**&ruby(らいそく){雷速};の&ruby(しんおう){神皇};ゲイル・フェニックス・&ruby(ヴォルテック){V}; [#udc538ce]
 スピリット
 7(3)/緑/神皇・爪鳥
 <1>Lv1 10000 <3>Lv2 15000
 フラッシュ《煌臨:緑&コスト5以上》『お互いのアタックステップ』
 自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
 手札にあるこのスピリットカードは、系統:「爪鳥」を持つ自分のスピリットがアタックしたとき、
 そのスピリットに《煌臨》で重ねられる。
 Lv2:フラッシュ【煌飛翔】『このスピリットのアタック時』
 2コスト支払うことで、このスピリットは回復する。
 そうしたとき、相手のスピリット1体を疲労させる。
 シンボル:緑
 
 イラスト:安達洋介
 
 フレーバーテキスト:
 速い! いつ煌臨したのかもわからないぐらいに!!

#refcard
[[煌臨編 第4章:選バレシ者]]で登場した[[緑]]の[[スピリット]]。

フラッシュ前に煌臨できる強みはあるが、そもそもこのスピリットの煌臨元を確保するまでが遅くなりがち。
Lv2からの効果は自身を対象にした疑似[[ストームアタック]]の【[[煌飛翔]]】が目玉。
だが、自由度はかなり低い。

Lv2からの効果は自身を対象にした疑似[[ストームアタック]]の【[[煌飛翔]]】。
回復効果にコアの数以外の回数制限はなく、[[鳥獣魔神]]と合体すれば、相手に防御手段が無ければそのままフィニッシュまで持ち込める可能性もある。
まず、回復状態でなければ発揮しない効果であるということ。
1アタックにつき、事実上1回であり2体以上疲労させることができない。
序盤で除去したい対象が複数いる場合、一気に詰めに行くことが難しいという欠点がある。

これらの効果から、速攻で強さを発揮するスピリットであり、早期の[[煌臨]]を狙いたい。
次にコストを支払わなければ発動しない効果であるということ。
速攻で決めたい場合、いかな緑であっても序盤であるため十分にコアを確保できていない。

また、回復効果を使ったとしても、ハンドアドバンテージの損失がない点は[[ストームアタック]]には無い強みなので、粘り強く連続アタックで圧力をかけていきたい。
単純に回復効果と多シンボルでのアタックのみであれば、それは回復効果を持った
4コストスピリットに多シンボルのスピリットを煌臨させれば、ソウルコア以外のコストを支払わずともできる話であり、このスピリットに求める話ではない。

フラッシュ前に煌臨できる強みはあるが、そもそもこのスピリットの煌臨元を確保し、連続アタックに入るまでが準備を整えるまでの速度が遅い。
裏を返せば、前述の理由もあって速攻には向かないということである。


このスピリットの強みは、アタック前に煌臨することでBPを底上げし、[[煌星第一使徒アスガルディア]]などのフラッシュによる除去を回避できること。
加えて、回復効果にコア以外の回数制限がないことを生かして、ハンドの損失無く詰めにいける点である。

アタック時にコアを増やし、さらに疲労までできる[[鳥獣魔神]]との相性は最高。
当然[[超・風魔神]]の[[ダブルドライブ]]を生かせれば最高だが、[[選ばれし探索者アレックス]]など、神皇編当時と比べて回避手段も増えているため過信は禁物。

ハンドアドバンテージの損失がない点は[[ストームアタック]]には無い強みであり、ハンドの増強に乏しい緑においては強みになる。粘り強く連続アタックで圧力をかけていきたい。

***収録 [#e757998a]
[[煌臨編 第4章:選バレシ者]] <M>

#clear
-テキスト関連
[[爪鳥]]

***サイクル [#q20f97af]
#include(サイクル:SD37-X01同型,notitle)




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索