(れつ)覇王(はおう)セイリュービ/The RetsuHero Seiryubi

スピリット(禁止カード)
7(2)/緑/覇皇・華兵
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 10000 <6>Lv3 14000
【バースト:自分のライフ減少後】
自分のライフが3以下のとき、このスピリットカードを召喚する。
フラッシュ【烈神速】『お互いのアタックステップ』
自分のトラッシュのコアが5個以上のとき、
自分のトラッシュのコアすべてを自分のフィールド/リザーブに好きなように置くことで、
手札にあるこのスピリットカードを、コストを支払わずに召喚する。
シンボル:緑

コンセプト:寺島慎也
イラスト:藤井英俊

フレーバーテキスト:
決断から実行まで、その迅速さは圧倒的だった。

  • 烈の覇王セイリュービBS16-X03
    覇王編 第3弾:爆烈の覇道
Image of


カード番号:BS16-X03  

覇王編 第3弾:爆烈の覇道で登場したスピリット

バトスピ界屈指の壊れ性能であるキーワード能力烈神速】を持つ。
同じくフラッシュタイミングでトラッシュからコアを回収出来るネイチャーフォースグレートリンク(現在は共に禁止)等とは異なり、コアの振り分けが自分のフィールド全体及びリザーブに自由に行える上に、おまけに大型スピリットまで付いてくる。
自分のトラッシュにコアが5個以上あれば、デッキの色を問わずに、自分の場が更地の状態であっても使用出来るという、そのハイスペックぶりは最早理解不能レベルである。

一応覇皇なので、セオリー通り【バースト】も所有しているが、【烈神速】の存在に加え、バースト召喚以外の効果が無いので、使われる事は殆ど無い。
しかし、これには【バースト】持ち支援の対象になれるというメリットがあり、特に、爆烈十紋刃(リバイバル前)は、トラッシュに落ちたこのカードを回収しつつ、無軽減で使えば【烈神速】の準備も即座に整う事から、その相性は抜群である。

強いて難点を上げるとすれば、ノーコスト召喚メタの影響を受ける事と、フィールドで発揮する効果を一切持たない点ぐらいだろう。
しかし、後者に関しては、自身のBPが当時としてはコスト相応であり、ノーコスト召喚可能なスピリットとしては十分なスペックだった事から、そこまで大きく取り上げる様な問題でも無かった。
同時期に高い採用率を誇っていた龍の覇王ジーク・ヤマト・フリードとのBP比べは、覇王編環境を象徴する光景だったとも言える。

蜂王フォン・ニードのLv2アタック時効果でトラッシュに置いたコアを【烈神速】で回収し、回収したコアで蜂王フォン・ニードの効果を再度発揮して連続アタックを決める【蜂リュービ】デッキは、覇王編当時の環境トップのひとつとして君臨していた。
しかし、蜂王フォン・ニードが大会の商品としてのみ入手可能な所謂"裏Xレア"だった事もあり、かつての獅龍王レオン・ハウル凶龍爆神ガンディノスと同じく、ユーザー同士の格差を広げる要因にもなった。
また、剣刃編環境においても、黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ森羅龍樹リーフ・シードラを中心とした【蜂シードラ】と呼ばれるデッキのコア回収要員として、相も変わらず猛威を振るい続けていた。

烈神速】によって、かつてのイビルオーラの様に大量のコアを簡単に使い回す事が可能であり、さらに、その性質上あらゆるデッキに投入する事が出来た。
上記の爆烈十紋刃の採用率上昇を筆頭に、とにかく"コア5個を自分のトラッシュに置く"事が最重要視される様になり、「デッキ以外でもフォースドロー騎士王蛇ペンドラゴンが優先的に採用される」といった事態も発生。
バトルスピリッツの概念たるコア運用を完全に無視した、一種の"ルール破壊"とも言えるこのカードは、もはや「入れない理由が無い」とまで言われる程に当時の環境を斡旋していた。
この暴れ様は流石に擁護されず、2012年9月1日に究極1(現制限<1>)カードに指定されるも、必須カードであるという状況は変わらずデッキの多様性を狭め続けた事から、続く2013年3月23日に伝説(現禁止)カードとなった。
後に登場したソウルコアも【烈神速】で簡単に使い回せる事や、【ゼロカウンター】でも【烈神速】によるコア回収は妨害出来ない事から、この先の禁止解除に関しても絶望的な状況であると言える。

