**&ruby(すずり){硯}; &ruby(ひでと){秀斗}; [#k4872681]
 ネクサス
 2(青1神1)/青/創界神・ウル
 <0>Lv1 <4>Lv2
 このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
 このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
 《神託》〔闘神/造兵/界渡/化神〕〔ネクサス〕(召喚/煌臨/配置での神託はターンに1回)
 ◆対象の自分のスピリット/ネクサスを召喚/煌臨/配置したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
 ◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
 その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
 【神域】Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
 自分の効果名に「強襲」を含む効果に書かれた「ネクサス」を「ネクサス/創界神ネクサス」に変更する。
 【神技:4】Lv2:フラッシュ『自分のアタックステップ』
 〔このネクサスのコア4個をボイドに置く〕このネクサスを回復することで、相手のデッキを上から5枚まで破棄する。
 シンボル:神

#refcard
[[ドリームブースター【俺たちのキセキ】]]で登場した[[青]]の[[ネクサス]]。

デッキ破壊の申し子「硯 秀斗」が[[創界神]]となり、[[「強襲」>名称:「強襲」を含む効果]]とデッキ破壊をサポートするようになった。

《[[神託]]》対象は[[闘神]]/[[造兵]]/[[界渡]]/[[化神]]スピリットと[[ネクサス]]だが、[[【招雷】]]などの存在もあってか召喚/[[煌臨]]/配置での神託はターンに1回の制限付き。
《[[神託]]》対象はコストの制限がなくネクサスも含む代わりに、[[【招雷】]]の存在もあってかターンに1回の制限付き。

【[[神域]]】は維持コストいらずの上に、[[創界神]]ネクサス全てを疲労させての【[[強襲]]】/【[[大強襲]]】/【[[超強襲]]】が可能になる驚異の効果。
[[創界神]]はコストが小さく、神煌臨編時点では除去も受けづらいため、[[「強襲」>名称:「強襲」を含む効果]]の発揮が非常に容易となる。
ただし、このカードを引けなければ「強襲」はできないため、デッキ構築には注意が必要。
【[[神域]]】は維持コストいらずのうえに[[創界神]]ネクサスで[[「強襲」>名称:「強襲」を含む効果]]できる驚異の効果。
[[創界神]]はコストが小さく、神煌臨編時点では除去も受けづらいため、[[「強襲」>名称:「強襲」を含む効果]]の発揮が安定する。
ただし、このカードを引けなくても[[「強襲」>名称:「強襲」を含む効果]]用のネクサスは確保できるように構築したい。

【[[神技]]】では、このネクサスを回復させられるため上記の【神域】をサポートでき、デッキ破壊も行える。
【[[神技]]】は【[[神域]]】を用いた[[「強襲」>名称:「強襲」を含む効果]]を連続発揮させるのにも使える。

[[巨人大帝アレクサンダー]]などによる[[【闘神】]]/[[【デッキアウト】]]/[[【青コントロール】]]や[[【ヤマタノヒドラ】]]といったデッキで非常に使いやすい。
[[創界神]]はフィールド外では従来のネクサスカード同様に扱うため、[[ストロングドロー]]などでトラッシュに落とし、[[フォビッド・バルチャー]]や[[霊峰魔龍ヤマタノヒドラ]]などでの回収・配置は可能。
[[巨人大帝アレクサンダー]]などを中心とした[[【闘神】]]/[[【デッキアウト】]]/[[【青コントロール】]]や[[【ヤマタノヒドラ】]]といった従来のデッキに無理なく採用できる。
[[創界神]]はカードのときは従来のネクサス同様に扱うため、[[ストロングドロー]]でトラッシュに落とし、[[フォビッド・バルチャー]]や[[霊峰魔龍ヤマタノヒドラ]]で回収・配置することもできる。


-《[[神託]]》対象は、スピリットにコストが含まれず、[[ネクサス]]を含む初の[[創界神]]。
-[[百瀬 華実]]と同じく、【神域】の維持コストが0の[[創界神]]。
-《[[神託]]》対象にネクサスを含む初の[[創界神]]。
-[[百瀬 華実]]と同じく【[[神域]]】の維持コストが0の[[創界神]]。
-アニメ第2作『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』に登場するキャラクター。青のコアの光主である少年。
根は善人だが神経質な性格で、カードを大切にしすぎたり、中学では不良からいじめを受けていたりした。その一方で欲するカードを手に入れるためなら大胆な行動も辞さない面・バトルでは容赦しない面も持ち、[[馬神ダン>激突王ダン]]から「根は熱いやつ」と評されている。硯自身も他人のために戦うことに否定的だったが、ダンの熱さに影響されて自分の中に閉じこもろうとする殻を破るべく成長していった。
バトルにおいては、青の[[闘神]]/[[造兵]]などによる[[【デッキアウト】]]を使用。物語序盤は[[英雄巨人タイタス]]を愛用した他、中盤からは[[巨人大帝アレクサンダー]]でライフとデッキの両面を狙う戦法を得意とする。これ以外にも、[[神造巨兵オリハルコン・ゴレム]]や[[機動要塞キャッスル・ゴレム]]を使うなど、デッキ破壊で対戦相手を苦しめ、作中その実力は光主達から高く評価されている。
CVは[[阪口大助]]が担当((『少年激覇ダン』1話テレビ放映時のみ岡本信彦氏が担当))。阪口氏が今日に至るまで様々な[[【デッキアウト】]]を組むようになるなど、思い入れのあるキャラクターとなった。
--《[[神託]]》対象は、[[闘神]]/[[造兵]]/ネクサスと彼に関わりのあるカードから。
【神域】は、[[巨人大帝アレクサンダー]]や[[神造巨兵オリハルコン・ゴレム]]の【[[強襲]]】/【[[大強襲]]】がモチーフか。
【神技】は【[[大強襲]]】のような効果となっている。[[蒼海明王]]の前例から、「~ことで○枚まで破棄する」となっている。

***収録 [#k589b513]
[[ドリームブースター【俺たちのキセキ】]] <->

#clear
-テキスト関連
[[闘神]]/[[造兵]]/[[界渡]]/[[化神]]
[[名称:「強襲」を含む効果]]
[[創界神]]


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索