【つららループ】

概要

鉄騎皇イグドラシルヘル・ブリンディのバウンス効果と凍てつくつららの逆塔のコアブースト効果を組み合わせて、アドバンテージを稼ぐ低速ループデッキ。
最終的にデッキのカードすべてを引ききって無限のコアを使えるようになるため、大型スピリットを大量展開したりメインステップのデッキ破棄ループで勝利を目指す。

構築

凍てつくつららの逆塔鉄騎皇イグドラシルヘル・ブリンディを揃えてループを成立させるために、白・緑の範疇でドローを行えるカードを重点して採用する。

スピリット

  • 低コスト
  • ヤミヤンマ
    他に白のスピリットが必要だが、最大軽減で0コストで召喚してコアブーストが可能。
    このデッキで最優先すべきコアブーストスピリットの1体。
  • 道化竜メルトドラゴン
    召喚時効果でネクサス破壊とコア回収が可能。
    召喚時効果メタは突破できないものの、それ以外のネクサスを安定して処理でき、コア回収で色の噛み合わなさをカバーできる。
    Lv1BPが3000なため鉄騎皇イグドラシルで回収できるのも利点。
  • 盾甲機レイド・キャバリアー
    コアブーストが発生する際に代わりにドローができる。
    ループで必要分のコアを増やせている状況でキーカードを引き込むために使う。
    Lv1・2・3効果で耐性を発揮できるのも最序盤で役立つ。
  • マッチュラ<BS01-056>
    低コストで手札破棄効果を持つ緑のスピリット。使いまわすことで相手手札を0にできる。
    リバイバル版はソウルコアを消費しなければ手札破棄できないため、リバイバル前のものを使う。
  • 中コスト
    • ヘル・ブリンディ<BS01-090>
      召喚時効果で自分のスピリットを手札に戻せるスピリット。
      鉄騎皇イグドラシルを手札に戻すことができ、鉄騎皇イグドラシルで手札に戻すことができるこのデッキのキーカードの一つ。
      リバイバル版はソウルコアを消費しなければ自分スピリットをバウンス出来ないため、リバイバル前のものを使う。
  • 道化神ポルック&カスター
    召喚時効果の手札交換も優秀だが、コアブーストを含む効果を再発揮することで一度の行動で多量のアドバンテージを得られるのが利点。
    コアブーストに付随してドローなどが発揮するものはその効果も追加発揮できる。
  • 要塞蟲ラルバ
    自身の効果で白になることができる緑の召喚時コアブーストスピリット。
    単独ではコアブーストできないため、他に白のスピリットを用意してから始動するのが基本。
    ヤミヤンマと並ぶこのデッキの要のスピリット。
    コアブースト効率自体は変わらないが【重装甲:赤】を持つリバイバル版を採用するのが無難。
  • 小氷姫クラーラ
    召喚時効果で白としては破格のドローが可能。
    ループパーツが揃う前も揃った後も、主にこのスピリットの召喚時効果を使いまわして手札を稼いでいく。
  • 神海賊皇子トリトーン
    召喚時効果で相手のデッキを2枚除外する青スピリット。
    デッキ破棄に対するメタを突破でき、Lv1BPが3000なため鉄騎皇イグドラシルで手札に戻せる。
    ループの締めとして使うため採用枚数は1枚あれば良い。
  • 選ばれし探索者アレックス
    定番の防御効果を持つバーストカード。
    リバイバル版はコストが低く、通常通り召喚してドローやコアブーストを自発的に使えるのが強みなため主にこちらを採用する。
  • 鉄騎皇イグドラシル<SD01-026>
    キースピリット。1度に多くの低BPスピリットを手札に戻すことができる。
    リバイバル版は相手スピリットしか戻せないので、リバイバル前のものを使う。
    最近の環境では強力な召喚時効果発揮後バーストの赤が増えているため、Lv2で召喚することで自身の保護が可能となる。
    召喚前に戻すスピリットのLvを下げる事を忘れないようにしたい。

ブレイヴ

  • レチクル・アームズ
    召喚時に3枚破棄。このデッキの勝ち筋の1つ。ブレイヴによる破棄なので対策カードが少ない。
  • シンボル有

ネクサス・マジック

  • ネクサス
  • 湖に咲く薔薇
    凍てつくつららの逆塔に近いコアブーストが行えるが、こちらはコスト4以上が対象。
    凍てつくつららの逆塔だけでは序盤のコアブーストが足りないため、枠に余裕があれば採用する程度。
    なお、こちらを採用する場合はコスト4以上のスピリットの比率を高める必要がある点に注意。
  • マジック

デッキの動かし方

ループの1例を以下に書き表す。

  1. 場に鉄騎皇イグドラシル1枚、凍てつくつららの逆塔1枚、手札にシュライクン3枚、要塞蟲ラルバ1枚、ヘル・ブリンディ1枚を用意する
  2. シュライクンを0コストでLv2召喚で1コアブースト。これを計3回行い、合計3コアブースト。
  3. 要塞蟲ラルバを1コストでLV1召喚。召喚時効果で2コアブースト、凍てつくつららの逆塔で1コアブースト。合計3コアブースト。(LV2で召喚してもいいが、LVを下げ忘れると鉄騎皇イグドラシルで戻せないので注意。)
  4. ヘル・ブリンディを1コストで召喚。鉄騎皇イグドラシルを手札に戻す。
  5. 鉄騎皇イグドラシルを3コストで召喚。シュライクン3体、要塞蟲ラルバ1体、ヘル・ブリンディ1体を手札に。
  6. 2に戻る。

この手順では、1ループで1コア使えるコアが増える。
凍てつくつららの逆塔が複数配置していたり、手札にコアブーストスピリットが存在すると増えるコアの数は変わってくる。
また、このループの最中にリターンドローを使用していると、バウンスするたびにドローができる。

このループの途中でマッチュラを召喚することで、相手の手札を無くすことが可能になる。
インビジブルクロークを使用しながら神聖鳥サンダ・バードで回収することで、全スピリットをアンブロッカブルにできる。
レチクル・アームズを召喚すると、相手のデッキを0にできる。

弱点

召喚時効果や凍てつくつららの逆塔の効果を抑えられると、ループが回らなくなる。
また、デッキ破壊、召喚時で発動するバーストなどに対しても何らかの対策が必要になってくる。
ループデッキの常として速攻には弱い。

関連リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-23 (金) 11:17:09
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索