(ねずみ)十二神皇(じゅうにしんおう)マウチュー

スピリット
2(1)/黄/神皇・道化・漂精
<1>Lv1 3000 <2>Lv2 4000 <3>Lv3 5000
Lv1・Lv2・Lv3《封印》『このスピリットの召喚時』
自分のリザーブの[ソウルコア]を自分のライフに置ける。
Lv1・Lv2・Lv3
このスピリットは、合体条件を無視して合体できる。
《封印中》Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
系統:「神皇」/「十冠」を持つ自分のスピリットが相手の効果で破壊されたとき、同じ状態でフィールドに残すことができる。
シンボル:黄

コンセプト:津島直人
イラスト:斉藤コーキ
イラスト:SUNRISE D.I.D.(バトルスピリッツウエハース~月光の導き~)

フレーバーテキスト:
レースを沸かせるエンターテイナーだが、その実力は神皇そのもの。
(エラッタ前)
《封印時》Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
系統:「神皇」/「十冠」を持つ自分のスピリットが相手の効果で破壊されたとき、同じ状態でフィールドに残すことができる。

  • 子の十二神皇マウチューBS38-X05
    十二神皇編 第4章
Image of


カード番号:BS38-X05  

十二神皇編 第4章で登場したスピリット

神皇及び《封印》持ちとしては最軽量であり、最速で先攻1ターン目から《封印》が可能。
各種《封印中》効果や《封印》後【バースト】を序盤から使えるのは大きな強みであり、コストの軽さも相まって、《封印中》効果を多用するデッキなら色を選ばずに採用する事が出来る。
後に、同じく先行1ターン目から《封印》可能なメジェフクロウが登場したが、様々な点から差別化は容易。

特に、古の神皇 神鳥のガルダーラとの組み合わせは強力であり、上手く行けば先行1ターン目から、自分のライフ6・使用可能なコア7個という、多大なアドバンテージを得る事が可能となる。
自身の合体条件を無視する効果によって、そのまま超・風魔神の【ダブルドライブ】にも繋げられる事から、《封印》を利用するタイプの【爪鳥】(【緑神皇】)で採用されるケースも少なくない。

ただし、このスピリットの《封印》はリザーブのソウルコアを移動させるものである為、召喚時にうっかりこのスピリットにソウルコアを置いてしまわない様にしたい。

Lv2・Lv3《封印中》効果は、自分の神皇/十冠全てに効果破壊耐性を与えるというもの。
アタックステップ中限定ではあるが、各種「防げない」効果にも対応出来るのは大きく、耐性効果としては非常に優秀だと言える。

総じてキーカード的な運用には向かないが、様々なサポートカードの恩恵を受けながら、潤滑油の様な動きをする事が可能。
【黄神皇】は勿論の事、【爪鳥】(【緑神皇】)や【皇獣】等、様々なデッキで便利に活用する事が出来る。

  • 背景世界では、レースの結果、子の十二神皇の座に留まった。
  • 一部カードのフレーバーテキスト及び公式サイト 十二神皇編の世界観では「リッキー・マウチュー」と記述されていた。
    十二神皇編 第3章を皮切りに一貫して「マウチュー」と記述されるようになり、公式サイトの記述も修正されている。
    • モチーフはウォルト・ディズニーのアニメキャラクター「ミッキーマウス」、任天堂のゲーム"ポケットモンスター"及び同名のテレビアニメのキャラクター「ピカチュウ」だろう。
      前者が『ミッキーの魔術師』などで見せる手品師の姿や、後者がゲーム・アニメ中で繰り出す技「でんこうせっか」は、コンセプトデザインやアニメでの演出にも反映されている。
    • バトスピ大好き声優の生放送!2016年11月では、この名称の変化についてお便りで触れられたが、『勘のいいガキは嫌いだよ(某漫画の名台詞)』といなされ、「マウチューはマウチュー」と結論づけられた。
  • 通常ブースターでは初となる、道化のXレア。
  • ディーバブースター【真夏の学園】から登場した「マウ・チュッチュ」は、このカードがモチーフとなっている。
  • バトスピ大好き声優の生放送!2017年2月では、「オススメの十二神皇は?」という質問に対し、全員一致でこのカードを推挙していた。
  • 煌臨編 第2章:蒼キ海賊にて、悪戯の神皇マウジョーカーとしてリメイクされた。

収録

十二神皇編 第4章 <X>
バトルスピリッツウエハース~月光の導き~ <X>(新規CGイラスト)

アニメ・漫画において

「ダブルドライブ」に登場。
「ダブルドライブ」では物語の鍵を握る十二神皇の1枚であり、サンドラット、シシが使用。
茂上 駿太たちがソウルスポットで入手したものをサンドラットが騙し取り、vs駿太・メイ・メリーハッダヨク・アルバトロサ戦(第30話)で初登場。
アフロに仕込んでおき、手札のカードと交換する不正行為で必ず第2ターンに召喚、マジシャンズポーション2枚を使用した連続アタックによるワンターンキルで連勝に導いた。
その後はサンドラットが持っていたが、第36話ではキキ・ベーレシアに敗北し、奪われた。
シシvsタツミ&イヌイ将軍・キキ(乱入)の変則バトル(第48話)ではシシが使用。
初めて《封印時》効果が披露され、巳の十二神皇ティアマドーを復活させた。

  • サンドラットの召喚口上は「出てこい、俺のキースピリット!闇を駆け抜け、眩き光に現れ出でよ!子の十二神皇マウチュー、召喚だっチューの!」。
  • Lv2以降の効果が発揮されるときのシシの口上は「踊りなさい、マウチュー!」。
  • 魔界七将ベルドゴールを抜き、アニメに登場した中では最軽量のXレア。
    • スピリットでは無いものの、後の『サーガブレイヴ』にて、光導創神アポローンが最軽量タイとして登場している。
  • 辰の十二神皇ウロヴォリアス以降の例に漏れず、フィールドにリザーブがないため、演出によりこのスピリットのソウルコアを《封印》している。
    実際はリザーブからなので注意。

漫画版「ダブルドライブ」では駿太&ヨクvsイヌイ将軍&キキ戦(第5話)でキキが使用。

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS38] 十二神皇編 第4章 (BS38-X05) ブロックアイコン:<3> 2016年12月17日
バトルスピリッツウエハース~月光の導き~ (BS38-X05) ブロックアイコン:<6> 2019年05月13日

公式Q&A


■■BS38-X05■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.《封印》の効果がよくわからないんだけど?
A1.→カードの効果 汎用編 《封印》編 を参照

Q2.このスピリットは、《合体条件:コスト5以上》や《合体条件:効果の記述を持たない》などの、ブレイヴとも合体できるの?
A2.はい、合体できます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS38-X05




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-11 (火) 19:18:17
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索