**&ruby(けんぶりゅうおう){剣舞龍皇};マ・ザイン -&ruby(じんたい){人態};- [#udc538ce]
 スピリット
 7(赤4神1)/赤/界渡・古竜
 <1>Lv1 6000 <2>Lv2 9000 <4>Lv3 10000
 【バースト:自分のライフ減少後】
 BP12000以下の相手のスピリット/アルティメット2体を破壊する。
 この効果で破壊したスピリット/アルティメット1体につき、自分はデッキから1枚ドローする。
 この効果発揮後、このカードをコストを支払わずに召喚する。
 Lv3『自分のアタックステップ』
 系統:「古竜」/「創界神」を持つ自分のスピリットがブロックされたとき、そのスピリット/創界神ネクサスを回復させる。
 シンボル:赤
 
 イラスト:船弥さ吉
 
 フレーバーテキスト:
 マ一族はブラフマーに創られた「インディーダ」の支配種族である。
 かつて「グラン・ロロ」に現れた個体も、元を辿れば「インディーダ」に繋がる。

#refcard
[[バトスピダッシュデッキ【開闢の剣】]]で登場した[[赤]]の[[スピリット]]。

バースト効果はアルティメットを含んだBP破壊とその数に応じたドロー効果。
除去範囲が高く、手札を増やせるのでそんなに悪くはない。
気を付けたいのは破壊後と手札増加後のバーストくらいか。
【[[バースト]]】はアルティメットを含んだBP破壊とその数に応じたドロー効果。
除去範囲が広く、手札を増やせるのでまずまずと言ったところ。
とはいえ後述のLv3との噛み合いは悪く、相手の【[[バースト]]】を踏む危険性を考えるとやや心許ない面もある。

ただ、召喚された後が問題でLv3しか発揮できないのが難点。
ブロックされても回復できるので高BP持ちを並べるのが一番と思われがちだが、ブロックさせるのが重要になるのでバトルを発生させやすい環境にするのが最適か。
その点を考慮すると、コアの取り合いに注意することになるが、[[焔竜魔皇マ・グー]](リバイバル)と組み合わせることで、バトルを勝ちやすくすることがもっともだろう。
Lv3効果は長らく[[古竜]]の間で問題だった、【[[装甲]]】などの効果破壊耐性への回答とも言える回復効果。
[[古竜]]の除去はアタックしなければ発揮できないものの、耐性によって破壊したいスピリットが破壊できずに単にブロックされてターンを返す状況を防ぐことができるのは大きい。
同弾の[[焔竜魔皇マ・グー]]などでBPとシンボルを増やして積極的にアタックできるようになる。
また、[[創界神]]についても破壊されないダブルシンボルアタッカー要因として扱えるため、アタッカーとしての補完の観点では及第点に持って行けるだろう。
ただし、この効果の発揮のためには4コアをこのスピリットに割かなければならない点に注意。

***収録 [#e757998a]
[[バトスピダッシュデッキ【開闢の剣】]] <M>

#clear
-テキスト関連
[[古竜]]/[[創界神]]


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索