【赤デジモン】

コラボブースター【デジモン超進化!】で登場したデジモン達を使用したデッキのうちを中心としたデッキ。
デジモンとは幼年期I成長期成熟期アーマー体完全体究極体のいずれかの系統を持つカードの総称で、
進化】【アーマー進化】【ジョグレス進化】【超進化】によって高コストスピリットを素早く召喚する術に長けている。

BP参照除去とシンボル追加・回復による打点強化に優れる攻撃力の高い赤らしいデッキタイプとなる。
また【紫デジモン】との混色用のカードも多数存在する。

構築

成長期を3~8枚、成熟期を6~9枚、完全体を6~9枚ほど採用する構築が一般的。
デッキの多くが系統:地竜を持つためそれらのサポートカードを使うのも良いだろう。

フィニッシャーをガルダモンに特化させる場合は成長期完全体に限らずに赤のスピリットカードを主力とする構築となる。
アグモンウォーグレイモンなどを主軸にする場合は【地竜】デュークモン松田 啓人を主軸にする場合は【滅龍】のサポートカードを組み合わせやすい。

スピリット

  • 成長期
    • アグモン
      デジモン共通のサーチカード。アグモンとガブモンは同サイクルカードより性能が高めとなっておりシナジーも存在する。
  • ギルモン
    所謂”ゴッドシーカー”タイプのスピリット。オープン/回収枚数はサイクルの中でも目立つ。滅龍デジモンは強力なものが揃っているものの数が少ないため、他デジモンカードとは組み合わせづらい面もあるので注意が必要。
  • バードラモン
    パワーは低いものの、シンプルな1ドローと素だしも容易な軽さとLv1から超進化可能と小回りが利く。
  • レオモン(テイマーズ)
    成長期に近いコストで運用できるため中継ぎに過ぎない成熟期としては無駄のない性能。
    破壊時効果も牽制としては役に立つ。
  • グラウモン
    そこそこ広い範囲の除去とネクサス破壊、コア除去耐性持ちにして最大軽減1コア召喚&【超進化】も2コストで可能と非常に高いレベルでまとまっている。
  • ライドラモン
    のアーマー体であるが、赤で不足しがちなコアを補いつつ打点を増すため相性は良い。
  • 完全体
    • ガルダモン
      シンボル増加と怒涛の連続アタックを得意とする完全体。
      最速召喚に成功すれば開始数ターンで決着をつけることも可能。またシンボル増加は煌臨先にも継続する。
      このスピリットを主力とする場合、デッキの大半を赤のスピリットカードで埋めると良い。
      系統も爪鳥獣頭と恵まれている方だが、自前のサポートは赤以外に集中しているため、相手の七海大名シロナガスを回避できる程度に考えておけば良い。
  • シルフィーモン
    150000と十分な除去範囲を持つ。ジョグレス進化時、アタック時の効果は他のジョグレス隊に比べるとやや弱いものの、ライフ回復は赤には貴重な効果となる。
    破壊スピリットのコアをトラッシュに送る効果は強力な物の相手への依存が高く扱いがやや難しい。
    フレイドラモンの効果を完全体で受けることもできるため、スピリットを指定アタックして盤面を崩しつつ、ライフを増やし防御を高めることが可能。
  • パロットモン
    BP破壊効果とそれに伴うコアブースト効果を持つ。
    対象は狭いもの赤には非常に重要なコアブーストとなる。
  • インダラモン
    疑似【走破】を全体に付加できる点は強力だろう。
    破壊時効果を踏んでしまうのの、【進化】ギミックで素早く立てられるため低コスト迎撃効果も悪くないといえる。
  • アルファモン
    ライフ減少後の【バースト】でボトムバウンスと4枚になるまでのドローを行える全色の究極体
    アタック時にはコストを支払って回復、コアシュートなど、様々な色の効果を併せ持つ。
  • デュークモン
    単体で見た性能は太陽神星龍アポロヴルムなどに近い。
    系統指定がないため選ばれし探索者アレックスの様な汎用カードにも乗る他、破壊効果や破壊効果自体がそもそも任意であるため無駄な破壊時バーストを踏むことを躱せるなど小回りが利く。セット運用される松田 啓人によるライフバーンや下記のクリムゾンモード回収→チェンジなどで打点の高さも申し分ない。
  • デュークモン クリムゾンモード
    強力なチェンジとライフバーン効果を持つ。チェンジが回復効果を併せ持つ都合性質上ライフバーンの効果もその都度発揮され非常に高い打点を持つ。
  • クルモン
    デッキ内のデジモンをサーチしつつ、ノーコスト召喚メタや創界神がいれば0コストで召喚が可能。

