【戦姫】

概要

烈火伝 第1章より登場した黄の系統:戦姫を中心としたデッキ。
黄のデッキらしくコンボ色が強いが、個々のアドバンテージを稼ぐ能力もあり、【Sバースト】やマジックを多量に確保、それを駆使して闘うデッキである。

構築

マジックの使用を支援するスピリットを多く採用した【黄マジックコントロール】に近い構築と、【起導者・Sバースト】に寄せたグッドスタッフ的な構築の2種類が存在する。
この2種類の構築を支えているのは剣聖姫ツルであり、このスピリットによるアドバンテージ確保のため【バースト】を持ったカードの比率を高める。

大半の戦姫楽族も持っているため、【楽族】との混合に近い形に組むことも可能。

スピリット

  • 低コスト
  • 戦国姫 瑞樹
    トラッシュから戦姫を回収する能力を持つ。
    剣聖姫ツル戦国姫トリックスター王位継承籤などカードをトラッシュへ送ってしまうカードが多いため、その後のケアを行う。
    相手のアタックステップでも使用できるため、チャンプブロックからマジックの不足コスト確保→即回収の流れで擬似的に戦姫を保護できる。
  • 戦国姫 茶亞琉
    場にいるだけでマジックを2回使用可能にできる。
    単体で破壊耐性を持ち、場持ちも良い。
  • 小聖女ロメーダ
    召喚時にマジックカードを破棄してドローを行う楽族
    そのまま使っても1枚、トラッシュから手札に戻る舞華ドローを破棄すれば先攻第1ターンから2枚のアドバンテージを得られる。
    後にターン中の制限がなくなったお忍び姫 須勢理が登場したが、素のコストはこちらの方が低い。
    序盤から積極的に使うために2種6枚体制にしてしまっても良いだろう。
  • 中コスト
  • お忍び姫 須勢理
    小聖女ロメーダの上位互換の召喚時効果を持つ戦姫
    黄のマジックをノーコストで使用するアタック時効果は単純に強力。
    この効果でバースト効果を発揮させることができるため、特殊な動きも可能。
  • 戦国姫 綺羅&沙羅
    デッキの上から5枚オープンし、別名の戦姫を1枚ずつ手札に加える。
    剣聖姫ツルとは違った角度から手札を補充することができる。
    さらにアタック時効果で最高BP10000まで相手のスピリット/アルティメットを破壊できる。
  • 月下の起導士ミオ
    召喚時に【起導】を発揮する戦姫
    アタックを介さず起導を行えるので下手に相手のライフを減らさずに場を整えられる点が魅力。
    起導後の1ドローも優秀。
  • 華の女王カトレア
    お互いの『このスピリットのアタック時』(『このスピリットの合体アタック時』も含む)を封じる楽族
    起導】や戦国姫 綺羅&沙羅、各種ブレイヴなどとは相性が悪いが、戦国姫 綾芽などの『このスピリットのアタック時』を利用しないスピリットとなら噛みあう。
  • 戦国姫 綾芽
    マジックを軸とする場合のフィニッシャー。
    効果を最大限活かすためには軽量な戦姫を採用し、なるべく多くの相手ブロッカーを排除できるようにしたい。
    天火烈刀斬リミテッドバリアなどに邪魔されないよう、アタックは戦国姫 茶亞琉などに任せたうえでシンボルを追加、ワンショットでの勝利をもぎ取る。
  • 戦国姫 由月
    消滅/破壊後の【Sバースト】で手軽に召喚できる戦姫。セットされた状態で破棄されても問題なくバーストを発動できる。
    アタック時にネクサスを相手のデッキトップに戻すため、このデッキにおける貴重なでのネクサス除去用のカードとなる。
  • 戦国姫 御琴
    Sバースト】も持ち合わせるため手札に加えやすい起導者
    ただし【起導】のための必要コアが多く、他スピリットの【起導】での召喚ではそのターン中はフィールド上ではバニラ同然になってしまうなどの欠点も多い。
    後述の戦国姫 真姫奈とのコンボは可能な限り狙うべきだが、無理にこのスピリットのみのアタックを考えるのではなく、戦局を見て使用すること。
  • 戦神乙女ヴィエルジェ(リバイバル版)
    楽族に破壊時回収効果を付与する。
    強制効果のため自分のスピリット破壊後を条件とするバーストとの相性は悪い。
    他の効果も防御力を向上させられる優秀なもの。
  • 戦国姫 真姫奈
    召喚時効果発揮後の【Sバースト】で、バウンス効果が効かない南蛮武者ハクライなどの効果を無効にしデッキボトムへ送る戦姫
    戦国姫 御琴で【起導】すれば相手のスピリット/アルティメットを全てデッキボトムへ送る必殺の一撃になる。
    フィールドにいる間も戦姫をダブルシンボル化させる、除去と打点強化、両方を兼ね備えた優秀なスピリット。
    詩姫でもあるため戦国トロフィーなどの効果を活かせる点も優秀。
  • 華王 蒲公英
    アタック後の【Sバースト】で召喚しつつ、相手のスピリット/アルティメットのBPを0にする戦姫
    召喚後はバースト保護効果を発揮し続けるため、バーストと絡めたデッキであれば非常に有用。
  • 砲天使カノン(リバイバル)
    黄デッキ定番のリセットボタン。
    起導】での発揮が理想形であるが、単純に【バースト】として優秀なため3積み推奨。
  • 戦国龍皇バーニング・ソウルドラゴン
    の【Sバースト】スピリット。バースト発動時にトラッシュのコアすべてを回収するため、手札のマジックを存分に使えるようになる。
    さらに【真・連刃】によって相手スピリットを除去しつつライフを狙うことも可能なので、戦姫だけで削り切れなかったライフを削りきる、という使い方もできる。

