アルケーガンダム

スピリット(制限カード<1>)
7(3)/青/MS
<1>Lv1 8000 <3>Lv2 12000 <5>Lv3 15000
手札にあるこのカードは、スピリットのアタックによってライフを減らしたか、スピリットが破壊されたとき、1コスト支払って召喚できる。
Lv1・Lv2・Lv3:フラッシュ『このスピリットのアタック/ブロック時』
3コストまでを支払うことで、支払ったコストにより、次の効果を発揮する。
1コスト以上:コスト7以下の相手のスピリット1体を破壊する。
2コスト以上:このスピリットは回復する。
3コスト:ターンに1回、自分のアタックステップなら、自分は、相手の手札1枚を内容を見ないで破棄し、相手のライフのコア1個をリザーブに置き、相手のデッキを上から6枚破棄する。
シンボル:青

イラスト:森下直親

フレーバーテキスト:
アリー・アル・サーシェスの駆るスローネシリーズの実戦配備最終形態。

 

  • アルケーガンダムCB13-X05
    コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】
Image of
CB13-X05
カード番号:CB13-X05

コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】で登場したスピリット

まず目を引く特徴的な誘発効果は、「スピリットのアタックで」ライフが削られるか、スピリットが破壊された際に発揮される。
アタックするスピリット・破壊されるスピリット・削られるライフの全てがお互いを対象としている為、必ず機会は回ってくるものの、あまり受動的にならずにこちらから積極的にアタックを仕掛ける様な構築での採用が理想的。
テキストだけでは分かりづらいが、下記Q&Aの通り、「アタックによってライフが減ったとき」と「スピリットが破壊されたとき」で分割されるので、スピリット破壊の方は効果破壊でも発揮される。

その性質上、互いのプレイヤーが同時に誘発効果を発揮する状況もあり、その場合の処理は以下の流れで行われる。

また、スピリット破壊をトリガーに召喚する場合、その段階で「フィールドに残る」効果が発揮されたり、或いは「破壊待機状態のスピリットのコアが0個になって消滅待機状態へと変化した」状態になると、条件を満たした扱いにはならず誘発効果は不発となる。
これは、スピリットの破壊を条件とする効果が「破壊待機状態のスピリット」を参照しており、それが解かれる為に発生する現象。
ターンプレイヤーであれば、

といった方法で対処可能だが、非ターンプレイヤーがスピリット破壊をトリガーに召喚する場合は要注意。

アタック/ブロック時効果は様々な効果を一度に発揮できるユニークなもの。

3ヵ所同時に干渉するのが嫌らしく、コスト破壊も同時なので、コントロールに長けた青のなかでも際立っている。
相手の星空の冠Lv2がある場合で3コスト支払った場合は、3コスト効果までを発揮し、回復しているので破壊される。

フィールドはおろか手札やデッキをもかき乱す性能を持っており、すべての効果がアリー・アル・サーシェスとシナジーがある。
しかし、耐性を持っているわけではなく効果発揮までに相手のフラッシュが挟まるため、単体では割と対処されやすい。
また、原作でオールレンジ兵器を使うMSのなかでは、このスピリットは自らバトルしないと効果を発揮できないため混同しないよう注意。

コラボ限定戦においては作品間の垣根を超えた、アルケーガンダム1コスト召喚→仮面ライダーオーズ タジャドル コンボ(最終回ver.)煌臨→インペリアルドラモン パラディンモードチェンジの3枚コンボは絶大な威力を誇る最凶の三強となる。

意外と自分のアタックステップ中にできることが少ない青のMSにとっては詰めの一手として重要なスピリット。
また、MS以外の系統を持たず、各ガンダム作品ごとの系統サポートは受けられないが、召喚効果の条件が緩いので青以外のデッキへ傭兵として採用することも難しくない。
キラ・ヤマトなど青シンボルを有効活用できるカードや、バナージ・リンクスのような足りない耐性を付与できるカードと組み合わせられるとなおよい。

このカードの握り合いは、先んじてアタックすることでアタック/ブロック時効果を先に使えるため、ターンプレイヤーが基本的に有利。
さらに、手札誘発効果が条件を満たしたとき、ターンプレイヤーは相手も同じものを使うか確認してから効果を使える。
またこのカード自身のサイズがコスト破壊の対象のため、非ターンプレイヤーは出すだけ損ということもあり得る。
しかし、これらはあくまで同じタイミングに出す場合の例で、アタックや破壊が連続して起こる状況では経験や読み合いで勝ってこそ有利を取れる。

収録

コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】 <X>

原作において

アニメ『機動戦士ガンダム00 2nd Season』にて登場。

アリー・アル・サーシェスが強奪していたガンダムスローネツヴァイを元に、彼を傭兵として雇ったイノベイターが彼の専用機として開発したMS
おおよそガンダムとは言い難い異質な風貌をしているが、同作の登場人物は本機を即座にガンダムだと判断しており、ティエリア・アーデに至ってはスローネの発展型である事まで見抜いていた。
胴体と両脚に初期型の疑似太陽炉(GNドライヴ[T])を計3基搭載しており、サーシェスの卓越した操縦技術も相まって、ガンダムマイスター複数人を相手に互角以上に渡り合う程の実力を見せる。
武装は、GNバスターソード、GNファング、脚部に搭載された奇襲用のGNビームサーベル等。
尚、企画段階ではネーナ・トリニティの搭乗機となる予定だった模様。

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB13] コラボブースター【ガンダム ~宇宙を駆ける戦士~】 ブロックアイコン:<7> 2020年05月30日

コラボ作品 

機動戦士ガンダム00

公式Q&A 


■■CB13-X05■■ 更新日:2020/05/23 13:00 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で3コスト支払ったとき、3つの効果をそれぞれ1回ずつ発揮するの?
A1.はい、発揮します。

Q2.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で3コスト支払ったとき、3つの効果は、発揮する順番を選べるの? 更新履歴(1件)
A2.いいえ、選べません。同時に発揮し、上から順に効果を解決していきます。

Q3.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で2コスト支払ったとき、「コスト7以下の相手のスピリット1体を破壊する」効果は使わずに、「このスピリットは回復する」だけを使えるの?
A3.いいえ、この効果はコストを支払って発揮する効果を、可能な限り発揮しなくはいけないので、1コスト以上支払った場合は、「コスト7以下の相手のスピリット1体を破壊する」効果は必ず発揮します。

Q4.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で、破壊できるスピリットがいないときに1コストだけ支払ったり、相手のアタックステップで3コスト支払ったりできるの?
A4.はい、支払えます。そして、支払ったコストによって、可能な限り、効果を発揮します。

Q5.このスピリットが2体いるとき、このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で3コスト支払う効果を発揮した後、もう1体の3コスト支払う効果は発揮できるの? 更新履歴(1件)
A5.はい、発揮できます。この3コスト支払う効果はスピリットごとにターンに1回発揮できます。

Q6.手札にあるこのカードは、自分か相手のスピリットのアタックによってライフを減らしたとき、または、自分か相手のスピリットが破壊されたときに1コストを支払って召喚できるの?
A6.はい、その通りです。

Q7.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果でコストを支払うとき、このスピリットが消滅するようにコストを支払っても、支払ったコストによって効果は発揮されるの?
A7.いいえ、発揮されません。

■関連Q&A [閉じる] [開く]

関連リンク 



[PCサイト固定]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-04 (木) 14:32:42