**&ruby(ひか){光};り&ruby(かがや){輝};く&ruby(だいぎんが){大銀河};/The Shining Galaxy [#z110712f]
 ネクサス
 4(2)/赤
 <0>Lv1 <2>Lv2
 Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
 自分の手札にある系統:「光導」を持つスピリットカードすべてをコスト5にする。
 Lv2:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
 自分の手札にある系統:「神星」/「光導」を持つスピリットカード1枚を破棄することで、
 このバトルの間、自分のスピリット1体をBP+6000し、赤のシンボル1つを追加する。
 この効果はターンに1回しか使えない。
 シンボル:赤
 
 フレーバーテキスト:
 太陽も月も星も全ての命が輝き共存する姿。未来永劫光り輝く大銀河!
 ―交渉人ミクスの手記―

 (エラッタ前)
 Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
 自分の手札にある系統:「光導」を持つ自分のスピリットカードすべてのコストを5にする。

#refcard
[[星座編 第四弾:星空の王者]]で登場した[[赤]]の[[ネクサス]]。

Lv1からの効果は手札の[[光導]]スピリットカードを軽くできる。
同じ属性の[[金牛龍神ドラゴニック・タウラス]]・[[光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]は、このネクサスで軽減でき、特に[[光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]は[[彷徨う天空寺院]]でノーコストで召喚が可能。

他色だと[[黄]]の[[魔導双神ジェミナイズ]]が使いやすいか。
このカードと[[天使ティアエル]]だけで、2コストで出す事が可能となり、すばやい展開が期待できる。
他の[[光導]]で使う場合でも[[赤]]タッチで構築するなら採用を検討しても良いだろう。

Lv2効果はタイミングが限定的で、[[ターンに1回の制限付き>効果の分類について#kaisuu]]だが、手札に抱え込んだ[[神星]]と[[光導]]をBPアップのマジックや[[ダブルハート]]のように使えるので汎用性は高い。

この効果は相手のターンにも使用可能なので、[[ソーラーブレイカー]]などの重いBPアップマジックの軽減などにも使える。
コスト4なので、1ターン目から配置でき、他色とも使える便利なカード。

後にこの効果を持つ[[ピクシスリザード]]、手札の[[光導]]でドロー加速を行える[[ワイバーン・ベラ]]が登場したため、[[光導]]で必ずしも使われるということはなくなった。
さらに[[【天星12宮】]]の一部の[[光導]]スピリットのコストが重くなるパターンも生まれた。
手札からのコスト変動は強制であるため採用する際はプレイングや上記の[[ワイバーン・ベラ]]によるオープンを考えるべきである。

-イラストには[[黄道十二星座>光導]]のうち[[山羊座>魔羯邪神シュタイン・ボルグ]]・[[射手座>光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]・[[蠍座>天蠍神騎スコル・スピア]]に加えて[[水瓶座>宝瓶神機アクア・エリシオン]]・[[天秤座>天秤造神リブラ・ゴレム]]の一部が描かれている。
-効果は、[[ピクシスリザード]]や[[銀河星剣グランシャリオ]]などでリメイクされている。
-[[背景世界]]においては、[[黄昏の暗黒銀河]]と対をなす存在であるらしい。

*** 収録 [#d1a287da]
[[星座編 第四弾:星空の王者]] <U>
[[星座編12宮ブースター【前編】]] <U>
[[ギャラクシー渡辺プレゼンツ バトスピ大好きスペシャルデッキ&ドラマセット2]] <U>
[[スペシャルデッキセット【12宮Xレアの輝き】]] <U>

***アニメにおいて [#o4dc2e71]
「ブレイヴ」に登場。
[[馬神 弾]]vs[[月光のバローネ]](49・50話)にて馬神弾が使用。馬神弾が「ブレイヴ」で使用した、最初で最後のネクサスでもある。
ラストターンにLv2で配置され、[[ダブル>輝竜シャイン・ブレイザー]][[ブレイヴ>トレス・ベルーガ]]した[[光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]と、[[ホーク・ブレイカー]]と合体した[[獅機龍神ストライクヴルム・レオ]]のバトル時に効果を発揮。
[[太陽龍ジーク・アポロドラゴン]]を破棄したことで、[[光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]をクアドラプルシンボル・BP36000まで引き上げる。
同作を象徴する壮大な大銀河をバックに、馬神弾の[[ラストバトルを飾った>黎明]]。

#clear
-テキスト関連
[[光導]]
[[神星]]


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索