【剣獣】

●目次

概要

神煌臨編

神煌臨編でも緑の創界神ネクサスのサポート対象として引き続き強化されている。
英雄獣軸を中心としたデッキが生まれ、ある程度の結果を残せるようになった。

主に競技環境において、剣獣デッキと呼称する場合はこのタイプを指す。
パキラフォックス創界神ヘルメスにより手札の問題が解消され、相手のデッキを見てフィニッシャーを選択しやすくなっているのが大きな強みである。

それ以前

剣獣のサポートカードは第九弾:超星までの間はそれなりの枚数が登場していた。
系統を揃えることでフロックリカバリー等の回復マジックが使用できたため、緑における系統デッキの主流の一つとなっていた。

しかしその後はしばらく緑の主流系統から外れ、サポートカードもあまり追加されなかった。

覇王編 第5弾:覇王大決戦で登場した雄将を併せ持つスピリットが多数登場したものの、以後雄将スピリットが一切登場せず中途半端になってしまった。

アルティメットバトル01以降は新たなサポートカードが増えてきており、剣獣を持つアルティメットを中心として系統を固める意義を取り戻しつつある。
烈火伝 第1章からは新系統:「忍風」のスピリット群の中に剣獣を持つ「異牙忍」も登場しており、烈火伝 第3章ではBP補強やコアシュートメタなどを持つ系統サポートカードも登場した。
烈火伝 第4章では前弾のギミックの強化を行いつつ、既存の剣獣デッキも強化できるようなカードが多数登場した。

神皇編では【緑青連鎖】の対象系統に殻人の代わりに剣獣が選ばれたことで、青との混色を前提としたカードが多数登場した。
烈火伝までのアルティメットと組み合わせる軸とは全く別方向の強化ではあるが、戦術や構築の幅は大きく広がった。

煌臨編では新効果の【旋風】を持つ剣獣が登場し、《煌臨》ギミックを活かせるようになった。

構築(神煌臨編)

パキラフォックスなどのサーチカードと、創界神ヘルメステッポウナナフシなどの手札交換カード
・召喚時などにコアブーストが可能なカード
・英雄獣、界渡/化神を持ったフィニッシャー

で概ね構築される。

スピリット

  • 低コスト
    • パキラフォックス
      剣獣デッキのドローソースその1。
      5枚というオープン枚数の多さと、手札に加えられる対象の幅広さが強み。
  • 七大英雄獣ヘクトル
    相手のドローを阻害しつつ、コアを増やし、こちらの展開速度をサポートするカード。
    ドロー以外の手札増加手段もあるため過信は禁物だが、強力。
  • 中コスト
    • 英雄獣ペイリトゥース
      相手の手札を実質ピーピングする効果。手元にオープンする効果の為、主に煌臨、デジモン軸のデッキに強く刺さる。
      コアブーストできれば軽減込みでペイするため、後の展開にも寄与する。
  • 高コスト
    • 七大英雄獣ライオ・アイアース
      バースト】状態では、トラッシュに剣獣が落ちていれば相手の効果を受けなくなる剣獣
      相手の召喚/煌臨時効果に対して疲労とバウンスで返り討ちにできる。
      このデッキにおける防御の要といってもいい1枚であるため、使いどころには留意し、また早めに剣獣をトラッシュに送っておきたい。
  • 七大英雄獣 覇王獣テセウス
    英雄獣の防御担当。破棄耐性を持つバーストなので、ある程度信頼性を持つ。
    BP上昇効果で、除去にもある程度耐性があるが、アンブロッカブルなどには無力なため、過信は禁物。
  • 七大英雄獣 疾風王アキレウザー
    緑スピリットでありながらスピリット/アルティメット/ネクサスの効果に対して耐性を持つ。
    マジック封じとの相性が非常に良く、【アクセル】【バースト】と創界神ネクサスに除去を任せたデッキに対して強い。
    煌臨》条件が重く、煌臨中である必要もないのでコアが溜まっているなら普通に召喚してしまっても良い。
    マジックに耐性がないため、そこを突かれやすい。特に呪鬼はスネークビジョンを抱えていることが多いので、下のキングタウロス大公でフラッシュそのものを潰してしまった方がよいこともある。
  • キングタウロス大公(リバイバル)
    召喚時の大量のコアブーストもさることながら、アタック時効果のフラッシュ封じが非常に強力。
    創界神ネクサスや手札保護による防御すらも許さない。
    ダブルシンボルによる決定力も高く、ブロックされてもBP勝負で勝てばライフを削れる。
    轟魔神でLvを固定化して高いLv3BPを活かしたり、疲労効果で相手ブロッカーを排除するなど相性のいいブレイヴも多い。

