**&ruby(ちょう){超};・&ruby(えんまじん){炎魔神}; [#v9b77b78]
 ブレイヴ
 5(赤2白2)/赤/異魔神・機竜
 <0>Lv1 5000 <0>合体+5000
 このブレイヴは、疲労せず、スピリット状態のとき、アタックとブロックができない。
 Lv1『このブレイヴの召喚時』
 相手のバースト1つを破棄する。
 左右合体条件:コスト4以上
 【左合体中/右合体中】『このスピリットのアタック時』
 このスピリットをBP+5000する。
 【ダブルドライブ】このブレイヴの左右に系統:「神皇」を持つスピリットが合体している間、
 バトル終了後、このスピリットは、続けてもう1回だけアタックできる。
 シンボル:赤
 
 コンセプト:森木靖泰
 イラスト:船弥さ吉
 イラスト:SUNRISE D.I.D.(バトルスピリッツ ダブルドライブ 神皇プレミアムBOX)

 (エラッタ前)
 【左合体時/右合体時】『このスピリットのアタック時』

#refcard
[[十二神皇編 第4章]]で登場した[[赤]]の[[ブレイヴ]]。

目玉効果は単体で可能なものは初となる召喚時=メインステップでの【[[バースト]]】破棄。
バースト解決前に破棄できるので【[[Uハンド]]】による発動を除き召喚時効果発揮後バーストを踏まない。
効果発揮後バーストによる妨害が気掛かりであった[[【つららループ】]]/[[【身代ループ】>身代之術]]/[[【ギ・ガッシャループ】]]などの安定性を上げることができる。
[[闇輝石六将 機械獣神フェンリグ]]や[[選ばれし探索者アレックス]]の登場以降、メインステップで安全に【バースト】を破棄(確認)できるこのカードの評価は上がっており、[[アイツのカード]]を擁する[[【ジークヴルム・ノヴァ】]]などで採用されている。

[[炎魔神]]と比べてアタックするたびにBP破壊&バースト破棄することはできなくなったが、BPアップ効果は無条件で使える。
計BP+10000されるので、適当な[[コスト4スピリット]]と合体してもBP負けの心配は少ない。
指定アタックや自身のBPを参照する効果などと併せられると効果的。

【[[ダブルドライブ]]】は小回りこそ利かないが、ダブルシンボル以上になっている両合体スピリットの攻撃回数を増やせるのは強力。
[[神皇]]はアタック時効果を持つものが多く、その再発揮が狙えるのも便利。
[[庚天獣レディアント・ペガス]]互換などの存在から[[神皇]]2枚を呼び込むのは難しくないが、そもそも単体でもゲームエンドが狙える[[神皇]]を2体召喚するのはオーバーパワーかもしれない。
なお、発揮タイミングまでにバトル終了を挟むので、アタックステップを強制終了された場合は不発に終わる。

-[[炎魔神]]の進化系。
バースト破棄、大幅なBPパンプに面影が残るが、破壊効果とアタックの度にバースト破棄ができなくなってしまった。
-単体でメインステップにバースト破棄できる初のカード。
また、召喚時効果でバースト破棄する初のカード。
-「左右合体条件」/【左合体時/右合体時】の記述は初。
-[[異魔神]]としては初の全体イラスト。

***収録 [#z962d5ff]
[[十二神皇編 第4章]] <X>
[[バトルスピリッツ ダブルドライブ 神皇プレミアムBOX]] <X>(新規CGイラスト)
[[メガデッキ【灼熱の神皇】]] <X>

***アニメにおいて [#ef850dae]
『ダブルドライブ』『赫盟のガレット』で登場。

『ダブルドライブ』では、ソウルスポット"司る者の試練"にて[[炎魔神]]が進化したものを[[茂上 駿太]]が使用。
初登場となった駿太vsイオ(37話)では、召喚時効果でイオがセットしていた[[地神刀オオテンタ]]を破棄し、【[[ダブルドライブ]]】で[[午の十二神皇エグゼシード]]と[[寅の十二神皇リボル・ティーガ]]を連続アタックさせることで、[[丑の十二神皇アバランシュ・バイソン]]を含むイオのブロッカー3体を全滅させた上でイオの4つのライフを全て奪い駿太を勝利に導いた。

[[大牙 和巳]]vs[[茂上 駿太]]&[[ヨク・アルバトロサ]](50・51話)では、スピリッツワールドの奇跡の力でバトル中にヨクの[[超・風魔神]]と融合し[[光魔神]]となった。

-駿太の召喚口上は「燃え上がれ、炎の魂!雄々しく強く、世界に轟け!召喚!異魔神ブレイヴ、超・炎魔神!!」
-【[[ダブルドライブ]]】発揮時、駿太のバトルアーマーが変化し、超・炎魔神の角がイラストの通りに前面に展開され、背中のリングが燃える演出が施された。

『赫盟のガレット』では、ルシアン・パークス、ヴァルト・パークスが使用。
ルシアンが手の内を知り合うザイファーとの戦いにおいて意表を突くために構築した[[異魔神]]主体のデッキにおいて採用、以後ルシアンを象徴するカードとして、その遺志を継いだヴァルトも愛用する。

ルシアン・パークスvsザイファー・トライ(1話)では[[滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ]]([[リバイバル]])によりトラッシュ送りにされた。

ヴァルト・パークスvsガレット・レヴォ(1・2話)では、ヴァルトにより2体が召喚され、[[騎士の覇王ソーディアス・アーサー]](リバイバル)を破棄。
中盤では[[イグナイト・ドラゴン]]2体と合体し、ダブルシンボルでガレットのライブを狙った。
中盤では[[イグナイト・ドラゴン]]2体と合体し、ダブルシンボルでガレットのライフを狙った。
第12ターンでは[[爆覇龍エクスプロード・ドラゴン>爆覇龍エクスプロード・ドラゴン/]]2体と合体し、BPを上げることで[[爆覇龍エクスプロード・ドラゴン>爆覇龍エクスプロード・ドラゴン/]]のアタック時効果をサポートし[[龍騎皇ドラゴニック・アーサー>竜騎士ソーディアス・ドラグーン/龍騎皇ドラゴニック・アーサー]]2体の破壊につなげた。



#clear
-テキスト関連
[[神皇]]


[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索