【アルティメット・ムゲンドラゴン】

●目次

概要

アルティメット・ムゲンドラゴンのトリプルシンボル&Uエナジーで相手のライフを削っていくビートダウンデッキ。

ここでは【Uエナジー】を活かすために新生次代を効率よく展開するデッキについて記す。
主流となるデッキタイプはコアブーストに長けた緑のスピリット・アルティメットを場に並べつつ赤のドローマジックで手札を揃えていくもの。
アルティメット・ムゲンドラゴンアルティメット・セイリュービを軸とするため、【ムゲンリュービ】、緑が主軸なので【緑ムゲン】とも呼ばれる。
同時期に隆盛した【赤緑連鎖】とは色の組み合わせこそ同じだが、共通するカードはほとんど無い全く別のデッキである。
必ずしもアルティメット・ムゲンドラゴンを必須としない【赤緑アルティメット】も本項目で記述する。

アルティメットバトル終了後も名称:「戦国六武将」を含むアルティメット邪神アルティメットの登場で強化されている。
特に後者の小型アルティメットにより、スピリットカードを殆ど排したデッキを組むことも可能になった。
カードプールがスピリットに傾きアルティメットの追加カードが無くとも、アルティメットを対象に取れるカードが環境からいなくなれば隆盛する余地があるデッキである。

獣士などによる極竜のサポートに重点を置いたものは【極竜】を参照のこと。

構築

アルティメット・ムゲンドラゴンアルティメット・セイリュービ召喚の為、2体を含めアルティメットは10枚以上積むことが多い。
また、少ないコストでムゲンドラゴンを召喚してしまうと、アルティメット・セイリュービが召喚できなくなってしまうので、赤シンボルの採用は少なめ。

スピリット

  • 小凰ニックス
    アルティメットをサーチとスピリットソウルを持つ。
    キーカードを引き込まねば始まらないこのデッキでは必須。
    ただしアルティメット召喚前にスピリットを1体でも破壊されると展開が危うくなる危険がつきまとうデッキなため、バーストを踏む可能性がある場合は召喚時効果を発揮しないことを選択するのも大切。
  • 砲天使カノン
    中コスト程度のスピリットを壊滅可能な【バースト】を持つ。
    体制が整う前に速攻を受けることを避けられる。
  • 道化神ポルック&カスター
    4コストで召喚でき召喚時効果は不要な手札がすべてあれば破棄して相手の手札枚数分ドローする効果と、Lv2からのコアブースト効果を倍増させる効果でアルティメットの召喚や維持コストに支援することも可能。入手難度が非常に高いのでおまけ程度でも悪くはない。

アルティメット

  • バーゴイル
    こちらも召喚条件が緩い赤緑アルティメットで、召喚時に破壊かコアブーストを狙える。
    序盤からコアブーストを行うことで【烈神速】発揮のためのコアを確保可能。
  • ビートルゴン
    同じく召喚条件が緩い赤緑アルティメット。
    メインステップ中に複数シンボルを確保することで各種カードの使用や召喚を手助けできる。
    スピリットとして召喚条件の肩代わりもできるため、様々な召喚条件のアルティメットを幅広く採用可能。
  • シュバリアン・ハスキー
    神速を回収したりコアブーストスピリットを回収したりと活躍の場が多いアルティメット。
    自身のUトリガーとコアブーストスピリット回収により、安定したコアブーストが可能。
    単体でのUトリガーのヒットは厳しいため、星獣槍シリウスなどのブレイヴを合体するとより使いやすい。
  • 龍魔皇イビルフリード
    召喚時【Uトリガー】でコアを回収できるが、コストは中程度なので外しても問題ない状況で召喚するのが良いだろう。
    アタック時効果はシンプルだが使いやすい。
  • 獄土の四魔卿マグナマイザー
    現在は禁止カード。
    紫のアルティメットだが、召喚条件は色を問わないスピリット/アルティメットでコストも参照しないため、相手によって左右されづらい。
    軽減に究極シンボルがあるため、念入りにコアブーストを行えば早いターンでの召喚も十分狙える。
    TUトリガー】は言わずもがな強力で、コア1つのLv3から発揮できる点も最低コア2つを要求する【ソウルドライブ】と比べても優秀。
    邪神を持つため獄風極天クルビデンスでシンボルを追加できる。