トラッシュからコアを大量に回収する事が可能なスピリットとしては、後年にも、超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)やインペリアルドラモン パラディンモードを筆頭に複数登場しているが、このカードの二の舞になる事を防ぐ為か、ターンに1回等の使用回数制限が設けられていたり、特定のカテゴリ以外での採用を妨げる制約があったりと、所謂"必須カード"にはさせない為の工夫がなされている。

イビルオーラ大天使ミカファールにも並ぶ、バトスピ界屈指の問題児である。

収録

覇王編 第3弾:爆烈の覇道 <X>

アニメにおいて

『覇王』にて登場。
泉・ローラースルーじゅん子のキースピリットであり、主体のデッキを使用するノラ・ニャオも、キースピリットとして使用している。
両者とも主に【烈神速】で召喚しているが、ノラ・ニャオvsベツバラ・デザート戦では、必要なコアを確保出来ずに【バースト】で召喚された。

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS16] 覇王編 第3弾:爆烈の覇道  2012年03月09日

公式Q&A


■■BS16-X03■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.「バースト」ってなに?
A1.→カードの効果 汎用編 バースト編 を参照

Q2.【烈神速】の効果がよくわからないんだけど?
A2.フラッシュタイミングで、コストを支払うのではなく、自分の「トラッシュ」のコア5個以上を自分の「フィールド」/「リザーブ」に置くことで召喚できるという効果です。

■関連Q&A [ 全て閉じる ][ 全て開く ]

関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS16-X03

サイクル一覧

  • 覇王編で登場した華兵のXレアスピリット。
    それぞれ玄武を除く四聖獣と、三国志における中心人物がモチーフとなっている。

    [ 全て閉じる ][ 全ての詳細を確認する ]    並び順:

    • スピリット

    • BS15-X03鳥武帝スザクロス・ソウソー X [緑]
      • スピリット
        8(4)/緑/雄将・華兵
        <1>Lv1 6000 <3>Lv2 10000
        Lv1・Lv2『このスピリットのバトル時』
        相手はバーストを発動できない。
        Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
        自分の緑のスピリット1体につき、系統:「華兵」を持つ自分のスピリットすべてをBP+1000する。
        Lv2『自分のアタックステップ』
        相手のスピリットが疲労したとき、このスピリットは回復する。
        シンボル:緑

    •  
    • BS16-X03烈の覇王セイリュービ X [緑]
      • スピリット(禁止カード)
        7(2)/緑/覇皇・華兵
        <1>Lv1 5000 <3>Lv2 10000 <6>Lv3 14000
        【バースト:自分のライフ減少後】
        自分のライフが3以下のとき、このスピリットカードを召喚する。
        フラッシュ【烈神速】『お互いのアタックステップ』
        自分のトラッシュのコアが5個以上のとき、自分のトラッシュのコアすべてを自分のフィールド/リザーブに好きなように置くことで、手札にあるこのスピリットカードを、コストを支払わずに召喚する。
        シンボル:緑

    •  
    • BS17-X03大牙帝ビャクガロード・ソンケン X [緑]
      • スピリット
        7(3)/緑/雄将・華兵
        <1>Lv1 8000 <3>Lv2 10000
        Lv1・Lv2
        【暴風】を持つ自分のスピリットすべてに“『このスピリットのアタック時』相手はバーストを発動できない”を与える。
        Lv2『このスピリットのアタック時』
        このスピリットがブロックされたとき、相手のスピリット2体を疲労させる。
        シンボル:緑緑





[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-05 (月) 11:47:03
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索