新生の竜騎士王

  • 投稿者:ところてん <atta37393>
  • 種別:診断求む
  • 投稿日:2021-04-21 (水) 14:20:53
  • 更新日:2021-04-27 (火) 22:40:25
  • 閲覧数:2,801
  • 評価数:2
  • コメント数:27 (禁止ユーザー含む)
  • お気に入り登録数:1

デッキの概要

 新弾で竜騎士に大幅なてこ入れが入りました。どうして最初からこれをやってくれなかったんだ……
 特にフィニッシャーのはずなのにイマイチ使いづらいソーディアスが、キャメロット・クィーンによってめちゃくちゃ使いやすくなったのは大きな追い風と言えるでしょう。
 そういうわけで、真・転醒編環境に向けた竜騎士デッキを組んでみました。

 今回はフィニッシャーに第二のソーディアス、ケーニヒを据え、ダブルシンボル×2+何かしら1点の布陣を築くことを目標としています。

4/23 更新
・キャメロット・ナイトX×3, 竜騎士専用ワイバーン×2, クリスタルクラックをパイオニア 吸血鬼アンジィ×3と紫の世界×3に変更
 ドローンアントの存在をうっかり忘れていました。仮に先行で張られても多少は手札を回せるように若干の改良を加えました。基本コンセプトに変化はありません。
 そもそも刃虫とは不利対面の節があるので、当たった時にどう対応すればいいのか模索中です。

4/25更新
クリスタルクラック×2, 竜騎士グロスマッド×3を抜き、リターンズドラグーン×2, 吸血伯爵エル・サルバトールに交換
 コメント欄で教えていただいたカードを投入。その他、闇騎士ラモラックを魔石の竜騎士ザクソンに、カクメイミラージュをガレット・レヴォに、そして天空の竜騎士スクライヴァーの投入を考えています。悩ましい。

4/26 更新
 紫の世界×3, 竜騎士ハイジリオン/竜騎士ハイジリオン-竜騎合身-を抜き、ガレット・レヴォ×3, 天空の竜騎士スクライヴァーと交換
 回していたところキャメロット・クィーンがなかなか落ちないことがあったので、早期にトラッシュに叩き込むための変更。また、ミラージュを引けない試合もあったので転醒できないこともあるハイジリオンを咄嗟の打点に変換できるスクライヴァーピン差しに変更。リターンズドラグーンで不意打ちキルできるのはなかなか強いです。


以下 採用理由を述べます

・竜騎士ソーディアス・ドラグーン/竜騎士王ソーディアス・ドラグーン・ケーニヒ
 まさかのソーディアス2枚目。転醒時に騎士をリアニメイトし、アタック時効果で除去もこなすダブルシンボルです。これまでは転醒条件が厳しいことがネックでしたが、キャメロット・クィーンの登場により大幅に緩和されました。
 比較対象は龍騎皇ドラゴニック・アーサー及び竜騎士皇帝グラン・ドラゴニック・アーサーです。前者は全体破壊が魅力ですが転醒したターンに勝負を決めるのが難しい点、後者はライフダメージを与える条件が非常に厳しい点から不採用になりました。

・キャメロット・クィーン
 ソーディアスの救世主です。ソーディアスの召喚に反応してトラッシュから出てくるため、可能な限り早くトラッシュに仕込みたいです。このカードが無いとソーディアスがまともに機能しないため3積み確定です。

・七英雄 竜騎士皇アヴァルケイン
 背景ストーリーでの立ち位置がよく分からん人です。竜騎士に強固な耐性を撒きつつ、自身も連続アタックが可能です。基本的にはケーニヒから釣り上げることを想定しています。
 対抗枠はケーニヒに疑似貫通効果を与える聖杯の闇騎士ギャラハッドですが、やはり耐性を付与できるのは強力なのでこちらを採用しました。

・竜騎士ハイジリオン/竜騎士ハイジリオン-竜騎合身-
 全竜騎士使いが待ち望んでいた、4コストで相手のスピリットに干渉しつつドローまで出来るという至れり尽くせりな1枚です。採用しない理由が見当たらないので3投しました。→ミラージュを減らした影響でたまに転醒できないことがあったので、出力強化を優先し2枚に。

・竜騎士ハルヴァーディス/竜騎士ハルヴァーディス-竜化絶晶-
 名前が格好いいです。トラッシュを肥やしつつミラージュを無料で配置する良カードです。ジャンヴァルジャンで踏み倒せないことだけが悔やまれますが仕方ないでしょう。表面の効果のみを目当てに採用しましたが、転醒すれば耐性持ち以外を確実に1体潰せるので無駄がありません。
 とはいえやはり5コストは重いので2枚に抑えました。