アルティメット

  • 天空勇姫ネフェルス
    デッキからオープンされたときに使用できる【アクセル】を持つアルティメット。
    重装甲】などアルティメットの効果を防げない相手の除去を狙える。
    召喚条件はライフが2以上であればよく、召喚時効果のコアブーストも便利なので爪鳥を中心にしないこのデッキでも腐りづらい。
    また、緊急時にはヨク・アルバトロサの【神技】で召喚できることも覚えておこう。

ブレイヴ

  • 緑魔神
    ブレイヴでの除去が行えるため超装甲に強く、ダブルシンボルのため、打点を大きく引き上げるほか、単純にシンボル確保としても強力。
  • 巨蟹神刀カニキリ
    合体条件は少々重いが、召喚コストの割にアタック時効果が非常に強力。
    ブロッカーを排除した上で連続アタックで一気に勝負を決められる。

ネクサス

  • オリンの黄金街道
    剣獣の効果でデッキからオープンされた際にノーコスト配置できる。
    これだけでもシンボル源として強力だが、効果も相手のノーコスト召喚を妨害及びコアブーストと強力なものが揃っている。

創界神ネクサス

  • 創界神ヘルメス
    神技】で手札交換が可能。除去されない緑シンボルとしても優秀。
    数押しが有効な相手には【神域】を発揮して押し切る勝ち方も選択できる。
  • 兵堂 剣蔵
    神技】でアルティメットを含めて疲労させられる。
    手札にフラッシュが抱え難いデッキのため、このネクサスの効果が生命線になることもある。
  • ヨク・アルバトロサ
    効果によって手札に加えやすく、界渡/化神で【神託】が可能。
    神域】と【神技】は剣獣のサポートではないため基本的に無視して良い。
    緑1色の創界神ネクサスを参照する事が多いこのデッキでは、配置しやすいというだけで価値がある。

マジック

構築(それ以前)

