降魔明王(ごうまみょうおう)

スピリット
5(3)/青/起導者・家臣・闘神
<1>Lv1 5000 <2>Lv2 6000 <10>Lv3 20000
Lv1・Lv2・Lv3
お互いのトラッシュにあるカードすべては、この効果以外の一切の効果を受けず、その効果を使えない。
Lv2・Lv3【起導:全色】『このスピリットのアタック時』
このスピリットの[ソウルコア]を自分のトラッシュに置くことで、自分のSバースト1つをただちに発動させる。
そのバースト発動後、相手の手札が5枚以上のとき、相手の手札すべてを破棄することで、相手はデッキから2枚ドローする。
シンボル:青

イラスト:田口順子

フレーバーテキスト:
厳陀羅の仲裁もむなしく、六天軍派は戦を望んだ。

  • 降魔明王BS34-055
    烈火伝 第4章
  • 降魔明王BS34-055
    オールキラブースター【烈火伝承】
Image of


カード番号:BS34-055  

烈火伝 第4章で登場したスピリット

ワンコマに悩まされてきた【デッキアウト】待望のトラッシュ封じを持つ中型闘神
ただし、自身はデッキ破棄効果を持たないため、同デッキに採用する場合には安易に3積みはできない。
また、この効果は自分も対象で、青の【起導】デッキの定番である鉄拳明王との相性は悪い。

起導】の付随効果はグリードサンダー同様の強制手札交換。
一連の効果ではあるが【起導】の処理とは分けて行われるため、バーストの解決が終わったあとLvが下がっていると発揮しない(Q&A3)。
エメラルドの海に散らばる島々でさらに手札を減らせるほか、忍の森の一本杉で連続アタックができるなど、緑のカードにも相性がいいものが多く様々な動きが可能。

トラッシュを利用するカードとは噛み合わないものの、相手の手札枚数を縛れるのは大きく、青の【起導】デッキにおける採用優先度は高い。

後にネクサスでトラッシュを封じられる巨顔石の森が登場した。

収録

烈火伝 第4章 <M>
オールキラブースター【烈火伝承】 <M>

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS34] 烈火伝 第4章 (BS34-055) ブロックアイコン:<2> 2016年01月30日
[BSC30] オールキラブースター【烈火伝承】 (BS34-055) ブロックアイコン:<4> 2017年12月16日

公式Q&A


■■BS34-055■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で、相手は、【不死】を使えなくなる?
A1.はい、使えなくなります。

Q2.【起導】の効果がよくわからないんだけど?
A2.→カードの効果 汎用編 【起導】編 を参照

Q3.このスピリットが【起導】してLv1になったら、【起導】に書かれた、そのバースト発動後の効果は発揮するの?
A3.いいえ、発揮しません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS34-055




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-23 (土) 23:45:08
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索