・竜騎士長ジャンヴァルジャン/飛電の竜騎士長ジャンヴァルジャン
 ご存知竜騎士のエンジンです。ほぼ全ての竜騎士をトラッシュや手札から踏み倒せます。このデッキではソーディアスを最優先で出していきます。
 純粋なアド製造機なので3投です。

・闇騎士ラモラック(RV)
 手札でだぶついた竜騎士およびキャメロット・クィーンを捨てつつ手札交換するナイスガイです。これまでの竜騎士ではこの役割は竜騎士ヘクゼットが担っていましたが、3コストは先行で投げられるのでこちらに切り替えました。キャメロット・クィーンを落とせるのも大きいです。
 一応、ドローンアント下においてもキャメロット・クィーンをトラッシュに送り込み、コアシュート出来るという最低限の役割は持てます。本当に最低限ですが……
 非常に優秀なので3投。キャメロット・ナイトを抜いた影響でパワーが落ちているのが悩みです。魔石の竜騎士ザクソンとチェンジすることを考え中。

・吸血伯爵エル・サルバトール
 防御用バーストです。竜騎士グロスマッドと入れ替えました。確かに冷静に考えると詰めの場面でも使えるこちらの方が優秀かもしれない。ケーニヒを出すだけで盤面を一気に4枚に出来るのは魅力的ですね。

・カクメイミラージュ ドラグーンドライブ
 ミラージュ2種です。基本的にドラグーンドライブを張りっぱなしで動くことを想定しています。十分にトラッシュが肥えて、コスト的に余裕がありそうならカクメイミラージュに張り替えます。
思ったよりカクメイミラージュが雑に強いです。

・絶甲氷盾(RV)
 ご存知防御マジック。コストが足りなくなりそうだったので白晶よりも優先しましたが、昨今はアタックステップを強制終了出来なくさせる効果も増えているので、白晶を優先するのも十分アリです。

・パイオニア 吸血鬼アンジィ
 ヴィーナ専用ゴッドシーカー紫ver。当初はミラージュを拾えないことに微妙な顔をしていましたが、ドローンアント下での貴重なドローソース付き生き物なのでやはり採用。ミラージュは拾えないとはいえ、スピリットは全て拾えます。
 ピックの最優先はジャンヴァルジャンで、逆にソーディアスやキャメロット・クィーンは絶対に拾いません。

・ガレット・レヴォ
 竜騎士の創界神にして主人公。竜騎士の悩みであるコアが足りない病を多少緩和してくれます。割られるのが怖いですが、キャメロット・クィーンをトラッシュに送るために早期にデッキを掘る必要があると判断し投入。
 強いのですが裏Xレアなのでめちゃくちゃ高いです。紫の世界と違って再録も望めない。手に入らない場合はヴィーナでもいい気がします。ただヴィーナは6色メタで死ぬことがあるので、初手に張ることはおすすめしません。ナギナミ、緑が見えたら余程デッキの回りが悪くない限り手札に死蔵しましょう。

・リターンズドラグーン
 イラストが格好いいことに定評がある1枚。これまでの竜騎士ではこいつを撃ったところでどうにもならない場面が多かったのですが、ケーニヒを釣り上げることで大幅にアドバンテージを回復することが出来ます。
 コメント欄でご指摘を受け、投入。盲点でした。

・天空の竜騎士スクライヴァー
 コメント欄でご指摘を受け、投入。
 踏み倒しで出すとライフ1点を奪うカード。地味に召喚時効果ではないのでジャンヴァルジャンから出しても行けます。強力ではあるのですが、手打ちするとほぼバニラになるのが困りどころです。出力を上げるためピン差し。

採用候補
・紫の世界/紫の悪魔神
 ご存知世界サイクルの一角。お値段がヤバいです、早く下がってくれ。
 こちらもドローンアント下でのドローソース。3コストで配置できるネクサスといえばやはりこれになります。
 デッキ掘りを優先したかったのでガレット・レヴォとチェンジ。

・竜騎士長ヴォルスティン/地雷の竜騎士長ヴォルスティン
 竜騎士長の片割れ。転醒スピリットをリアニメイトしつつアタックステップ終了を封じます。ドラゴニック・アーサーと相性抜群ですが今回はアーサーがいない点、そしてやはりコストが重い点を鑑みた末、デッキ全体のバランスを考えて不採用に。

