**&ruby(てんせい){天星};12&ruby(きゅう){宮}; &ruby(ませいじん){魔星人};シュタイン・ゴイル [#udc538ce]
 スピリット
 3(神2)/紫/光導・冥主
 <1>Lv1 2000 <3>Lv2 3000 <5>Lv3 5000
 このカードの軽減シンボルは赤/紫/緑/白/黄/青としても扱う。
 Lv1・Lv2・Lv3【星読】『このスピリットの召喚時』
 自分のデッキを上から1枚オープンできる。
 そのカードが系統:「光導」を持つとき手札に加える。
 それ以外はデッキの下に戻す。
 手札に加えたとき、相手のスピリット/アルティメットのコア1個を相手のリザーブに置く。
 Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
 ブロックした相手のスピリット/アルティメットを破壊できる。
 シンボル:紫
 
 イラスト:ショースケ
 
 フレーバーテキスト:
 とにかく今問題なのは、星の力が奪われていること。せっかく平和がきたって
 いうのに、なんてこったい。 ―『天星交渉記』第1項03―

#refcard
[[神煌臨編 第4章:神の帰還]]で登場した[[紫]]の[[スピリット]]。

軽減シンボルは他の天星12宮スピリットと同様に究極シンボル以外であればどれでも軽減が可能。

召喚時に【[[星読]]】を発揮し、[[光導]]を引き込むと同時にコアシュートを発揮する。
構築こそ限定されるが、召喚時にドローとコアシュートを同時に行える3コストスピリットと考えると、その汎用性の高さは計り知れるだろうか。

Lv2からのアタック時効果は【[[呪撃]]】のような効果だが、こちらはブロック後のBP比較前に相手を破壊する為、アタックによって自身が破壊される事は無く、積極的にアタックを仕掛けていける。
[[黎明]]など指定アタックを付与する方法も豊富。

その為、相手がバーストをセットしているときはこのスピリットへ[[光導星剣ゾディアックソード]]を合体させて、積極的にアタックを狙っていきたいところ。

[[名称:「星人」を含むスピリット]]であり、それらの多くに共通の[[冥主]]並びに紫シンボルも持つ。
[[星読]]はほぼ無意味になるが、アタック時効果や複数色の軽減シンボルを持つ点を活かして採用するのも手か。

-[[天星12宮スピリット>サイクル:BS47-005同型]]となった[[魔羯邪神シュタイン・ボルグ]]。

***収録 [#e757998a]
[[神煌臨編 第4章:神の帰還]] <C>
[[アイツのデッキ]] <C>(新規イラスト)
[[光導デッキ コンプリートボックス]] <C>

#clear
-テキスト関連
[[光導]]

***サイクル [#j5714d5c]
#include(サイクル:BS47-005同型,notitle)


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索