**&ruby(いぬ){戌};の&ruby(じゅうにしんおう){十二神皇};グリードッグ [#udc538ce]
 スピリット
 7(青3緑2)/青/神皇・異合
 <1>Lv1 11000 <2>Lv2 15000 <4>Lv3 21000
 Lv1・Lv2・Lv3《封印》『このスピリットのアタック時』
 このスピリットの[ソウルコア]を自分のライフに置ける。
 《封印時》Lv1・Lv2・Lv3【強奪】『このスピリットのアタック/ブロック時』
 相手の手札すべてを見て、その中のマジックカード1枚を破棄する。
 自分は、そのマジックカードのメイン/フラッシュ効果を、コストを支払わずにただちに発揮できる。
 Lv3『お互いのアタックステップ』
 ターンに3回まで、相手の手札が減ったとき、系統:「神皇」/「十冠」を持つ自分のスピリット1体を回復させる。
 シンボル:青
 
 コンセプト:石森連
 イラスト:hippo
 
 フレーバーテキスト:
 「ウィリアン」でNo1のダーティープレイを駆使するマッドドッグランナー!!

#refcard
[[十二神皇編 第5章]]で登場した[[青]]の[[スピリット]]。

[[【緑青連鎖】]]向けの軽減・系統を持つ、2体目の[[青]]の[[「十二神皇」>名称:「十二神皇」を含むスピリット]]。
同構築は元々コアブーストが得意な上に、[[海魔神]]による踏み倒し召喚も出来る事から、《[[封印]]》で使えるコアが減ってしまうリスクはあまり気にならないものの、[[ソウルコア]]をライフに置き続ける《[[封印]]》の性質故に、[[カニコング]]との共存が難しい点には注意する事。

《[[封印中>カード効果:《封印中》]]》アタック/ブロック時に発揮される【[[強奪]]】は、[[水覇刀ジュズマル]]と類似したピーピング&ハンデスに、文字通り[[マジック]]を「奪う」効果が合わさった強力なもの。
登場当初は【[[アクセル]]】が台頭していた事もあり下手に見られがちだったが、昨今は[[スプラッシュザッパー]]や[[魔弾]]等の強力な[[マジック]]が多数登場しており、期待値は当時よりも大きく上がっている。
仮に[[マジック]]を破棄出来なかったとしても、ピーピング効果は問題無く発揮される為、完全に腐るという事は無い。
ただし、[[絶甲氷盾]]([[リバイバル]])や[[覇王爆炎撃]]([[リバイバル]])の様に、自前で耐性を持つ[[マジック]]も登場しているので、決して過信は出来ない。
また、相手が【[[アクセル]]】を主体としたデッキである可能性も十分に有り得るので、専用サポートの[[No.41 サポートセレブレーション]]は同時採用しておきたい所。

Lv3の回復効果は、自身を含む[[神皇]]/[[十冠]]全てが対象となっており、相手が能動的に手札のカードを破棄・使用した場合にも発揮出来る点が特徴。
採用率の高い[[アルケーガンダム]]の誘発効果にも対応している他、自身の【[[強奪]]】を始め、[[青]]が得意とする様々な手札メタ効果とも嚙み合っているが、自身が除去されたり、Lvを下げられてしまうと元も子も無い点には注意する事。

-フレーバーテキストの「ウィリアン」は、チーム名や"ラフなレースが多い"といった特徴から、類似した特徴を持つ「ウィリアンズ」の誤植とも考えられるが、あちらが[[獣頭だけで構成されたチーム>海傭師団スナ・メリー]]と説明されており、このスピリットは[[獣頭]]を持たない事から、普通に別チームである可能性が高い。
また、フレーバーテキストの「マッドドッグ(Mad dog)」は、一般的には「狂犬」という意味で用いられているが、一転して「勇猛果敢」や「有言実行」といった意味で用いられるケースもある。
//-[[背景世界]]において、所属チーム・ウィリアンは[[獣頭だけで構成されたチーム>海傭師団スナ・メリー]]だが、[[獣頭]]は持っていない。
//-フレーバーテキストが「ウィリアン」となっており、「ウィリアンズ」の誤植と思われる。
-名前の由来は、「グリード(greed/欲望)」+「ドッグ」と思われる。
同じく「グリード」の名を持つ[[グリードサンダー]]とは手札破棄効果が共通している。
【[[強奪]]】の効果名も「グリード(greed/欲望)」の名のとおり、「欲する」=「奪う」という意味から来ていると思われる。
--デザインは[[地獄>地獄都市カイーナ]]の番犬ケルベロスのような三つ首で、デザインモチーフを同じくする[[冥犬ケルル・ベロス]]とは相手のカードを使う点で共通する。
また、ターン中の回復数も首の数が由来と思われる。
- [[煌臨編 第3章:革命ノ神器]]にて、[[海賊の神皇グリードッグ・パイレート]]としてリメイクされた。
-[[青]]単色では初となる、効果で[[マジック]]を使用可能なスピリット。

***収録 [#e757998a]
[[十二神皇編 第5章]] <X>
***アニメにおいて [#n6b6a47b]
『[[ダブルドライブ>バトルスピリッツ ダブルドライブ]]』にて登場。
物語の鍵を握る[[「十二神皇」>名称:「十二神皇」を含むスピリット]]の一柱であり、ヨロイが使用。
初出となるヨロイvsサンドラット(41話)では、【[[強奪]]】で[[クリスタルブレイク]]の効果を発揮してサンドラットの場を一掃、ヨロイを勝利に導いた。
ヨロイvs[[茂上 駿太]](46話)では、[[海魔神]]の効果で[[蜂王フォン・ニード]]と共に召喚され、そのまま合体。
三度に渡る【[[強奪]]】で[[ダイナバースト]]、[[サザンクロスフレイム]](リバイバル版)、[[エンペラーフレイム]]の効果を発揮し、ピーピング、手札補充、スピリット除去を行い駿太を追い詰めた。
ヨロイvs[[茂上 駿太]](46話)では、[[海魔神]]の効果で[[蜂王フォン・ニード]]と共に踏み倒し召喚され、そのまま合体。
さらに、3度にも渡る【[[強奪]]】によって、[[ダイナバースト]]・[[サザンクロスフレイム]]([[リバイバル]])・[[エンペラーフレイム]]の効果を発揮し、ピーピング・手札補充・スピリット除去を駆使して[[駿太>茂上 駿太]]を追い詰めた。
-召喚口上は「深き地の底より来たれ、我がキースピリット!青き鎖を解き放て、煉獄の守護者!召喚、戌の十二神皇グリードッグ!!」
-【[[強奪]]】発揮時の口上は「噛み砕け、グリードッグ!」
-【[[強奪]]】発揮時には、最初のピーピングの際は雄叫びを上げて相手の手札をオープンさせ、[[マジック]]を破棄する際はそのカードを噛み砕き、最後に破棄した[[マジック]]の効果を発揮する際は、口からその[[マジック]]の効果を模した攻撃を放つという演出がなされている。

#clear
-テキスト関連
[[神皇]]/[[十冠]]


[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索