・シーズグローリー/転醒槍ロンゴミニアス
 フィニッシュと防御を両方こなせる一枚。強力ですが枠が無かった。

・モーブ学園制服ガレット・レヴォ
 残念ながら論外です。重すぎる割にリアニメイト範囲があまりにも狭い。ソーディアスを釣れないってどうなんでしょう。

・デスアタラシクシア、デスタメント及び各種覇導
 ライフ減少をトリガーにする手札誘発。前述したようにアタックステップ終了の信頼性が揺らいでいる今、防御札をこちらに以降するのも手だと思っています。こればっかりは好みの問題と環境見ないと分かりませんね。

・キャメロット・ナイトX
 ドローンアント下だとバニラと化すことをすっかり忘れていました。涙が止まらない。
 とはいえキャメロットが無いとラモラックの出力が落ちるので、どうにかキャメロット・ビショップ(コスト3)とか出ないものでしょうか。

・竜騎士専用ワイバーン/竜騎士ヴァルジード
 石ころを過去にした有能ブレイヴ。とはいえやっぱり基本的に出しているヒマがないなあと感じたので、ドローソースとチェンジに。
 リターンズドラグーンを入れたので欲しくなってきた1枚。

・宇宙大海晶ヴァルダルム
 紫のミラージュに反応して3ドロー1捨てした末に、アタック時にザッパーをぶっ放す怪物を出す強力バースト。
 手札でだぶついた時に手打ちできないのがマイナスポイントです。多分宇宙海賊の方が有効活用できると思います。

・導きの少女ヴィーナ
 起幻の相棒。僅か1コストでデッキを掘りつつ配置できるシンボル、という要素は非常に魅力的ですが、ミラージュのせいでデッキ内の起幻比率が低下しており、本デッキでは神託の確実性が若干低くなっています。初手で張るとライウンコマイヌで死亡することがあるので怖いですね。ジュモクマシラはまあまあ何とかなりそう。
 また、回復効果に関してもケーニヒは自前で2回攻撃できるので使い道はあまりなさそうです。そもそもそんな大量のコアが貯まるまで生かして貰えるのかどうか……
 ガレットの代用としてデッキ掘り目的での採用はありかもしれないです。

・竜騎士アンブローズ/創界神マーリン
 コメント欄でご指摘を受けたので追記。
 まず転醒がアタックステップ中にしか出来ないのに、目玉の神技がアタックステップ開始時にしか使えないという何とも言えない1枚。仕事をする前に割られそうです。
 そうなるとアンブローズのブロック妨害効果による詰め要員、転醒時の神託を活かしたトラッシュ肥やし要員としての採用になるかと思いますが、前者がフィニッシュ時以外はそれほど有効な効果とは言えず、後者を併用することを考えても、同様のコストで状況を問わずアドバンテージを稼げる竜騎士ハイジリオンがいることを考えると、その枠を押しのけてまで積極的に採用するカードではないかなと言った感じです。
(表面の効果についてカクメイミラージュとほぼ同等と記載していましたが、黄昏のキャメロット城(RV)と混同していました。より正確には黄昏のキャメロット城(RV)の強化型となります。申し訳ないです)

・蛇皇龍ガルメジャード
 コメント欄でご指摘を受けたので追記。以前の型の竜騎士デッキで使用していましたが、思ったより手札で腐りまくります。何よりだぶついた時に捨てる手段が皆無であり、手打ちも無理があるのが難点です。竜騎士サポートに引っかからないのもマイナス。
総じて実際に使ってみた感覚では思ったより小回りが効かない大味な性能をしており、竜騎士にタッチするというよりかは紫起幻において積極的にサルベージしたい感じのカードだなと思っています。

以上、アドバイス等よろしくお願いいたします。

デッキのキーになるカード

SD59-TX01竜騎士ソーディアス・ドラグーン/竜騎士王ソーディアス・ドラグーン・ケーニヒ
SD59-001キャメロット・クイーン

カード一覧


該当カード数:40 枚  [ 全て閉じる ][ 全ての詳細を確認する ]    並び順:

  • スピリット (26枚)