ブレイヴ

  • 鎧鷹スイラン・ホーク
    コスト1の【神速】ブレイヴ。合体条件がコスト6以上と重く、【超進化】や【アーマー進化】先に合体させる形となる。
    ソウルコアがあればシンボル追加が可能なため、《煌臨》との相性は悪い。
    いざというときは【神速】でスピリットとして召喚し、防御手段としても使える。
  • グラニ
    滅龍を保護ししつつ、系統で固める創界神デッキに非常に刺さる除去効果も持つカードパワーの高いブレイヴ。
    ターン限りも効果も【進化】?で手札に戻る点やギルモンからデュークモン クリムゾンモードにつながる、松田 啓人にコアも乗るとスキがない。
    超煌臨編以降耐性を抜ける手段が広がっているため信用度は下がっているのが難点。

ネクサス

  • デジタマ
    成熟期以上のスピリットに疑似的な破壊耐性を付与するシンボルのネクサス。
  • デジヴァイス
    成長期がいるだけで手札を増やせる効果や、破壊されたりサーチ中に落ちたキーカードを回収できるため、デジモンデッキにおいて非常に使い勝手の良い効果となる。
    シンボルは白晶防壁などの防御マジックの軽減に扱えるため重宝する。
  • 松田 啓人
    ターン制限のないドロー効果と2点バーンとカードパワーの高いデジモン用創界神。
  • ガルドス・ランダル
    滅龍用創界神。1コストでメガログラウモンデュークモンを場に出し、そこからさらに神託も狙えるため複数体並んでいると場を一瞬で高コスト滅龍で染めることも可能。赤軽減にならない点や元々進化で踏み倒せる点を考えると除去のできる他の創界神の方が展開上強い点も。

マジック

  • ファイナル・エリシオン
    相手の動きを制限する非常に強力なマジック。ギルモンで回収もできる。
    コスト指定の都合や相手やアルティメット、手元/トラッシュからの召喚には対応しないためそれほど有効でない場面も多い。BP指定なくスピリットを破壊できる点はやはり悪くないが

デッキの動かし方

アグモンデジヴァイスと【進化】、【アーマー進化】を繰り返しデッキを掘り進めていく。そのままメタルグレイモントリケラモンなど耐性と除去を持つカードを展開し相手のブロッカーを除去していく。デジヴァイスによる回収も活用すれば超進化で完全体を場に並べやすいだろう。
相手の壁を崩せばそこからガルダモンオメガモン マーシフルモードなどの多シンボル+回復効果を持つスピリットで相手のライフを一気に削っていく。

滅龍型の場合ギルモン直系以外にデジモン関係のカードは必須ではなく汎用カードのドローや回収も駆使し、デッキの核となる強力なサーチカードを持つギルモンやフィニッシャーとなるデュークモン松田 啓人によるコンボの完成目指す。最終的にライフバーンと追加ターンで相手のライフを一気に削ることを目指す。

弱点

デッキに進化ルート構築のためのカードで埋めるため事故率が上がり、カード単体で相手に対処する性能は下がりがちとなる。また召喚時、手札が増える、ノーコスト召喚と各種メタやバーストに引っかかりやすい。
また除去耐性持ちや多シンボルメタである水晶竜シリマナイト聖刻騎兵キャバルリー・アーネジェウなどに辛い戦いとなる。

デッキの派生系

【赤紫デジモン】

【紫デジモン】との混色構築。
コアシュートにより除去に幅を持たせる。バクモンエボリューションシュート等の最大軽減を狙って展開を補助する。デッキのキーとなり、かつ混色編成でより活きるカードが存在しないのが難点。

関連リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-30 (水) 01:16:43
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索