**&ruby(だてんけんせい){堕天剣聖};モロク [#ke854b62]
 アルティメット
 3(紫1極1)/紫/次代・剣使・魔影
 <1>Lv3 4000 <2>Lv4 6000 <3>Lv5 8000
 【召喚条件:コスト1以上の自分のスピリット1体以上】
 Lv3・Lv4・Lv5
 自分の紫のアルティメットカードの召喚条件を無視する。
 系統:「魔影」を持つ自分のアルティメットの究極シンボルすべてを紫のシンボルとしても扱う。
 【合体時】【Uトリガー】Lv4・Lv5『このアルティメットの合体アタック時』
 Uトリガーがヒットしたとき、相手のアルティメットのコア1個を相手のリザーブに置く。
 (Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)
 シンボル:極
 
 イラスト:斉藤コーキ
 
 フレーバーテキスト:
 ダークネス・ホールから星たちが……。―アンターク『終焉の黙示録』過去記11日目―

#refcard
[[アルティメットバトル06]]で登場した[[紫]]の[[アルティメット]]。

低コストながら[[悪魔皇デビッド]]に近い効果を常時発揮する。

召喚条件無視はコストを問わないため、条件の厳しい[[骸皇アルティメット・ギ・ガッシャ]]や[[アルティメット・ザンデ・ミリオン]]などが対象になる。
さらにはライフ3以下でないと召喚できない[[戦国六武将ムドウ]]の条件も無視できてしまうため、手札から[[戦国六武将ムドウ]]を召喚する際にはこのカードを筆頭にシンボルを並べ準備を整えることでゲームエンドを狙うこともできる。
このアルティメット自身が[[ネクロブライト]]及び[[フォビドゥングレイヴ]]に対応し、[[烈火伝 第三章]]に登場したトラッシュ関連のアルティメットサポートと非常に噛み合う。
このアルティメット自身が[[ネクロブライト]]及び[[フォビドゥングレイヴ]]に対応し、[[烈火伝 第3章]]に登場したトラッシュ関連のアルティメットサポートと非常に噛み合う。

シンボル着色は[[魔影]]に限られるが自身も持っており問題にならない。
小型アルティメットは除去されやすくなっているため、早めに合体できる構築が望ましい。

Lv4からの合体アタック時効果は、【[[Uトリガー]]】をヒットさせたうえで相手のアルティメットからのコアシュートという、かなり限定的な効果。
いくら合体して【[[Uトリガー]]】の準備を整えようが相手がアルティメットを使用していなければ意味は無く、【[[Uトリガー]]】の不安定さも相まって、進んで使用するメリットは薄い。
素直にアルティメットの召喚条件無視のために置き物にしておくのが一番。

-モロク(Moloch)は古代の中東で崇拝された神で、人身供犠が行われた。

***収録 [#n3c52540]
[[アルティメットバトル06]] <U>

#clear
-テキスト関連
[[魔影]]

***同型カード [#t1919a9b]
#include(サイクル:BS29-041同型,notitle)


[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索