暴双龍(ぼうそうりゅう)ディラノス/The TwinRowdy Diranos <BS02-X05>

スピリット
7(3)/赤/地竜・皇獣
<1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000 <6>Lv3 9000
Lv1・Lv2・Lv3
【覚醒】を持つ自分のスピリットすべてをBP+1000する。
Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
系統:「地竜」を持つ自分のスピリットすべてに
“【覚醒】自分のスピリット上から、フラッシュのタイミングで、コアを好きなだけこのスピリット上に置くことができる”
という効果を与える。
シンボル:赤

イラスト:丸山浩

フレーバーテキスト:
恐竜たちもわかってる。逃げたらヤバイ。
目の前の敵より、後ろのこいつに殺される。

暴双龍(ぼうそうりゅう)ディラノス/The TwinRowdy Diranos <BS40-RV002>

スピリット
5(3)/赤/地竜・皇獣
<1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000 <4>Lv3 9000
Lv1・Lv2・Lv3
系統:「地竜」/「皇獣」を持つ自分のスピリットすべてをBP+5000する。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
このターンの間、このスピリットに《煌臨》した赤のスピリットは、バトル終了後、続けてもう1回だけアタックできる。
シンボル:赤

イラスト:丸山浩

フレーバーテキスト:
どうして君たち地竜は戦いをやめないんだ!!
今はそんな時じゃないって、なんでわかってくれないの!!

  • 暴双龍ディラノスBS02-X05
    第二弾:激翔
Image of


  • 暴双龍ディラノスBS40-RV002
    煌臨編 第1章:伝説ノ英雄
Image of


カード番号:BS02-X05  
カード番号:BS40-RV002  

第二弾:激翔で登場したのスピリット。

単体のスペックとコア効率の良さで勝負していた龍皇ジークフリードに対し、こちらは他の地竜や【覚醒】持ちとの連携を想定したコンボ向けの性能となっている。
しかし、コストに対するBPは当時の目線で見ても低水準であり、効果も汎用性に欠ける為、全体的な印象としてはかなり使いづらい。
Lv2以上なら自身の効果で【覚醒】持ちとなり、Lv3なら単体でBP10000となるが、如何せん必要なコストが重く、単体運用ならば系統以外は龍皇ジークフリードの劣化である。

必要なコストを考えれば非現実的だが、このカードのLv2・Lv3効果と雷皇龍ジークヴルムのLv3効果を組み合わせる事により、自分の地竜スピリット全てに【激突】を与えることが出来る。
しかし、現在では単体で上位効果を付与出来る龍星皇メテオヴルムXが登場している事から、わざわざこのコンボを狙うメリットはほぼ皆無となっている。

コスト7故に拾う事すら出来ず、初期のカードにしても擁護するのは難しい残念なスペックと言わざる負えない。

  • 名称の由来は、白亜紀の肉食恐竜「ティラノサウルス」からだろう。
    「暴双」に関しては、「暴走」と「双頭」を合わせたものと思われる。
  • バトルスピリッツBS02カード投票では、強さや効果部門で3位、イラスト・デザイン部門では2位となった。
  • 高コストのXレアでありながら、当時の目線で見ても低コストスピリット並に低いLv1BPや効果の地味さに加え、アニメ『少年突破バシン』でも初出時以外は微妙な扱いを受けていた事から、登場当初からネタカードとして一部のプレイヤーに愛されている。
    • 同弾のXレアの中にはバトスピ史上最悪の壊れカードとして名高い大天使ミカファールが存在しており、その事もこのカードのネタ扱いに拍車をかける原因となっている。
    • アニメ『少年激覇ダン』『ブレイヴ』『サーガブレイヴ』でクラッキー・レイを演じた小野大輔氏は、『少年激覇ダン』の放送当時、自身のあだ名である「小野D」と同じ様に「D」と呼ばれているこのカードに愛着を感じ、愛用していると発言していた事がある。
  • 星座編 第四弾:星空の王者強暴竜ディラノ・レックス煌臨編 第2章:蒼キ海賊暴双恐龍スーパーディラノスとしてリメイクされた。
    • ネタ扱いの一因となっていたLv1BPに関しては、上記のリメイクカード2種やリバイバル版においても受け継がれており、制作陣からもある程度はネタとして認識されている事が窺える。

リバイバル

煌臨編 第1章:伝説ノ英雄で登場したスピリット

リバイバルによってコストが5まで下がり、格段に召喚しやすくなった。
BP数値はリバイバル前と変わらないもののコア効率が良くなっており、Lv1から発揮される地竜/皇獣を対象とした永続的なBPアップ効果により、実際のBPは見た目以上に高い。

