アイツのカード

ネクサス(制限カード<1>)
5(赤2紫1)/赤紫
<0>Lv1 <2>Lv2
Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
カード名に「ヴルム」を含む自分のスピリットが召喚されたとき、自分はデッキから2枚ドローできる。
Lv2『自分のドローステップ』
ドローするかわりに、自分のデッキを上から3枚オープンできる。
その中のカード1枚を手札に加える。残ったカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
シンボル:赤紫

フレーバーテキスト:
ヴィオレ魔ゐは、ロンドンにあるバトルスピリッツ博物館にて
『馬神弾デッキ』を入手し、ブレイヴキラーデッキと組み合わせた
ダブルノヴァデッキを作り上げた。
(エラッタ前)
Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
カード名に「ヴルム」と入っている自分のスピリットを召喚したとき、自分はデッキから2枚ドローできる。

 

  • アイツのカードBSC29-007
    ドリームブースター【バトスピフェスティバル】
  • アイツのカードBSC29-007
    メガデッキ【ダブルノヴァデッキX】
Image of
BSC29-007
カード番号:BSC29-007

ドリームブースター【バトスピフェスティバル】で登場したネクサス

ヴルム」サポートのダブルシンボルネクサス
ブレイヴドローを思わせるドロー効果を持つ。

Lv1効果は「ヴルム」スピリット召喚時の2ドロー。
Lv2効果との相補性も高く、任意効果であるため、機巧犬キシュードッグのようなメタ効果や手札増加後バーストを警戒する場合なども回避できる。
後にの軽減を持つ魔界皇龍ダークヴルム・レガリア魔界竜鬼ダークヴルム、軽減はないが元が最軽量の魔界霧竜ミストヴルムといった紫の「ヴルム」が相次いで登場。
リバイバルされた滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ黒皇龍ダークヴルム、ヴルムサポートのアンキラーザウルスが登場しており、「ヴルム」が増えたことで実用的なドローエンジンとして機能するようになった。

Lv2効果は毎ターン、デッキトップ3枚のうち好きなカードを加えられる破格の効果。
コンボ性の高い【ジークヴルム・ノヴァ】等ではありがたく、引き入れた「ヴルム」を召喚すればLv1効果で全て手札に加えられるデザイン。
しかし不確実で、デッキの上に戻ることも含めて情報アドバンテージの損失は馬鹿に出来ず、発揮には2コア必要なため運用は難しい。
また、グレイスキャタピラージグザール鋼鉄草原と同じく、複数枚並べてもLv2効果は重複しない
百識の谷などを同時に配置している場合は、ドローかこちらのオープンかどちらかを選択する。
ドローステップ時のドローではないため「カードの効果で手札を増やした」ことになり、手札増加後バーストの発動を許してしまうことには留意したい。
戦国ジークヴルムと組みあわせれば、事前にデッキトップを確認しながら後続の召喚も可能(その場合効果の処理順を召喚時効果→このネクサスLv1効果にする必要がある)。

アドバンテージを稼ぎやすいが、手札増加後バースト、特に闇輝石六将 機械獣神フェンリグなどへの警戒は必須となる。
可能ならば、超・炎魔神炎魔神で事前にバーストを除去しておきたい。

神煌臨編以降の【ダブルノヴァ】同士のミラーマッチでは、アイツのカードでは馬神 弾を止められず、【神技】によってこのネクサスが破壊されることも多い。

収録

ドリームブースター【バトスピフェスティバル】 <>
メガデッキ【ダブルノヴァデッキX】 <C>

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BSC29] ドリームブースター【バトスピフェスティバル】 (BSC29-007) ブロックアイコン:<3> 2017年03月11日
[SD51] メガデッキ【ダブルノヴァデッキX】 (BSC29-007) ブロックアイコン:<6> 2019年12月07日

公式Q&A 


■■BSC29-007■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.このネクサスは、赤のネクサスではないの?
A1.いいえ、赤であると同時に紫としても扱います。

Q2.手札やトラッシュにあるこのネクサスカードも、赤/紫として扱えるの?
A2.はい、手札やトラッシュにあるときも2色のネクサスカードになります。

Q3.コストを軽減するとき、このネクサス1つで、赤のシンボル2つや、紫のシンボル2つとして数えることはできる?
A3.いいえ、できません。赤のシンボル1つと紫のシンボル1つです。

Q4.『自分のドローステップ』に自分のこのネクサスが2つあるとき、このネクサス2つのLv2効果をそれぞれ発揮することはできるの?
A4.いいえ、できません。このネクサスが2つあっても、どちらか1つの効果しか発揮しません。

Q5.「オープン」とは、相手にもカードを見せるということ?
A5.はい、相手にもカードを見せてください。
カードの効果 汎用編 を参照

関連リンク 



[PCサイト固定]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-08 (日) 20:41:47