【戦竜】

●目次

概要

覇王編で追加された系統:戦竜を中心としたビートダウンデッキ。

また、ロード・ドラゴンは全て戦竜なので【ロード・ドラゴン】を組む場合、必然的に【戦竜】となる。(デッキの派生系を参照)

ここでは、戦竜サポートを中心に組む場合に関して記述する。

構築

多くの戦竜は、アタック時効果と【バースト】に関連した効果を多く持つ。
バーストを使用又は破棄で回復するスピリットをアタッカーにし、バーストの再セット効果を持つカードでそれをサポートしていく。

スピリット

  • 低コスト
  • アサシン・ドラゴン
    BPが高く、序盤のアタッカーを任せられる。
    指定アタックとデッキ破棄メタ効果も備えており、場にいるだけで相手への牽制となる。
  • ハンゾウ・シノビ・ドラゴン
    破壊されてもバーストに再セットされるのでバースト切れを起こしにくくできる。
    コストも低いのでそのまま召喚してもよい。
  • ガンナー・ドラゴン
    扱いやすいLv参照の破壊効果を持つ。
    バーストの再セット効果を持つため防御の穴を作りにくい。
  • 戦皇ゴッドスレイヤー・ドラゴン
    相手のネクサスを破壊しながらの連続アタックができる。
    また単独で指定アタックを行うことができ、エンドカードになりうる性能である。

ブレイヴ

  • 牙皇ケルベロード
    連続アタックが可能な究極1のブレイヴ。強力アタック時効果を連続で使って行きたい。

ネクサス

  • 英雄皇の神剣
    ドロー効果がメインだが、複数枚張っても1枚しかドローできないことに注意。
  • 戦史の石碑
    戦竜がアタックする度にドローができる。キーカード。
    この効果でバーストを持つカードを引き、再セットにつなげたい。

マジック

  • 救世神撃覇
    破壊範囲は広く、小型ブロッカー焼きに使える。
    バーストを再セットすることができ、バーストの穴を作りにくい。

デッキの動かし方

戦史の石碑と小型戦竜スピリットを組み合わせてハンドアドバンテージ稼ぎながら、ビートダウンを狙う。
防御面はバーストと『バースト発動後』効果にまかせて置くことが多い。
試合が長引いたときには、ソードマスター・ドラゴンの効果で相手のライフを削る。

弱点

バーストがセットされていることが重要であるため、
それを破棄するディクタトールレギオンバーストブレイクに対しては何らかの対抗策を考えておきたい。

デッキの派生系

【ロード・ドラゴン・バゼル】

爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼルを中心としたデッキ。
【相手の『このスピリット/ブレイヴの召喚時』発揮後】を持つカードを多めに採用し、バースト発動を補助していく。

【ロード・ドラゴン・インティ】

デッキの大半をロード・ドラゴンにし、黄金の覇王ロード・ドラゴン・インティの効果の成功率を高めたデッキ。
デッキの爆発力が高くなるが必然的に事故率も高くなる。

関連リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-18 (金) 08:14:15
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索