  • BS52-019吸血伯爵エル・サルバトール 3枚 [紫]
    • スピリット
      8(4)/紫/起幻・夜族
      <1>Lv1 7000 <3>Lv2 13000
      セットしているこのカードは、自分のカウントが増えたとき1以上なら、バースト条件を無視して発動できる。
      【バースト:相手の『このスピリットの召喚/煌臨時』発揮後】
      相手のスピリットのコア2個をトラッシュに置く。
      さらに、自分のカウント2以上のとき、相手のスピリットのコア2個をトラッシュに置く。
      この効果発揮後、このカードをコストを支払わずに召喚する。
      シンボル:紫

  • BS53-014パイオニア 吸血鬼アンジィ 3枚 [紫]
    • スピリット
      3(2)/紫/起幻・夜族
      <1>Lv1 3000 <2>Lv2 4000
      Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
      自分のデッキを上から3枚オープンできる。
      その中のカード名:「導きの少女ヴィーナ」1枚と、カード名に「パイオニア」を含まない、系統:「起幻」を持つ紫のカード1枚を手札に加える。
      残ったカードは破棄する。
      Lv2
      相手の創界神ネクサスすべてのシンボルを0にする。
      シンボル:紫

  • BS54-016竜騎士長ジャンヴァルジャン/飛電の竜騎士長ジャンヴァルジャン 3枚 転醒R [紫]
    • ■竜騎士長ジャンヴァルジャン
      スピリット
      5(3)/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000 <5>Lv3 11000
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
      自分はデッキから2枚ドローする。
      Lv2・Lv3《転醒:自分のカウント3以下(転醒は同時に使えない)》
      このスピリットがアタックしたとき、自分のライフが4以上か、相手のライフが4以下なら、このスピリットを裏返せる。
      Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      ターンに1回、自分のトラッシュの[ソウルコア]以外のコア1個をライフに置ける。
      シンボル:紫

      ■飛電の竜騎士長ジャンヴァルジャン
      スピリット
      7()/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 6000 <3>Lv2 10000 <5>Lv3 14000
      この面に裏返ったとき、フィールドに残り、カウント+1する(ボイドからコア1個を自分のカウントエリアに置く)
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの転醒時』
      自分の手札/トラッシュにある、コスト5以外のカード名に「竜騎士」を含むスピリットカード2枚までを、コストを支払わずに召喚できる。
      ただし、『このスピリットの召喚時』効果は発揮されない。
      その後、自分のアタックステップなら、この効果で召喚したスピリット1体につき、相手のフィールドのコア1個をトラッシュに置く。
      シンボル:紫

  • BS54-018天空の竜騎士スクライヴァー 1枚 M [紫]
    • スピリット
      6(3)/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 5000 <3>Lv2 9000 <5>Lv3 12000
      手札/トラッシュにあるこのカードが自分の紫の効果で召喚されたとき、自分のアタックステップなら、相手のライフのコア1個をリザーブに置く。
      この効果はターンに1回しか使えない。
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚/アタック時』
      自分はデッキから1枚ドローできる。
      その後、疲労状態の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊できる。
      Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      相手のスピリット/アルティメットのコア1個をトラッシュに置く。
      シンボル:紫

  • BS55-X03五英雄 竜騎士皇アヴァルケイン 3枚 X [紫]
    • スピリット
      7(4)/紫/起幻・醒皇・魔影
      <1>Lv1 6000 <3>Lv2 13000 <5>Lv3 16000
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚/アタック時』
      ターンに1回、相手のフィールドのコア2個をトラッシュに置ける。
      自分のカウント2以上のとき、この効果は相手の効果では防げない。
      Lv1・Lv2・Lv3『自分のターン』
      カード名に「竜騎士」を含む自分のスピリットすべては、相手のスピリット/ネクサスの効果を受けない。
      Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      自分のカウント5以下のとき、カード名に「竜騎士」を含む自分の転醒前スピリット1体を裏返すことで、このスピリットは回復する。
      シンボル:紫

  • BS56-014竜騎士ハイジリオン/竜騎士ハイジリオン -竜合騎身- 2枚 転醒R [紫]
    • ■竜騎士ハイジリオン
      スピリット
      4(2)/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000 <4>Lv3 7000
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      相手のスピリット/アルティメットのコア1個をリザーブに置ける。
      自分のカードをセットしているとき、この効果でリザーブに置くコアを+1個する。
      Lv2・Lv3《転醒:自分のカウント3以下(転醒は同時に使えない)》
      このスピリットがアタックしたとき、自分の紫のミラージュをセットしていれば、このスピリットを裏返せる。
      シンボル:紫

