【ミカファールターボ】

解説

デッキの大半をマジックで固めることで大天使ミカファールの効果の効率を上げ、さらに大量にドローしたマジックを使い勝負を決めるコンボデッキ。
コンボが始まるとほとんどの場合、1ターンの間に相手を打ち倒せる凶悪なデッキであった。

しかし2009/5/1より大天使ミカファールイビルオーラの二枚がバトルスピリッツ初の制限カードとなり今まで通りの構築は不可能となった。

さらに2010/1/1より大天使ミカファールが禁止カードとなったためこのデッキは完全に構築不可能となった。

ミカファール1ショットキルコンボなどの名前があるが、他TCGでは大量にドローするデッキのことターボと呼ぶことから、ミカファールターボデッキと呼んでいる。

デッキ構築

大天使ミカファールが黄色スピリットであるため、基本的には黄色になる。
コリスタルピヨン等で軽減と場持ちをさせて、その間に大天使ミカファールを手札に呼び寄せる。
キーカードが揃ったら大天使ミカファールをLv2で出し、ネクサスとマジック等で相手のスピリットを一掃しつつ相手の行動を封じ、
相手のライフを削りきるのがこのデッキの主な戦法である。

大天使ヴァリエルが現れてからは、その効果で無限ループを組んで
デッキ破壊を行うミカヴァリタイタス、ミカヴァリハンマーと呼ばれるものが主流となっていった。

相手の行動を封じるには、

対処法

このコンボが成立した時点でこちらの場はほぼ壊滅状態におちいるため、対策としては
・相手のコアが溜まる前に速攻で勝負をつけに行く
魔帝の墓標で攻撃を抑制する
のカード中心のデッキで螺旋の塔鏡の回廊によるサイレントウォール封殺を突破する(ただしこの方法は手札破棄を選択したタイプにはほぼ無力である)。
力奪う凱旋門を使う。
作戦参謀フォクシンでマジックを抑制する

等があるが基本的に大天使ミカファールが出てからの動きが異様に速く、またその大天使ミカファールが出るタイミング自体がかなり早いので、カードプールの少なかった当時はウィニーデッキを使用して開始数ターンで相手のライフを削りきるくらいしか対策がなかった。
しかしそれすらサイレントウォールで止められてしまうと相手に大量のコアを与えてしまい、むしろコンボ起動を速める結果に繋がってしまう。
魔帝の墓標で止まることもあるがチャウーイビルオーラのコア加速で意味を為さないことも非常に多い。

主なカード


[ 全て閉じる ][ 全ての詳細を確認する ]    並び順:

  • スピリット

  • BS02-X08大天使ミカファール X [黄]
    • スピリット(禁止カード)
      7(3)/黄/天霊
      <1>Lv1 4000 <2>Lv2 7000
      Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
      自分のデッキを上から、自分のフィールドにある黄のスピリットとネクサスの合計枚数と同じ枚数オープンしていく。
      マジックカードがあれば、すべてを手札に加える。
      残ったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
      Lv2
      自分のマジックカードすべてを、コストを支払わずに使用できる。
      シンボル:黄

  •  
  • マジック

  • BS02-108マジックブック R [黄]
    • マジック(制限カード<1>)
      5(2)/黄
      メイン:
      自分の手札にあるマジックカードを好きなだけオープンして手元に置くことで、オープンしたカード1枚につき、自分はデッキから1枚ドローする。
      フラッシュ:
      このターンの間、スピリット1体をBP+4000する。


リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-23 (日) 01:19:37
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索