ダブルオーガンダム <CB13-052(A)>

スピリット
6(4)/青/MS・CB
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000 <5>Lv3 12000
フラッシュ【武力介入:コスト6(4)】『相手のアタックステップ』
手札にあるこのカードは6(4)支払って召喚できる。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚/アタック時』
このターンの間、系統:「CB」を持つ自分のスピリットすべてを、そのスピリットが持つ最高Lvとして扱う。
Lv2・Lv3《零転醒:自分のカウント0(転醒は同時に使えない)》
このスピリットがアタック/ブロックしたとき、このスピリットを裏返せる。
シンボル:青

イラスト:funbolt

フレーバーテキスト:
ガンダムエクシアと0ガンダムの太陽炉を使用したツインドライヴシステムを
搭載するMS。そこから生み出されるGN粒子量は二倍ではなく二乗される。

ダブルオーガンダム[トランザム] <CB13-052(B)>

スピリット
8()/青/MS・CB
<1>Lv1 9000 <3>Lv2 12000 <5>Lv3 16000
この面に裏返ったとき、フィールドに残り、カウントしない。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの転醒時』
このスピリットは回復する。
または、このターンの間、このスピリットに青シンボル1つを追加できる。
Lv1・Lv2・Lv3『自分のエンドステップ』
このスピリットは手札に戻る。
Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
系統:「CB」を持つ自分のスピリットがアタックしている間、相手は、スピリットカードのバースト効果を発揮できない。
シンボル:青

イラスト:funbolt

フレーバーテキスト:
圧倒的なGN粒子量を得るも未だ不安定。

  • ダブルオーガンダムコラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】
Image of


  • ダブルオーガンダム[トランザム]コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】
Image of


カード番号:CB13-052  

コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】で登場した転醒カード。

ダブルオーガンダム

高い打点を素早く用意できる、ダブルオーライザーに並ぶCBのもう1体のフィニッシャー。
単純にあちらより軽いので、【トランザム】持ちと比べて一回り大きい、他の《零転醒》持ちのガンダムと一緒に使いやすい。

武力介入】は唯一コストが本来のコストと同一で、他の効果とのコンボによってBP16000で2回ブロックできる。
しかし、CBには《煌臨》持ちなどがいないため、大抵は高BPのブロッカーを出すだけになる。
このスピリットの主な役割はフィニッシャーなので、その前に除去されるリスクがある動きは慎重に行うべき。

召喚/アタック時効果は自身が対象、《零転醒》後も継続するのが強力かつ使いやすい。
他のCBのLv維持にも貢献するが、同系統は仲間のアタックをサポートする効果をあまり持たないので恩恵を感じる機会はあまりない。
ブロッカーが邪魔でケルディムガンダムに止むを得ず先行してもらうときくらい。
ただ、高い最大BPを持つスピリットが多く、BP水準が跳ね上がるので相手にとってはなかなか厄介。

ダブルオーガンダム[トランザム]

転醒時効果はかなり柔軟に使えるように思えるが、アタック時はシンボル追加、ブロック時は回復を選ぶのが安定。
基本的に1回のアタックで高い打点を出す方が相手は妨害しづらく、このスピリットは容易にトリプルシンボルにできるので是非一撃必殺を狙いたい。
一応、アタック時に回復を選ぶことで、合体しているブレイヴのアタック時効果を何度も使ったり、【NT-D】を回避したりできる。

バーストメタは少し対象が狭いが、選ばれし探索者アレックスにも効く記述で、プトレマイオス2でマジックの【バースト】も補完できる。

自分のエンドステップに手札に戻る効果は、場に残せないデメリットよりも相手のターンの除去を避けられるメリットが大きい。
武力介入】に備えることもでき、他の《零転醒》持ちのガンダムより【トランザム】に近い感覚で使える。

CB全体の速度も相まって相手のカウンターをもらうリスクは小さく、詰める力はかなり強いスピリット。
合体によって素早くトリプルシンボルにでき、なかでも刹那[西暦2312]および刹那と相性がいい。
特に、ダブルオーライザーより軽いかわり相手のフィールドに触れる効果を持たないため、前者との相性のよさがより際立つ。

ただし、除去効果などは持っておらず、ブロッカーが1体いるだけで動きづらくなる。
転醒時効果で回復を選択してブロッカーを乗り越えてもいいが、カウンターをもらうリスクは高まる。
速度で押し切れないことはないとはいえ、最序盤に撃てる除去手段を少し多めに積んで対策してもいいだろう。

収録

コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】 <転醒R>

原作において

アニメ『機動戦士ガンダム00 2nd Season』に登場。
ソレスタルビーイング再生の象徴たる、第4世代ガンダムの一機。パイロットは刹那・F・セイエイ
ガンダムエクシアとoガンダムのGNドライヴを同調させるツインドライヴシステムを持ち、生成する粒子量が通常の2乗となっている。
ガンダムエクシアの発展機であり、近接格闘戦を得意とする。
粒子量と相まって戦況を一変させるだけの圧倒敵な攻撃力を誇るが、トランザムの発揮が不安定といった欠点も持つ。
武装はGNソードIIなど。
また、オーライザーとドッキングし、ダブルオーライザーとなる。

  • GNドライヴ搭載機体が持つ特殊システム「トランザム」は、【零転醒】で再現されている。
  • CBへのサポート効果は、戦況を一変させるだけの力を持つことの再現だろう。
    転醒時効果は、トランザムによる高速機動や出力増加の再現だろう。
    エンドステップに手札に戻る効果は、不安定なトランザムによりオーバーロードし、戦闘継続できなくなる描写を再現している。



収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB13] コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】 ブロックアイコン:<7> 2020年05月30日

公式Q&A


■■CB13-052■■ 更新日:2020/05/23 12:34 [Q&A情報の修正]

Q1.転醒カードってなに?
A1.両面に効果が書かれていて《転醒》を持つカードです。通常のカードと同じ様に左上にコストが書かれているA面を転醒前、右上にコストが書かれているB面を転醒後と呼びます。
カードの効果 汎用編 転醒カードに関して を参照

Q2.《零転醒》ってどんな効果なの?
A2.《転醒》と同様にそれぞれのカードに書かれている条件を満たしたとき、転醒前カードを同じ状態で裏返し転醒後カードにする効果です。ただし、裏返したとき、カウントエリアにコアは置きません。また、《転醒》としても扱うので、転醒時効果など転醒したときの効果も発揮します。
カードの効果 汎用編 《転醒》編 を参照

Q3.この転醒前カードの【武力介入】ってどんな効果なの?
A3.指定されたタイミングで手札にある【武力介入】を持つカードを通常のコストの支払いと同じようにフィールド/リザーブから支払って召喚できる効果です。
カードの効果 汎用編 【武力介入】編 を参照

Q4.Lv2以上のこの転醒後スピリットがいるとき、系統:「CB」を持つ自分のスピリットがアタックしている間、「BS43-071 選ばれし探索者アレックス」など「セットしているこのカードは相手の効果を受けない」効果を発揮しているバーストを発動したら、バースト効果は発揮できるの?
A4.バーストは発動できますが、バースト効果は発揮できません。「バースト効果を発揮できない」効果は、カードではなく、プレイヤーを対象にした効果なので、発動したバーストは効果を発揮せずにトラッシュに置かれます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB13-052

  • テキスト関連
    CB



[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-03 (水) 05:58:27
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索