      ■竜騎士ハイジリオン -竜合騎身-
      スピリット
      6()/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 5000 <2>Lv2 7000 <4>Lv3 10000
      この面に裏返ったとき、フィールドに残り、カウント+1する(ボイドからコア1個を自分のカウントエリアに置く)
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの転醒時』
      このスピリットは回復する。
      その後、自分はデッキから2枚ドローする。
      Lv2・Lv3:フラッシュ『自分のアタックステップ』
      ターンに1回、自分か相手のスピリット/アルティメット1体を疲労できる。
      そうしたとき、相手のスピリット/アルティメットのコア2個をリザーブに置く。
      シンボル:紫

  • SD59-001キャメロット・クイーン 3枚 M [紫]
    • スピリット
      5(3)/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 4000 <2>Lv2 8000
      トラッシュにあるこのカードは、カード名に「ソーディアス・ドラグーン」を含む自分のスピリットが召喚されたとき、コストを支払わずに召喚できる。
      この効果はターンに1回しか使えない。
      Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
      自分のカウント5以下のとき、自分のカード名:「竜騎士ソーディアス・ドラグーン」すべては、アタックしたとき裏返せる。
      Lv2『自分のアタックステップ開始時』
      自分のミラージュをセットしているとき、自分はデッキから2枚ドローする。
      この効果はターンに1回しか使えない。
      シンボル:紫

  • SD59-002竜騎士ハルヴァーディス/竜騎士ハルヴァーディス -竜化絶晶- 2枚 転醒R [紫]
    • ■竜騎士ハルヴァーディス
      スピリット
      5(3)/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 5000 <2>Lv2 7000 <5>Lv3 10000
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      ターンに1回、自分のデッキを上から3枚破棄できる。
      その後、自分のトラッシュにあるバースト効果/ミラージュ効果を持つ紫1色のカード1枚を、手札に戻すか、セットできる。
      Lv2・Lv3《転醒:自分のカウント3以下(転醒は同時に使えない)》
      このスピリットがアタックしたとき、自分のカードをセットしていれば、このスピリットを裏返せる。
      シンボル:紫

      ■竜騎士ハルヴァーディス -竜化絶晶-
      スピリット
      7()/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 7000 <2>Lv2 9000 <5>Lv3 12000
      この面に裏返ったとき、フィールドに残り、カウント+1する(ボイドからコア1個を自分のカウントエリアに置く)
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの転醒時』
      このスピリットは回復できる。
      その後、相手のスピリット1体のコアを、1個になるようにリザーブに置ける。
      Lv2・Lv3:フラッシュ『自分のアタックステップ』
      ターンに1回、相手のスピリット1体のコア2個をリザーブに置ける。
      この効果で消滅したとき、相手のライフのコア1個をリザーブに置く。
      シンボル:紫

  • SD59-RV002闇騎士ラモラック 3枚 [紫]
    • スピリット
      3(1)/紫/起幻・魔影
      <1>Lv1 2000 <3>Lv2 3000
      Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
      自分の手札にあるカード名に「騎士」/「キャメロット」を含む紫のカード1枚ずつを破棄できる。
      この効果で破棄したカード1枚につき、自分はデッキから1枚ドローする。
      Lv2『このスピリットのアタック時』
      相手のスピリット1体のコア1個をリザーブに置く。
      自分のカードをセットしているとき、この効果でリザーブに置くコアを+1個する。
      シンボル:紫

  • SD59-TX01竜騎士ソーディアス・ドラグーン/竜騎士王ソーディアス・ドラグーン・ケーニヒ 3枚 転醒X [紫]
    • ■竜騎士ソーディアス・ドラグーン
      スピリット
      6(3)/紫/起幻・魔影・竜人
      <1>Lv1 5000 <3>Lv2 7000 <5>Lv3 12000
      Lv1・Lv2・Lv3《転醒:自分のカウント5以下(転醒は同時に使えない)》
      このスピリットがコア2個以上の相手のスピリットにブロックされたとき、このスピリットを裏返せる。
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      コア2個以上の相手のスピリット1体を指定してアタックできる。
      Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      自分のカウント2以上のとき、相手のスピリットのコア2個をトラッシュに置き、消滅したら、相手のライフのコア1個をトラッシュに置く。
      シンボル:紫

