**&ruby(げっこうりゅう){月紅龍};ストライク・ジークヴルム・サジッタ [#udc538ce]
 スピリット
 6(赤2白2神1)/赤/化神・光導・神星
 <1>Lv1 5000 <3>Lv2 7000 <4>Lv3 10000
 Lv1・Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
 自分か相手のライフが減ったとき、自分はデッキから1枚ドローする。
 【界放:1】Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
 このスピリットは、相手のスピリット/ネクサスの効果を受けない。
 さらに、自分の創界神ネクサスのコア1個をこのスピリットに置くことで、BP12000以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
 Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
 このスピリットが相手のスピリット/アルティメットを破壊したとき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
 シンボル:赤
 
 コンセプト:石垣純哉
 イラスト:森下直親
 
 フレーバーテキスト:
 射手座の力が月をさらなる高みへ押し上げる。

#refcard
[[アイツのデッキ]]で登場した[[赤]]の[[スピリット]]。

色が変化したことで攻撃的な能力になった[[ストライクヴルム>名称:「ストライク」を含むスピリット]]。

ドロー効果はライフの削り合いに備えた速攻向きの効果だが、自身の召喚コストがそれなりなので、引いてきたマジックを使うほどのコアの余裕はない。
序盤から使える【[[神技]]】や《[[煌臨]]》を多めに採用することで攻防の足りないところを補いたい。
//加えて強制効果なので、[[手札増加後バースト>カード効果:バースト(相手の効果によって相手の手札が増えた後)]]などに注意。

[[月光龍ストライク・ジークヴルムX]]の効果にも似た【[[界放]]】は、序盤からガンガン撃たれる[[創界神]]の【[[神技]]】を対策できるのが便利。
弱点は[[マジック]]やBP勝負で、相手の防御に使えるコアが増えるほど辛くなるため、これも速攻向きの効果と言える。
後半の【[[界放]]】部分もBP破壊の上限はそれほどでもないが、実質的なコアブーストを兼ねていて、他効果とのコンボも計算に入れると十二分に強力。

ライフダメージ効果は【[[界放]]】でLvアップすれば続けて発揮することが可能で、さらにドロー効果の発揮にも繋がるため、これも強力かつ使いやすい。
効果破壊に限らず発揮され、相手にフラッシュタイミングを与えてしまう不安は生じるが、指定アタックなどのブロック強制効果との相性もいい。
中盤以降は、【[[バースト]]】などを踏むリスクも大きくなってくるため、[[大神剣アラマンディー]]を合体させてアタック時BP破壊を追加するといったコンボでリターンを大きくしたい。

すべての効果が噛み合った無駄のない能力をしているが、先に書いた通り相手の防御態勢が整うと弱点が目立ってくる。
コンボやプレイングで補うことは十分可能なので、仕事は速攻なのかコンボなのか、ハッキリ確認してからフィールドに投入したい。
それらを踏まえると相性のいい[[創界神]]は序盤から連続アタックが狙える[[月光のバローネ]]、中盤以降に相手のカウンターを対策できる[[創界神ブラフマー]]あたり。

収録された[[アイツのデッキ]]の最終形の一つである[[【天星12宮】]]とは、6色構築に向いた能力をしていないので相性はそれほどよくない。
しかし、[[化神]]のなかではかなり癖のない能力をしていて、アタック時にライフを破壊できる能力はデッキの戦術の幅を広げてくれるため、様々なデッキに採用できる高いポテンシャルを持つ。
[[バトスピダッシュデッキ【開闢の剣】]]や[[バトスピドリームデッキ【太陽と月の絆】]]といった構築済みデッキを強化するパーツとしても優秀なスピリット。

-[[射手座>光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]の力を得たことで[[光導]]となった[[月光龍ストライク・ジークヴルム]]。
CGモデルもカラーリングが変更されながら流用されている。
--アニメ『ブレイヴ』における[[光龍騎神サジット・アポロドラゴン]]+[[輝竜シャイン・ブレイザー]]が有していたアタック時の破壊効果と条件つきのライフダメージ効果が、形を少し変えて受け継がれている。
-全体イラストのサンプルが公式ツイッターにて先行公開された。
--[https://twitter.com/bs_official/status/1130417432705634304 バトルスピリッツ公式2019年5月20日ツイート]
-リバイバルを除き約8年ぶりに登場した新規の[[神星]]スピリット。

***収録 [#e757998a]
[[アイツのデッキ]] <X>

***アニメにおいて [#wea2eedd]
『サーガブレイヴ』に登場。

『サーガブレイヴ』では、[[月光のバローネ]]が使用。
バローネvsグラトス(1話「激突王のキセキ」)では、[[ブレイドラX]]・[[モルゲザウルスX]]・[[光導創神アポローン]]で軽減を確保した上で召喚。自身の【[[界放]]】やLv2・3効果は使用されず、ドロー効果で謎のカード「激突王のキセキ」を引き当てた。[[馬神 弾]]の復活後は[[超神光龍サジットヴルム・ノヴァ]]の煌臨元となり、逆転のきっかけを作った。
-バローネの召喚口上は、「蒼白なる月は、赤き希望に染まる!わが友、月紅龍ストライク・ジークヴルム・サジッタの声を聞け!」。
-登場シーンの演出は[[雷皇龍ジークヴルム]]、[[月光龍ストライク・ジークヴルム]]と同一。
-プリム・マキーナはバローネがこのカードをはじめ赤デッキを使うことを驚いていた。[[クラッキー・レイ]]曰く「友を想って作ったデッキ」とのこと。

#clear
//-テキスト関連


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索