできる強力な1枚。
  • 白の聖遺物
    ドローステップのドローの代わりに2枚オープンし、好きな方を手札に加えることができるネクサス。
    単純にドロー速度を速めることができ、Lv2効果によって【煌臨中】のスピリットにコアブーストできる。
  • 秩序軍 総司令部
    デッキから破棄されればノーコストで配置できるダブルシンボルのネクサス。
    秩序」を無限ブロッカーにしつつ、相手のデッキ破棄効果を遮断する優秀なネクサス。

マジック

  • ビームゲート
    デッキから合計コスト8まで武装スピリットを召喚できる。
    デッキ内の武装比率を高めておかないと成功しないため、尖った構築にする必要がある。

このデッキの弱点

防御面では【超装甲】/【重装甲】を持つスピリットが非常に多いため、特定の色のデッキに一方的に除去されるといったことはあまりないが、雷魔神の召喚時効果で【超装甲】持ちのスピリットは全滅させられてしまう。

また、序盤にNo.24 トリプルヘビーなどを配置できなかった、もしくは除去されてしまうとその後の展開が非常に辛くなる。
ドロー効果も少ないため、手札事故を起こしてしまっても打開手段が少ないのも痛い。

参考レシピ

関連リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-25 (火) 15:44:25
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索