      ■竜騎士王ソーディアス・ドラグーン・ケーニヒ
      スピリット
      8()/紫/起幻・魔影・死竜
      <1>Lv1 8000 <3>Lv2 12000 <5>Lv3 17000
      この面に裏返ったとき、フィールドに残り、カウント+1する(ボイドからコア1個を自分のカウントエリアに置く)
      Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの転醒時』
      このスピリットは回復できる。
      その後、自分のトラッシュにある、転醒カード以外のカード名に「騎士」を含む紫のカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
      Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
      コア3個以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
      自分のカウント3以上のとき、かわりに、コア5個以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
      シンボル:紫紫

  •  
  • ネクサス (6枚)

  • PX20-04ガレット・レヴォ 3枚 PX [紫]
    • ネクサス
      3(2)/紫/創界神・起幻
      <0>Lv1 <3>Lv2
      このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
      このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
      《神託》〔紫&起幻&コスト3以上〕
      ◆対象の自分のスピリットを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置ける。
      ◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
      その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
      【神域】Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
      自分が転醒スピリットカードを召喚するとき、その軽減シンボル[紫]2つを満たす。
      この効果は重複しない。
      【神域】Lv2『自分のアタックステップ』
      自分の転醒前スピリットが転醒したとき、このネクサスのコア3個をボイドに置くことで、自分のトラッシュの[ソウルコア]以外のコア3個までを、その転醒後スピリットに置く。
      シンボル:なし

  • SD59-005カクメイミラージュ 3枚 [紫]
    • ネクサス
      3(1)/紫
      <0>Lv1
      【ミラージュ:コスト4(3)(このカードは手札からセットできる)】
      【セット中】『自分のアタックステップ』
      相手のコアがリザーブに置かれたとき、カード名に「竜騎士」/「闇騎士」/「龍騎皇」を含むコスト6以上の自分のスピリット1体を回復できる。
      この効果はターンに1回しか使えない。
      Lv1『このネクサスの配置時』
      自分はデッキから1枚ドローする。
      Lv1
      このネクサスは、相手の効果でフィールドを離れるとき、自分のミラージュ1つを破棄することで、コストを支払わずにセットする。
      シンボル:紫

  •  
  • マジック (8枚)

  • BS54-069リターンズドラグーン 2枚 [紫]
    • マジック
      5(3)/紫
      このカードは系統:「起幻」を持つ。
      フラッシュ:
      自分のトラッシュにあるカード名に「竜騎士」を含むコスト7以下のカード1枚を、コストを支払わずに召喚する。
      その後、自分のブレイヴ1つを、そのスピリットに合体できる。

  • SD56-RV009絶甲氷盾 3枚 [白]
    • マジック
      4(2)/白
      トラッシュにあるこのカードは、一切の効果を受けない。
      手札にあるこのカードは、相手の効果を受けず、相手によって自分のライフが減ったとき、コストを支払わずに使用できる。
      【バースト:自分のライフ減少後】
      ボイドからコア1個を自分のライフに置く。
      その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
      フラッシュ:
      このバトルが終了したとき、アタックステップを終了する。

  • SD59-007ドラグーンドライブ 3枚 [紫]
    • マジック
      5(3)/紫
      【ミラージュ:コスト2(1)(このカードは手札からセットできる)】
      【セット中】
      カード名に「騎士」を含む自分の紫のスピリットが手札から召喚されたとき、自分は手札1枚を破棄できる。
      そうしたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
      フラッシュ:
      相手のフィールドのコア2個をリザーブに置く。


