イビルオーラ/Evil Aura <BS01-124>

マジック(禁止カード)
3(2)/紫
フラッシュ:
スピリット1体の上にボイドからコア4個を置く。
エンドステップに、自分のコア4個をボイドに置く。

イビルオーラ/Evil Aura <BSC22-CP01>

マジック(禁止カード)
3(2)/紫
フラッシュ:
ボイドからコア4個を自分のスピリット1体に置く。
エンドステップに、自分のコア4個をボイドに置く。
コストの支払いに[ソウルコア]を使用していたら、さらに、自分のトラッシュにあるカード名に「魔界七将」と入っているスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
エンドステップに、この効果で召喚したスピリット1体を破壊する。
  • イビルオーラ第一弾

Image of


  • イビルオーラプロモーションカード
    キャンペーンカード
Image of


カード番号:BS01-124  
カード番号:BSC22-CP01  

混沌の守護神~CHAOS GUARDIAN~で登場したマジック

軽減コストをすべて満たせば一時的に使えるコアが3個増える。
魔界七将デスペラードなどの重いスピリットやタッチで入れた他色のネクサスの展開補助等に使える。
ドロー力ードの強い紫中心のデッキならスピリットの大量展開にも使える小回りの利いたカードといえる。

エンドステップにボイドに置くコアは、自分のフィールド/リザーブ/トラッシュにあるコアから計4個を自由に選べる。
(例:ネクサスから1コア、トラッシュから3コアなど)

  • 2009年5月1日より究極1(現・制限)カードとなり、2010年6月1日より伝説(現・禁止)カードとなった。
    魔界七将デスペラードのほか、同じタイミングで究極カード1(現・制限)入りした大天使ミカファールとのシナジーも大きかった。
  • 公式サイトのブログにおいて、メインデザイナーのマイケル・エリオット氏は禁止する前提で作ったと明言している。
    コアの重要性をユーザーに強く印象付ける狙いがあったものと思われる。

リバイバル

プロモーションカードで登場したマジック

禁止カードにもかかわらず、相手のスピリットにコアを置けなくなり、アブソーブシンボルとのコンボが不可能になってしまったため、完全上位互換とは言えない。

収録

混沌の守護神~CHAOS GUARDIAN~ <U> (BS01-124)
プロモーションカード <U> (BSC22-CP01)
バトスピ部 全部員共通プレゼント(2015年12月-2016年2月)「リバイバル禁止カード3枚セット」

アニメにおいて

「少年突破バシン」でスイレンが使用。
Jとのタッグ戦では巨神機トールのLvアップに貢献した。

公式Q&A

Q1. 「エンドステップ」にボイドに置くコアは、どれでもいいの? (BS01-124)
A1. はい、自分のスピリット/ネクサスの上に置かれているコア、自分の「リザーブ」、自分の「トラッシュ」にあるコアから4個を選び「ボイド」に置きます。また、そのコアは、このマジックの効果で持ってきたコアでなくてもかまいません。


関連リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-30 (金) 00:26:30
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索