Lv2・Lv3のアタック時効果は色指定に注意が必要なものの、単純に追撃を行えるだけでも強力。
煌臨/アタック時に【砲撃零式】でライフを直接狙える砲撃の神皇リボル・ティーガ・零式や、バトル終了時に煌臨元の数だけライフダメージを与える暴双恐龍スーパーディラノスとの相性は抜群。
一方でLv2以上のこのスピリットがアタックする=《煌臨》を行うと相手に教えているようなものなので、フラッシュタイミングで除去されないよう、疲労状態の地竜に効果耐性を与えることができる恐龍同盟本拠地を据えておくと安定して煌臨元になれる。

ただしこのスピリットが煌臨元となった場合、BPアップ効果は消えてしまうため、《煌臨》のタイミングには十分注意しなければならない。

煌臨》を軸とした【皇獣】【地竜】では中軸として活躍できる。

  • リバイバルによってレアリティがXからRにまで格下げされ、それに伴いテキスト欄の背景のXマークが通常のスピリットのSのものに変更された。

収録

第二弾:激翔 <X> (BS02-X05)
煌臨編 第1章:伝説ノ英雄 <R> (BS40-RV002)

アニメにおいて

『少年突破バシン』『少年激覇ダン』にて登場。

『少年突破バシン』では、馬神 トッパ、No.9が使用。
初登場となるバシンvsJ(25話)では、Lv1の状態で召喚され、アタック中にスピリットリンクで【覚醒】を付与。
覚醒】によるコア移動でLv3となり、自身のパンプ効果と併せて巨神機トールをBP勝負で打ち破った。
以降のバトルにおいても、ロクケラトプスディノハウンドといった小型地竜を強化したり、決闘台地とのコンボでバシンの戦況を支え続けたものの、上記のネタ扱いが原因かは不明だが、目立った活躍が無かったり、Xレアにしてはあっさり退場してしまう事も多かった。
実際、49話でNo.9が使用した際は召喚後すぐさま魔龍帝ジークフリードの【転召】元にされていた他、最終回に至っては何もせずに激神皇カタストロフドラゴンに破壊されていた。

  • 27話には、カード名の「暴双(ぼうそう)」から連想したのか、アマデウスが「生まれは房総半島?」と言う小ネタがある。
  • 作中で度々披露し、42話のNo.11ジャックナイトとのバトルでは「黄金パターン」とまで称されていた決闘台地とのコンボだが、ディラノスの効果による【覚醒】付与はアタックステップ中のみである事から、実際には成立しないので注意する事。

『少年激覇ダン』ではジュリアン・ファインズ、トールマンが使用。
トールマンvs馬神 弾(41話)では、トールマンが他のXレアと共に繰り出し周囲を驚かせるが、高コストの展開でLv1だったこともあり、最終的に超神星龍ジークヴルム・ノヴァLv2・3アタック時効果で激神皇カタストロフドラゴンLv1共々破壊された。

『覇王』では巨大な偽物が出回っており、捜査官ノラ・ニャオが取り締まりをしていた。

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS02] 第二弾:激翔 (BS02-X05)  2008年12月11日
[BS40] 煌臨編 第1章:伝説ノ英雄 (BS40-RV002) ブロックアイコン:<4> 2017年04月29日

公式Q&A


■■BS02-X05■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.【覚醒】の効果がよくわからないんだけど?
A1.→カードの効果 汎用編 【覚醒】編 を参照

■関連Q&A [ 全て閉じる ][ 全て開く ]

■■BS40-RV002■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.《リバイバル
このスピリットのLv2・Lv3効果で、《煌臨》したスピリットがもう1回アタックするとき、スピリットが疲労状態でも、アタックできるの?
A1.はい、アタックできます。

Q2.《リバイバル
このスピリットのLv2・Lv3効果でもう1回アタックできるようになったとき、次に別のスピリットでアタックしてから、もう一度、アタックできる?
A2.いいえ、続けてアタックできる効果なので、他のスピリット/アルティメットのアタックを間に挟むことはできません。

Q3.《リバイバル
このスピリットのLv2・Lv3効果でもう1回アタックしたとき、《煌臨》したスピリットがアタック時効果を持っていれば再び発揮できる?
A3.はい、発揮できます。


関連リンク 




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-11 (火) 12:59:20
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索