デッキ解析

負荷軽減のため、ログインした場合のみ表示できます。

更新履歴


コメント

  • -- ロック色<2059588934> 2021-04-22 (木) 09:25:24
  • 良い作品です。でもジャンヴァルジャンの轉醒時はハルヴァーディスを召喚できないよて組み合わせて手牌事故率か上がる。その件に何かの解決方法がありますか。 -- ロック色<2059588934> 2021-04-22 (木) 09:25:32
  • ありがとうございます。ジャンヴァルジャンでハルヴァーディスを踏み倒せない問題については、残念ながら諦めるしかないと思います。ただ、ドロー加速を大量に積んでいる以上「手札にもトラッシュにもジャンヴァルジャンの踏み倒し先がいない」という事態はそうそう起こらないと考えています。 -- ところてん<2070335759> 2021-04-22 (木) 10:16:09
  • 序盤に大量ドローで危机回避ですね。分かりました,ありがとうございます。 -- ロック色<2059588934> 2021-04-22 (木) 11:43:15
  • 素晴らしくて参考にさせていただきました。アンブローズ/マーリンについての見解もお聞きしたいです。 -- ニュキッ<2013736809> 2021-04-22 (木) 14:13:31
  • ありがとうございます。アンブローズについてはまず転醒タイミングとマーリンの目玉である1つ目の神技のタイミングが噛み合っておらず、相手ターンを通すのでそちらの効果を目当てに採用するのは厳しいと考えています。そうなると表面の詰め効果、そして転醒時のトラッシュ肥やしを目的に採用することになりますが、前者についてはカクメイミラージュがほぼ同等の効果を持ち、後者についてもハルヴァーディスの方が遥かに優秀なため採用する意義は薄いと感じました。 -- ところてん<2070335759> 2021-04-22 (木) 19:36:21
  • アンブローズの効果とカクメイミラージュのミラージュ効果がほぼ同様という話ですが、どこが同様なのでしょうか?ブロックさせない効果と回復する効果は別物のように思えますが… -- <602883110> 2021-04-22 (木) 22:45:44
  • 失礼しました、黄昏のキャメロット城と混同していました。修正しておきます。それを踏まえて再度表面について評価しますと、フィニッシュ時にしか仕事をしてくれないのであまり積極的に採用したい効果ではないなと感じています -- ところてん<2070335759> 2021-04-23 (金) 00:02:42
  • キャバルリースラッシュの採用は無しですかね? -- <464094923> 2021-04-24 (土) 03:32:10
  • キャバルリースラッシュも絶甲と併用したくはあるのですが、ここから抜くとなるとデッキの回転を上げるカードかフィニッシャーから枠を取ることになるので、デッキ全体の動きを阻害してしまうのが怖いんですよね。ただアンジィでも拾えるのは非常に便利なので、絶甲と入れ替えるのは十分手だと思っています。ただ重装甲なんかを全員にばら撒くタイプのデッキ相手だと完全に腐るので、今回は汎用性を重視して絶甲にしました -- <2070335759> 2021-04-24 (土) 11:28:05
  • バースト枠をエルサルバトールにしたほうがいいですよ。攻めに強いので -- ベクター<746061127> 2021-04-24 (土) 22:23:07
  • 3コストがアンジィしかいないのでキャメロットナイトXは必ず3枚採用したほうがいいと思います。ドローの効率を上げたければガルメジャードの採用もいいと思います -- ベクター<746061127> 2021-04-24 (土) 22:38:28
  • 3コスト枠はラモラックを同時に採用しています。キャメロット・ナイトに関しては採用候補の項にある通り召喚時メタを出されると何も出来なくなるのが嫌で抜きました。ガルメジャードも同様です。エルサルバトールは確かに自ターンで撃てるのは強力ですが、それだとコアシュートがやや過剰気味になるかなと思い指定アタックを優先しました。グロスマッドならケーニヒで釣れるのでそういう意味でも便利だなと思いました。 -- ところてん<2070335759> 2021-04-24 (土) 22:42:16
  • アドバイスを頂けるのは嬉しいのですが、一応採用理由とか調整理由などもほぼ全て書いているので、一度概要に目を通していただけたらな、と思います -- ところてん<2070335759> 2021-04-24 (土) 22:44:15
  • 私はヘクゼットやスクライヴァーなどのライフ貫通持ちを採用しても良いと思うんぬ。ヘクゼットはお膳立てが必要だけど、スクライヴァーに関しては臨機応変に飛ばしてくれるんぬ。交換先は世界やドライブあたりかな。 -- 私はネコ<533915223> 2021-04-25 (日) 03:16:19
  • あとは今は抜けているけどザクソンもアンジィと併用して6枚体制にしても良いんぬねえ。 -- 私はネコ<533915223> 2021-04-25 (日) 03:19:14
