**&ruby(しがいりょだん){紫骸旅団}; &ruby(はくりゅう){白竜};エニグマドラゴン [#udc538ce]
 スピリット
 7(4)/紫/死竜・無魔
 <1>Lv1 6000 <2>Lv2 7000
 Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
 自分のトラッシュにある紫の【アクセル】1枚を、コストを支払わずに発揮できる。
 ただし、そのカードはトラッシュから移動しない。
 Lv2『お互いのアタックステップ』
 自分が使用する紫の【アクセル】すべての色を無いものとして扱う。
 シンボル:紫
 
 イラスト:かんくろう
 
 フレーバーテキスト:
 虚無の軍勢の撤退は早かった。
 アレックスたちの加勢をみて、すぐに逃げ去ったのだ。
 ―『新異界見聞録』第3部 紫の章より―

#refcard
[[煌臨編 第3章:革命ノ神器]]で登場した[[紫]]の[[スピリット]]。

召喚時効果は見た目こそ強力であるものの、【アクセル】の特性上、そう頻繁にトラッシュに【アクセル】が溜まることはない。
召喚時効果は見た目こそ強力であるものの、【[[アクセル]]】の特性上、そう頻繁にトラッシュに【[[アクセル]]】が溜まることはない。
当て込んで採用するのであれば、それを前提とした構築を考える必要があるが、このスピリットの効果だけでは心許ない。
[[闇輝石六将 紫骸龍神ダイムザーク]]との併用は前提となるだろう。

Lv2からは【アクセル】の色を無色化する。
紫の【アクセル】を主軸とする場合はは相手に干渉してターンを凌ぐものが多いので、装甲を無視できるのは大きな利点である。
Lv2からは【[[アクセル]]】の色を無色化する。
紫の【[[アクセル]]】を主軸とする場合はは相手に干渉してターンを凌ぐものが多いので、装甲を無視できるのは大きな利点である。
こちらの効果を頼りに採用する余地はあるだろう。

-カード名の「エニグマ」は西洋語で「謎」、「なぞなぞ」、「パズル」等を意味し、特に第二次世界大戦でナチスドイツが用いたローター式暗号機とその暗号機から打ち出される暗号文を指す。
--白竜と黒竜で対の関係にあると思わしき[[紫骸旅団 黒竜サイファードラゴン]]とは暗号に関する名称と【アクセル】を踏み倒す効果を持つ点が共通する。
--白竜と黒竜で対の関係にあると思わしき[[紫骸旅団 黒竜サイファードラゴン]]とは暗号に関する名称と【[[アクセル]]】を踏み倒す効果を持つ点が共通する。

***収録 [#e757998a]
[[煌臨編 第3章:革命ノ神器]] <R>

#clear
-テキスト関連
【[[アクセル]]】


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索