アルティメット

  • 極天姫ヒフミ
    ライフ減少後の【Sバースト】で相手のバトル行為を一切遮断するアルティメット。
    Uハンド:白/黄】を持つため、このデッキで多く採用されるのバーストを効率良く発動していける。

ブレイヴ

  • シンボルなし
  • 桜姫鶴
    トラッシュにカードが落ちやすいデッキなので回収カードとしての役割がほとんど。
    シンボル増加は他のマジックサポートがない場合にはおまけ程度の効果。
  • 雷命刀ミカヅキ
    消滅/破壊後の【Sバースト】で、相手のスピリット/ネクサスすべての効果を無効化するブレイヴ。
    バーストをセットすることでバトル終了時に回復できるため、【Sバースト】を軸とした構築では非常に強力なブレイヴ。
  • 魔神姫
    黄のマジック回収効果と紫のコアシュート効果を併せ持つ異魔神ブレイヴ。
    マジック型のコントロール能力を強化してくれるが、召喚とマジックに使用するコストを考えると少々重いのが難。
    お忍び姫 須勢理とは非常に相性が良い。
  • 黄魔神
    ダブルシンボル異魔神
    召喚時効果で超装甲を持つブロッカーを突破でき、アタック時のマジック回収効果も優秀。
    合体の対象が限られるため、大型スピリットを主力とするデッキで採用する。

ネクサス

  • 華黄の城門
    黄デッキの定番となったドローエンジンネクサス。
    【戦姫】には手元に置いたカードもサポートする効果が多いため特に使いやすい。
  • 姫たちの空中庭園
    Sバースト】効果とLv2効果の強力なのダブルシンボルネクサス。
    手札からの配置は負担になりやすく、配置時効果は他の効果と併用できなければ効果は薄いため、なるべく【起導】で配置したい。
  • 王位継承籤
    ドローステップでデッキを破棄し、そのカードの種類によっては2枚ドローか2コアブーストのどちらかを得ることができる。
    貴重なコアブースト源ではあるがランダム性が高く効果は重複せず各種メタカードの影響を受けるので、採用枚数は慎重に。

マジック

  • 聖天霊光破
    アタック/ブロックを止めるマジック。
    ただ、ソウルコアの取り合いになりやすい【起導】軸では使用タイミングが難しく、採用枚数には注意したい。
    マジック軸では軽量な戦姫を展開することが多く、戦国姫 綾芽との相性もいいためエンドカードに最適。
  • 魂円舞
    Sバースト効果でアタック/ブロックを止めるマジック。
    起導】軸ではこちらを採用するといいだろう。
    フラッシュ効果も範囲の広い除去であり使い勝手が良い。
  • ディフェンスネビュラアディショナルカラー
    前者はアルティメットのBPを下げる【トリガーカウンター】と相手スピリットのレベル操作を持ち、後者はスピリットに色を追加することができるが、どちらも有効な機会は少ない。
    しかしこれらのマジックはフル軽減でノーコスト使用が可能で、戦国姫 綾芽で回収してシンボルを追加する際にコアを使用せずに済む。
    現在は最大軽減で1コアで使用できる強力なマジックが多いとはいえ、コアのゆとりが無いこのデッキではこの1コアの差が勝負を分けることも多い。

デッキの動かし方

起導】軸

構築上スピリットはほとんどが中コスト以上となるため、序盤のコア運用は華黄の城門英雄皇の神剣等のネクサス配置に使用する。
これらのネクサスでドローや軽減を確保し、起導者や【Sバースト】を確保する。
その間はほぼ【バースト】のみで相手ターンを凌ぐこととなる。
起導】からの砲天使カノンや、戦国姫 御琴によって分散した全体除去から更地の相手のライフを狙う。

Sバースト】の色やブレイヴ、マジックなどの種類さえ気を付ければ相手の耐性にもある程度対応できる。

【マジック軸】

No.38 ラブプリンセス戦国姫 茶亞琉を並べ、舞華ドロー妖雷スパークといった軽いマジックを連続で使用し、アドバンテージを稼ぐ。
低コストの戦姫を中心に展開していき、使用したマジックを戦国姫 綾芽で回収しながら相手のスピリットを排除する。
除去しきれないスピリットは聖天霊光破等で対処し、耐性を持った戦姫のシンボルをマジックの使用で増やしながら一度にライフを奪う。

弱点

とにかく単体では機能しないカードが多く、コンボパーツを揃える手間を狙われると脆い。
手札保護を持たないためドローメタ効果を持つ白のカードやグリードサンダーなどで動きが大きく阻害されてしまう。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集
【黄マジックコントロール】
【起導者・Sバースト】




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-31 (水) 15:18:03
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索