仮面(かめん)ライダービルド ラビットタンクハザードフォーム

スピリット
7(3)/赤/仮面・異合
<1>Lv1 6000 <2>Lv2 9000 <4>Lv3 12000
フラッシュ【チェンジ】コスト7(4)(この効果は手札から使用できる)
BP14000以下の相手のスピリット/アルティメットすべてを破壊する。
この効果発揮後、このカードを破棄するか、系統:「仮面」を持つコスト6以下の自分のスピリットと回復状態で入れ替える。
バトル中ならバトルを続ける。
Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
このスピリットのバトル終了時、相手のライフのコア1個をボイドに置く。
シンボル:赤

イラスト:松野トンジ
イラスト:リュダ(パラレルカード)

フレーバーテキスト:
ハザードトリガーにより暴走の危険性と引き換えに、フルボトルの性能を極限まで高めた姿。

  • 仮面ライダービルド ラビットタンクハザードフォームCB04-X01
    コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】
Image of


カード番号:CB04-X01  

コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】で登場したスピリット

全体的な能力は仮面版の煌星第一使徒アスガルディアといったところで、フィニッシュにもカウンターにも使える強力な【チェンジ】を持つ。

Lv2効果はライフ減少後や破壊後の【バースト】を踏むリスクが高い代わりに、【チェンジ】で場に出た後も発揮が間に合うようになっている。
ブロックされてもライフを奪え、さらに【チェンジ】直後であればブロッカーはそうそう残っておらずライフを2つ以上奪える公算が高い。
しかし、どうしても発揮できるかどうかが不安定なうえ、このカードが場に出るのはゲーム後半になるのでボイド送りはほとんどコントロールの意味を持たない。
なお、ライフがソウルコアのみの場合はボイド送りにはできない。

仮面は強固な耐性を持つ小型のスピリットを多く有する星竜と違って軽減の確保は苦手。
また、軽量の【チェンジ】を積極的に使用して攻める構築では、このカードを相手のターンのカウンターに使うコアが残らない。
コストが6を超えているので【チェンジ】による連続アタックもこのスピリットで途切れることになる。

このカードを採用する場合は軽減およびコアの確保、さらに【チェンジ】に頼らずに序盤を戦えること、この二点を意識した構築をする必要がある。
相手の動きや煌臨元の確保と気を遣うことも増えるが、重いコストを踏み倒せる仮面ライダーディケイド 激情態仮面ライダーディケイド コンプリートフォームを同時採用しておくと多少安心できる。

  • 単色の異合スピリットは古代怪獣ツインテール以来2年ぶりとなる。
  • Lv2・3効果の記載が『このスピリットのアタック時』ではなく『自分のアタックステップ』となっているのは、アタック時効果として処理されないための配慮と思われる。

収録

コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】 <X>

原作において

特撮ドラマ『仮面ライダービルド』20話「悪魔のトリガー」で初登場。この回は変身のみで、続く21話「ハザードは止まらない」から本格的に登場。
葛城巧が開発したビルドドライバー用の機能拡張デバイス「ハザードトリガー」をビルドドライバーに装着することで、仮面ライダービルドから変身。
ビルドのハザードレベルを飛躍的に向上させる一方、変身し続けると理性を失い、目に映るもの全てを破壊しようとする暴走状態に陥る危険性を持つ。
後に、ハザードトリガーを使用したフォームとして、「ホークガトリングハザード」、「海賊レッシャーハザード」、
キードラゴンハザード」が登場している。また、ネットムービーでは「スマホウルフハザード」も登場。
さらに、ハザードフォームの暴走のリスクを避けつつパワー制御を可能としたラビットラビットフォーム/タンクタンクフォームが登場した。

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB04] コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】 ブロックアイコン:<4> 2018年03月24日

公式Q&A


■■CB04-X01■■ 更新日:2018/03/07 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.【チェンジ】の効果がよくわからないんだけど?
A1.→カードの効果 汎用編 【チェンジ】編 を参照


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB04-X01




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-11 (日) 15:10:33
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索