剣獣で固めるのはもちろんのことなのだが、その中でも

など、数多くのバリエーションが存在するため、軸にするカードを予め決めておかないとどっちつかずになってしまう。

スピリット

  • 低コスト
  • タケノコーギー
    手札補充に対するメタカードとして働く剣獣
    効果発揮に維持コアが2つ必要なため、積極的にコアブーストしないと展開が止まりがちなことには注意。
  • 一番槍のシベルザ(リバイバル)
    最初のアタック時に回復するため、序盤で速攻を仕掛けることができる。
    複数スピリットのライフダメージを抑制する効果を持つため、このスピリットを採用するならばシンボルを持つブレイヴを減らしたりアルティメットへの依存度を上げておくといいだろう。
  • 忠臣ラテル
    アタック時に自身と家臣にコアブーストを行う剣獣
    ソウルコアが置かれている間は剣獣スピリット/アルティメット全てをBP+4000するため、このスピリット自身も序盤から高BPで殴りにいける。
  • シルフィードハスキー
    召喚時に相手のコスト4以下のスピリット全てを疲労させ、相手のトラッシュのスピリットの効果の発揮と干渉を防ぐ。
    スピリットを回収するなどに対する有効なメタとなるため、なるべく忠臣ユキノジョウと併用するかコアを多めに置いておきたい。
  • 異牙忍ワラビ
    Sバースト】で相手スピリットの疲労か、剣獣を1体回復させられる小型の剣獣スピリット。
    コストも軽く系統も優秀なので様々なサポートを受けられる。
  • 中コスト
    • 北風の狼ボレアースウルフ
      剣獣スピリットをバウンス効果から守る働きを持つ。
      また、アルティメットを中心とする場合には相手のデッキの上のカードを覗ける効果は地味だが役に立つ。
  • 忠臣ユキノジョウ
    剣獣スピリット/アルティメット全てのコアを4個より少なくさせない、のコアシュートメタ効果を持っている。前述のシルフィードハスキーと並べることでの動きを止めやすい。
    Lv2のバトル時の疲労効果も便利だが、疲労破壊カードには要注意。
    コスト4のため神霊王アメホシノミコトの対象にならないよう、なるべくコスト4以上のブレイヴと合体させたい。
  • レッドフォックス
    のスピリットだが剣獣を持つ。
    真・激突】によって小型のアルティメットを除去したり、大型のアルティメットに対する鉄砲玉としても機能する。
    また、【連鎖】によってコアブーストやバースト封じを行ったりと、多芸なスピリット。
    のドローマジックの軽減シンボルにもなる。
  • 草原の狩人キングゲパルド(リバイバル)
    ライフ3以上ではLv1からアタック時回復が可能、ライフ3以下では今度はデッキボトムへのバウンスが可能となり、ライフが3ならば双方の効果を使える。
    どの効果もアタッカーとして非常に有用。
  • 晴天のカリスマ アグレッシブちゅるぱ
    相手のアタック後の【Sバースト】で召喚可能。
    普通に召喚する場合は軽減が6色の1つずつしかなく、このデッキで満たせるのは2つまでが関の山。
    ソウルコアを乗せることで破壊されなくなり、このデッキでは貴重な維持しやすいシンボル源およびブロッカーとして運用できる。
    忠臣ユキノジョウ北風の狼ボレアースウルフの効果を受ければ更に頑丈になる。
    アタック/ブロック時のドローないしコアブーストも状況に応じて必要な方を選べるのが優秀。
  • 剣王獣ビャク・ガロウ(リバイバル)
    アタック時に【旋風:2】を発揮し、相手のフィールドを大きくコントロールできる剣獣
    ハンデス効果もあるが維持コアや条件の関係上おまけ程度に。
  • 大名獣ヤイバノカミ
    主君/家臣を中心にする場合にフィニッシャーになる剣獣
    アタックの瞬間にライフダメージを与えるため、とどめの一撃に有効。
    さらにアルティメット全てを家臣化するため、アルティメットを中心とするデッキで活躍するスピリット。
  • 爆進獣ブランボアー(リバイバル)
    ライフを削るまで何度でも回復し続けるアタッカー。
    擬似的なダブルシンボル化も可能だが、軽減の少なさがネックなので、序盤でのコアブーストが重要となる。
  • 高コスト
  • 異牙忍頭首トウドウ
    最速で先行1ターン目の相手のターンからでも手札から召喚可能な剣獣。《煌臨》の普及に伴いその召喚難易度が徐々に下がっている。
    通常召喚する場合は緑シンボルの他、ブレイドパンサーなどで究極シンボルを確保したい。忍魔神で踏み倒しても良いだろう。
    バトル時の疲労効果は数を並べるこのデッキに非常にマッチしており、拘束力が強く相手をコントロールしていける。
  • 旋風王獣ブラスト・サーベル
    コスト5以上ののスピリットに《煌臨》できる剣獣
    煌臨/アタック時に【旋風:2】を発揮し、Lv2からは相手の重疲労状態のスピリットの数だけライフダメージを与えるこのデッキの【旋風】軸でのフィニッシャー。
  • 異牙上忍ヒョウソウガ
    召喚時にスピリット/アルティメット問わず3体疲労させ、さらにダブルシンボルのフィニッシャー級スピリット。
  • インペリアルドラモン パラディンモード
    青と緑の軽減を持つ【チェンジ】で除去とコアの回収が可能。
    入れ替え対象は合体でコストを上げたスピリットならばなんでも良い。
    自身もダブルシンボルを持ち、連続アタックも合わせて大量のライフをもぎ取れる。

アルティメット

  • シュバリアン・ハスキー
    Uトリガー】がヒットしてもガードしてもかなりのアドバンテージを得られる、低コストのアルティメット。
    トラッシュからのスピリット回収手段が不足している緑においては、ガードされたときの効果の方が重要になってくる。
  • ブレイドパンサー
    剣獣スピリット/アルティメットがアタックするときバースト封じを与える小型アルティメット。
    このデッキにおけるバースト封じの要となるキーカード。
    合体時【Uトリガー】も剣獣の展開サポートだが、ヒットを狙うならコストが大きめのブレイヴによるコストアップが必須。
  • 雷極天サンダー・ウルフ
    召喚時効果によるコアブーストと、【Uハンド】を持つ。
    多少無理に召喚しても自動でLv4に上がるため非常に安定した性能を発揮する。