  • いろいろ実験してみたので意見の交流ということで報告します。まずリターンズオブドラグーンの採用価値が上がったと感じてます。特にマジックの撃ち合いになるミラーだとケーニヒを釣り出して一枚で盤面全部を再構成できるのはかなり魅力的だと思いました。アンジィで拾えるのもえらい。専用ワイバーンまで釣れるのも奇襲になる。残念ながら守り札にならないことが多いので入れても2が限界かと。キャメナイトXを抜いた結果ラモラックが若干弱めになってると思いますが解決策はまだ思い付きません。腐ったらドラグーンドライブで捨てるしかないですね。バースト枠ですが、対刃虫、宇宙海賊、ミラーにおいて指定アタックの出番がなかった上、エルサルの火力が欲しいと思った場面が多々あったので自分はエルサルを推したいです。自分は紫世界の代わりに旧ガレットを採用してますが、純粋な創界神メタの採用率が低い現在では起幻を持ってるガレットがやられる心配はないかと感じました。デッキのエンジンに入ってるものでついでにかのように本当にやられたとしてもトラッシュ肥やしにはなったので割と動き続けられました。以上ご参考まで。 -- ニュキッ<2013736809> 2021-04-25 (日) 03:28:29
  • -- 私はネコ<533915223> 2021-04-25 (日) 03:40:47
  • >私はネコさん ありがとうございます、スクライヴァ―は盲点でした、やはり旧竜騎士に囚われている……ケーニヒのおかげでサルベージが強くなったことも想定して組むべきですね。ザクソンもドロー封じに引っかからないので良さそうです。参考に致します! -- ところてん<2070335759> 2021-04-25 (日) 11:37:32
  • >ニュキッさん そうですね、リターンズドラグーンは確かに相当良さそうです。エルサルはそうですね、確かにそっちの方がいいかなあという場面もかなりあったのでどうしようか悩んでいます。旧ガレットについては確かに創界神割りのカードこそ多いですが実際に投入されているのは少数ですもんね、どこから枠を取るのか悩ましいですが検討したいです。ありがとうございます! -- ところてん<2070335759> 2021-04-25 (日) 11:41:29
  • 個人的にハルヴァーディスは使っててあまり強みを感じなかったのでヴォルスティンに変えてもいいんじゃないかと思いました。やはり単純に氷盾や氷刃を封じながらアーサーやらジャンヴァルジャンやらを踏み倒して大量打点用意できるのは強かったです。 -- <503169716> 2021-04-25 (日) 15:54:57
  • ハルヴァーディス→ヴォルスティンは薄々自分もそうなんじゃないかとは思ってはいました。採用してない理由としてはドラグーンドライブを探し出すのを優先したいのと、ものすごく個人的な話なのですが、ヴォルスティンと妙に右腕の相性が悪くびっくりするくらい実戦で引けないんですよね……仲直りできたら変えたいと思います -- ところてん<2070335759> 2021-04-25 (日) 21:42:12
  • ハルヴァーディスとヴォルスティンについて、ハルヴァーディスはエルサルを強引にこじ開けることでとんでも盤面火力に化けます。エルサルとファラオをはじめに召喚時バーストは警戒されがちなので、これでエルサルが腐りにくいと思い、続投で大丈夫と考えてます。(実際ミラーでこれにやられてなす術なく散りました。)ヴォルスティンも正直ほしいですが、デッキ主の言う通りコストが重く、2枚が限界かと。その2枠をどう空けるかというと、ハイジリオンを削るのをおすすめします。ミラージュが6枚で、さらに削るのをお考えされている中では、ハイジリオンが転醒できない場面も増えてきます。もうひとつの選択肢はエルサルとクイーンを1枚ずつ削ることです。デッキの回転率的に+ハルヴァーディス続投ならこの数も大丈夫かと。 -- <764542539> 2021-04-26 (月) 16:41:14
  • 意外にカクメイミラージュが役に立つことが判明したので、これ以上ミラージュ減らすことは無いかなーと思っています。ヴォルスティン入れたいのはやまやまなんですが、頂いたご意見で調整するとデッキ全体が重コストに寄るので自分だとちょっと回し切れないかもしれないっすね……でも欲しいのは確かなので非常に難しいです。クィーンとハイジリオン1枚ずつ削るのはアリかもしれないのでちょっと調整します -- ところてん<2070335759> 2021-04-26 (月) 19:27:51
  • ヴォルスティンはクィーンとアヴァルケイン一枚ずつ抜いてもいいかもしれません -- ベクター<746061127> 2021-04-29 (木) 21:16:05
  • 初心者の質問なので見落としがあるといけないのですが(シナジーなど)、サクソンではなくパンシィを入れるんですね。私は竜騎士名称でそちらの方が強いのかなと思っていたので、教えていただけると嬉しいです -- <73007046> 2021-04-29 (木) 22:29:55
  • ザクソンだと闇騎士ラモラック、ガレット・レヴォが拾えません。これらのカードはデッキの動き的に拾えないのは非常に苦しいです。竜騎士名称についてもアタッカーではないのでほぼメリットになりません。ついでに言えばアンジィはレベル2から創界神のシンボルを0にするメタ効果を発揮しますが、ザクソンはこのデッキでは特にそういうこともありません。以上の理由からアンジィを優先しています -- ところてん<2070335759> 2021-04-29 (木) 22:50:32






[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索