芙蓉(ふよう)五重塔(ごじゅうとう)

ネクサス
5(3)/青
<0>Lv1
【Sバースト:相手の『このスピリット/アルティメットの召喚時』発揮後】
コスト4以下の相手のスピリット1体を破壊する。
【起導】でこのバーストが発動していたら、さらに、ボイドからコア2個を自分の青のスピリット1体に置く。
この効果発揮後、このネクサスカードをコストを支払わずに配置する。
Lv1:フラッシュ『相手のアタックステップ』
ターンに1回、自分の手札にある青のカード1枚を破棄することで、自分はデッキから2枚ドローする。
その後、自分は手札1枚を破棄する。
シンボル:青

コンセプト:中島美佳
イラスト:津田沼人
イラスト:SUNRISE D.I.D.(バトルスピリッツ烈火魂ウエハース~剣技激突~)

フレーバーテキスト:
厳陀羅は皇家狭間と神仲島の二正面となることは望ましくなかった。
つまり、厳陀羅にも六天軍との交戦を避けたい理由があったってわけだ。

  • 芙蓉の五重塔烈火伝 第2章
  • 芙蓉の五重塔バトルスピリッツ烈火魂ウエハース~剣技激突~
Image of


カード番号:BS32-070  

烈火伝 第2章で登場したネクサス

手札を破棄してドローを行うネクサスとしては、既存のものよりドロー枚数が多いのが特徴。
だが、ドローのために破棄するカードは青に限定されていることから、【バースト】で発動できることを踏まえても青専用と見るべき。

ドローのための破棄は、青のカードであれば何でもよい。
同弾の鉄拳明王でトラッシュから配置しやすい青ネクサスが手っ取り早いか。
自身で損失を抑えられるサンダータクティクス海皇巨神デュラン・キッドによる回収を組み込める【招雷】のサポートとしても悪くない。

ドロー後に破棄するカードは対象を問わない点もポイント。
とはいえこちらの効果を海帝国の秘宝で打ち消すことはできないため、破棄するのは上記のカードが選択肢になりがち。

このカード単体ではターンに1回しか発揮できないが、別のこのカードはまだ発揮されていなければ発揮できる。
ただし相手のアタックステップと発揮タイミングが受動的であることから、このネクサス1枚であっても除去される可能性が高い。
バーストや【起導】によって容易に配置できることからデッキに入れるのは困らないが、ドロー手段は他にも用意しておきたい。

収録

烈火伝 第2章 <R>
バトルスピリッツ烈火魂ウエハース~剣技激突~ <R>

アニメにおいて

「烈火魂」で群青 早雲が使用。
蓮華王センジュの【起導】で配置し、シンボル追加に一役かう。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS32] 烈火伝 第2章 ブロックアイコン:<2>
バトルスピリッツ烈火魂ウエハース~剣技激突~ ブロックアイコン:<2>

公式Q&A


■■BS32-070■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.「Sバースト」ってなに?
A1.→カードの効果 汎用編 バースト編 を参照


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS32-070

  • テキスト関連
    起導



最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-02 (木) 21:24:41
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索