【仮面ライダー555】

●目次

概要

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】で登場した仮面ライダーファイズオルフェノクを中心に構築するデッキ。
他の仮面デッキと異なり、ヒーローである仮面ライダーと怪人であるオルフェノクが入り混じるという、原作の設定を色濃く反映した構築となるのが最大の特徴。
そのため、【オルフェノク】についても本項で扱うこととする。

仮面冥主の混色デッキになるため、BP破壊/強制バトル/コアシュート/疲労状態破壊などの幅広い除去手段を用いて臨機応変に戦うことができる。
両者ともにドローを得意とする色であり、2色デッキらしく軽減の量が多いため、デッキを掘り進んで必要なカードを手札に加えやすい。
トラッシュからの回収やバーストなども強力なものを数多く持つ。

構築

仮面を持つ「ファイズ」/「カイザ」/「デルタ」と、冥主を持つ「オルフェノク」を中心に構築する。
それ以外の仮面は赤/紫であれば利用できるが、サーチやサルベージの対象外になりやすいことに注意。

基本的には仮面ライダーファイズ ブラスターフォームをフィニッシャーに据える構築が安定するが、投入する比率を「オルフェノク」寄りにすることで、アークオルフェノクを中心とした粘り強いデッキにすることも可能。

スピリット

アルティメット

ブレイヴ

ネクサス

創界神ネクサス

マジック

デッキの動かし方

序盤は仮面ライダーファイズの召喚時効果やスマートブレイン社のドロー効果で手札を整えることが先決。
多少荒くとも仮面ライダーファイズ ブラスターフォームとそ煌臨元のスピリット、紫のスピリットカード1枚とクリムゾンスマッシュを手札に揃えてしまえば逆転は可能なので、とにかく手札補充が最重要。
そのため【チェンジ】を駆使して攻めるのではなく、手札が揃うまでいかに相手に攻めさせないかが重要となる。

理想の手札が思うように揃わない場合、軽減の多さを利用して数を並べつつ、【チェンジ】を絡めた物量作戦に切り替える判断も必要。

弱点

最序盤から手札を増やさなければならないため、手札増加後の【バースト】を踏みやすい。
特にオートバジン バトルモードクロコダイルオルフェノク 凶暴態がいないときに闇輝石六将 機械獣神フェンリグなどを踏んでしまうと壊滅しかねない。
そうでなくともトラッシュ利用や召喚時効果を多用するため、巨顔石の森軍港都市オステアなどを配置されると厳しくなる。

関連リンク

デッキ集

外部リンク



[PCサイト固定]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-17 (金) 19:57:16