**&ruby(てっきまりゅう){鉄騎魔龍};ヴァ・ドー [#udc538ce]
 スピリット
 7(3)/赤/古竜・竜人
 <1>Lv1 5000 <3>Lv2 10000 <4>Lv3 13000
 【バースト:自分のライフ減少後】
 BP10000以下の相手のスピリット/アルティメット3体を破壊する。
 自分のライフが3以下のとき、さらに、自分の手札にあるコスト6以下の赤のスピリットカード2枚までを、コストを支払わずに召喚する。
 この効果発揮後、このスピリットカードをコストを支払わずに召喚する。
 Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
 このターンの間、コスト5以上の自分の赤のスピリットすべてに赤のシンボル1つを追加する。
 シンボル:赤
 
 イラスト:藤井英俊
 
 フレーバーテキスト:
 世界には『起源の輝石』と呼ばれる力の源がある。
 それは選ばれた英雄とその眷属が守っているんだ。

#refcard
[[煌臨編 第1章:伝説ノ英雄]]で登場した[[赤]]の[[スピリット]]。

ライフ減少後の【[[バースト]]】はBP10000以下のスピリット/アルティメット3体を破壊できる範囲の広い破壊効果。
なるべくゲーム序盤に発揮し、相手のフィールドを更地にしたい。
ライフが3以下なら追加で、手札からコスト6以下の[[赤]]のスピリット2体をノーコストで召喚できる。
先の破壊効果と併せ、ブロッカーを増やし相手の追撃の手を緩めることができる。
デッキ内のコストの比率や手札でのスピリットの数にもよるが、序盤から終盤にかけて腐りにくい効果となっている。
この効果で踏み倒せるのは本来のコストが6以下のスピリットに限定されるため、召喚する際にコスト5扱いにできる「[[五賢龍帝>名称:「五賢龍帝」を含むスピリット]]」を召喚することはできない。
各種コスト変更効果で6コスト以下になったスピリットを召喚することも可能だが、一方で召喚する際のみコスト5扱いとなる「[[五賢龍帝>名称:「五賢龍帝」を含むスピリット]]」は含まれない。

Lv2からはアタック時にコスト5以上の[[赤]]のスピリットすべてに[[赤]]のシンボルを追加する。
先述の【[[バースト]]】効果でスピリットを展開できていれば、手数を用意しつつ複数シンボルによるアタックができるデザインとなっている。
シンボルを追加するにはこのスピリット自身が真っ先にアタックしなければならないが、「このターンの間」の記述があるため、このスピリット自体がバトルや効果によって除去されてもシンボル追加効果はそのターン中継続する。
《[[煌臨]]》でこのスピリットを煌臨元にした場合でも同様なので、【[[煌覚醒]]】により1ターン中に何度も回復を狙える[[煌龍皇シン・ジークフリード]]とは相性が良い。

-名称、系統、コスト、BP、シンボル増加効果、年間での初弾の赤Mであることから[[焔竜魔皇マ・グー]]を意識している可能性がある。

***収録 [#e757998a]
[[煌臨編 第1章:伝説ノ英雄]] <M>

#clear
//-テキスト関連


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索