ブレイヴ

  • 星騎槍ガクルックス星獣槍シリウス
    いずれもアルティメットに合体可能なブレイヴである。
    前者はドロー、後者はコアブーストを可能にする。
    Uトリガーのヒット確率を上げるとともに、間接的なアルティメットの召喚サポートとなる。
  • 木星神剣ジュピターセイバー
    召喚時にアルティメットの数だけコアブーストを行うシンボルブレイヴ。
    合体していなくとも【Uトリガー】を成功しやすくなるため、アルティメットを並べやすいこのデッキでは活躍できる。

ネクサス

創界神ネクサス

  • 灼熱のゼロ
    赤の汎用創界神。
    神技】で赤には貴重な相手ターンの除去が可能。
  • 疾風のゼロ
    緑の汎用創界神。
    対象は緑一色のみだが、回復や疲労でライフダメージを稼ぎやすくなる。

マジック

  • インファナルウィンド
    疲労とコアブーストを行うマジック。
    コストは重めだが、究極シンボルで軽減が可能。緑軽減と究極軽減をすべて満たせばかなり軽いコストで使える。
    ソウルドライブ】でソウルコアを除外していれば更に効果が増すが、通常の効果でも十分強力でありソウルコアを利用したカードとの併用ができなくなることを考えると無理に狙う必要はない。
  • デッドエンドフィールド
    コアブーストとデッキ破壊を完全に無効化するフィールドマジック。
    場にスピリットを出さなければ解除できないため、アルティメットが主力のこのデッキとの相性は抜群。
    自身も影響を受けるためコアブーストを狙わないか、十分にコアが増えてから使用すること。
    また、合体しているブレイヴをスピリット状態で場に残すと破壊の余地を与えてしまうため、合体アルティメットが破壊されたりディーバシンフォニーを受けた場合はブレイヴにコアを残さずにトラッシュに送ってしまう方が良い。

デッキの動かし方

序盤・中盤はドローマジックまたは小凰ニックス/獄風の探索者カゲロウ・シーカーなどのサーチカードを召喚し、アルティメットを手札に加え、アルティメット・ムゲンドラゴン召喚の準備をしつつコアブーストでコアを溜めていく。
終盤はは低コストアルティメットからアルティメット・ムゲンドラゴンアルティメット・セイリュービの流れで相手のライフを狙う。

アルティメット・セイリュービが手札にある場合はもちろん、無い場合も緑のアルティメットが場にいるならばなるべくターン中にコアを5個以上トラッシュに送っておき、相手の行動を牽制すると良い。
無論ハッタリのために本来防御に必要なコアを無駄遣いしていいわけではないので、状況を読んで行動を決めたい。

弱点

アルティメットが多くなるので手札事故が一番の弱点。
また、アルティメット・ムゲンドラゴンが来ないと相手のライフを狙いにいく効果を持つカードが少ないため辛くなる。

勝ち筋をアルティメットに一任しているため、機界蛇竜ヨルムンガンドの前では壊滅的な被害を受けてしまうのも難点。
だが、戦国六武将センリュウカクの【ソウルドライブ】をあえて発動して一気にドローロックさせれば多少は楽になる。

メインステップにコアを増やす手段を軸としている場合、陰陽童相手に何も出来ずに敗北する可能性もありえる。

このデッキの派生系

【緑アルティメット】

アルティメットデッキ【深緑の大地】のカード並びにアルティメット用のブレイヴを採用し、デッキを緑に統一したもの。
爆発力こそ高いが手札事故の原因となるアルティメット・ムゲンドラゴンを採用しないことでデッキの安定性を上げる。
とはいえそのままではドローが弱いため、赤のドローマジックは採用される事が多い。

殻人または剣獣アルティメットで固めてサポートカードを駆使する戦術も考えられる。

【次代】【次代グッドスタッフ】

次代アルティメットを主軸としたビートダウンまたはコントロールデッキ。

参考レシピ

関連リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-27 (木) 08:06:34
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索