ブレイヴ

このデッキにおけるスピリットの主なコスト帯は4に集中しているため、コスト4以上を条件としたブレイヴを優先的に入れるとデッキが回転しやすくなる。

  • シンボルなし
  • オオヅツナナフシ
    には珍しい手札交換手段。合体条件も緩く、回復効果によって防御の際も安心できる。
  • テッポウナナフシ
    シンボルが付いた代わりに、合体条件が厳しくなり回復効果が無くなったオオヅツナナフシ
    どちらを採用するかはデッキ内のスピリットのコストを見て決めると良い。
  • 龍魔神
    軽減を持つ異魔神ブレイヴ。
    アタック時の疲労効果が豊富なこのデッキでは【右合体時】の除去を発揮しやすい。
  • 風魔神
    片方は低コスト破壊とマジック封じ、もう片方は2体ブロックを強要させる異魔神
  • 鳥獣魔神
    コスト4の異魔神ブレイヴ。
    左合体時のアタック時の疲労効果とコアブーストもありがたいが、右合体時のBP破壊効果のおかげで積極的に除去を行えるようになる。
    単色のBP破壊のおかげで安定して機巧犬キシュードッグなどの厄介な耐性持ちの小型スピリットを破壊できる。
  • 兜魔神
    同じくコスト4の異魔神
    このデッキに足りないドローを補え、バースト封じも扱いやすい。
  • 緑魔神
    合体条件は重いが、合体できれば最低でもトリプルシンボルのスピリットを用意できるダブルシンボル異魔神
    煌臨》軸などで高コストが多くなる場合に。
  • 轟魔神
    コスト4の異魔神
    アタック時に最高Lvとして扱えるとともに、左右に剣獣/異合が合体していれば相手の手札からピーピングハンデスを行える。
  • 豹魔神
    コスト6の異魔神ブレイヴ。スピリット状態では剣獣なのである程度のサポートが受けられる。
    左アタック時にはアタック時に剣獣の数だけ相手のスピリットを疲労させ、右合体時には疲労状態のスピリットすべてからコアシュートを行う。
    単色でコアシュートを行えるため、【装甲:紫】などでは防げないのが強み。

ネクサス

  • 忍の森の一本杉
    剣獣スピリットがバトルで勝利するたびにコアブーストを行えるネクサス。
    ターンやステップを問わない回復効果も優秀。
  • 広大なる丘陵
    旋風】を手札に補充できるネクサス。
    Lv2のコアシュート対策効果も地味ながら優秀。

創界神ネクサス

マジック

  • ストームアタック
    回復と疲労を同時に行えるの定番マジック。制限1
    アタック時にコアブーストするスピリットが多数いるので相性が良い。
  • エンシェントハウリング
    消滅/破壊後の【バースト】で、相手のスピリット数に応じてデッキから剣獣を展開できる。
    フラッシュ効果もコスト5以下のスピリットを全て疲労させられるので非常に便利。
  • アウェイキングビースト
    デッキから剣獣を1コスト支払って召喚できるマジック。
    追加ダメージ効果も付与されるため、小型を召喚したとしてもアタッカーとして機能する。
  • 英雄獣の雄叫び
    疲労状態のスピリットを手札に戻す除去マジック。
    剣獣が消滅/破壊されるたびにトラッシュから手札に戻るため、何度でも使用できる。
    除去として以外に、手札を増やして幼き創界神ロロの【神域】を無効化、このデッキ得意の手札封殺の対象とするのも良い。
  • 双光気弾天火烈刀斬
    対ネクサス・合体スピリット用マジック。
    どちらもバースト効果でドローが可能なため、ドロー手段に乏しいこのデッキにはうってつけ。

デッキの動かし方

BP効率の高い小型スピリットで相手のライフを削りつつ、豊富なコアブースト効果でコアをためる。
中盤以降は溜めたコアを使ってドローを増やす。
疲労効果でブロッカーを排除し、大型のスピリット/アルティメットで残りのライフを砕く。
バースト対策としてはブレイドパンサー王獣一族ブレードユースを置物にしておけば良いため、他のデッキよりもバーストに怯える必要が無いのもこのデッキの強み。

大名獣ヤイバノカミを軸とする場合、家臣を持つスピリットやアルティメットをアタックさせるだけで相手のブロッカーが疲労しみるみる減っていき、効果によるライフダメージを狙うことも可能。

煌臨》と【旋風】を軸とする場合、相手のスピリット/アルティメットをいかにコントロールしつつ自分のフィールドを維持できるかにかかってくる。
その分のリターンは非常に大きいため、【旋風】で相手が思うように動けない隙を見つけた場合そのまま攻め切ってしまうのも大事となる。

このデッキの弱点

全体としてBPが低く、疲労効果を前提とした動きが戦術の核となるため、【装甲】などの効果耐性を持ち疲労しないスピリットや、疲労ブロッカーなどが相手になると動きが止まってしまう。
無理やりにでもアタックを通したいなら、風魔神などの2体ブロックを強要させるブレイヴなどで対応したい。

参考レシピ

リンク

デッキ集
【緑青連鎖】




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-23 (月) 11:49:01
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索