ダブルオーライザー

スピリット
8(4)/青/MS・CB
<1>Lv1 7000 <3>Lv2 11000 <6>Lv3 16000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
ボイドからコア1個ずつを、系統:「CB」を持つ自分のスピリットすべてに置ける。
さらに、カード名に「ガンダム」を含む自分のスピリットが2体以上いるとき、相手の手札すべてをオープンして手元に置く。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
相手の手元のカード1枚を破棄し、コスト8以下の相手のスピリット1体を破壊する。
バトル終了時、自分のトラッシュにあるカード名に「ガンダム」を含むカード3枚をデッキの下に戻すことで、このスピリットは回復する。
シンボル:青青

イラスト:森下直親

フレーバーテキスト:
兵器を越えた性能を秘めし、ガンダムを超えた存在。

  • ダブルオーライザーコラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】
Image of


カード番号:CB13-X06  

コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】で登場したスピリット

相手の手札すべてを公開し、《煌臨》などの手札から使う効果を封じられる召喚時効果が強力なスピリット。
全体的に小型を並べるCBの戦術にマッチした能力をしており、同系統のフィニッシャーとして申し分ない。

また、オープンされたカードは使用される前にアタック時効果で1枚破棄できる。
追加効果の回復によって何度も発揮できるが、トラッシュを消費するとプトレマイオスLv2効果や【トランザム】に支障が出る。
CBはトラッシュ肥やしも得意とはいえ、回復を使うならそのターンで確実に勝負を決めるべき。

弱点はコンボ性の高さと手札オープンができなかったときの突破力の低さ。
自身に限らずCBは全体的に除去の上限が低く、大型ブロッカーや耐性持ちを排除するのが苦手。
俺たちがガンダムだを複数枚積んでより確実に手札オープンができるように構築するのが最もポピュラーな回答だろう。
または仮面ライダーオーズ タジャドル コンボ(最終回ver.)のような強力な除去手段をタッチして対策したい。

また、刹那・F・セイエイ[西暦2312]とのコンボも強力だが、俺たちがガンダムだとのコンボの方がより優先される。
通常1回のアタックの打点が2点か3点かでは決定力に天と地ほどの差が出るが、手札オープンさえ決まれば相手の防御手段をかなり制限できる。
CBの持ち味の速攻を決めること、また手札オープンを決めることに比べれば、合体によるシンボル追加は二の次でよいと言える。

収録

コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】 <X>

原作において

アニメ『機動戦士ガンダム00 2nd Season』に登場。
ダブルオーガンダムが支援機オーライザーと合体した姿。パイロットは刹那・F・セイエイ
オーライザーの粒子制御能力によりツインドライヴが安定化しており、トランザムの安定稼働も可能となっている。
また、膨大なGN粒子生成量により理論限界値を超える機体性能を発揮できる。
さらにトランザム発動時は、GN粒子を媒介に人々が意識を共有する領域をつくりだすなど、兵器を超えた能力を発揮する。
武装はGNソードIIなど。

  • 「ガンダムを超える存在」として機体名からガンダムが除かれている。
    さらにトランザム発動時は兵器を超えた能力のために「トランザムライザー」と区別されて呼ばれる。
  • 召喚時効果は複数のGNドライヴに由来する並外れた粒子生成能力と意識共有領域の再現。
    アタック時効果のデッキ回復は、同弾の疑似太陽炉搭載型MSの一部が持つデッキ破棄に対して、それらMSが武装に用いる圧縮粒子の毒性を中和する能力の再現だろう。
    ダブルシンボルはツインドライヴやオーライザーとの合体のイメージ。
    また、各効果に俺たちがガンダムだと強固なシナジーがあり、これは劇中で刹那が語るガンダム論をイメージしたものと思われる。



収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB13] コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】 ブロックアイコン:<7> 2020年05月30日

公式Q&A


■■CB13-X06■■ 更新日:2020/05/22 19:28 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットのLv2・Lv3効果で手元を破棄できず、スピリットも破壊できなくても、バトル終了時に自分のトラッシュにあるカード名に「ガンダム」を含むカード3枚をデッキの下に戻すことで、このスピリットは回復できるの?
A1.はい、回復できます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB13-X06




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-01 (水) 20:40:33
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索