**&ruby(くろうがたけいせき){九郎ヶ岳遺跡}; [#k4872681]
 ネクサス
 4(2)/赤
 <0>Lv1 <2>Lv2
 Lv1・Lv2
 カード名に「クウガ」を含む自分のスピリットが相手の効果で破壊されたとき、
 自分の手札1枚を破棄することで、そのスピリットすべてを疲労状態でフィールドに残す。
 Lv2『自分のドローステップ』
 ドローの枚数を+1枚する。
 シンボル:赤
 
 イラスト:おつまみ
 
 フレーバーテキスト:
 長野県・中央アルプスで発見された、超古代のものと推測される遺跡。
 アークルを装着し、ミイラ状に変化した戦士クウガが、石棺のなかに安置されていた。

#refcard
[[コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】]]で登場した[[赤]]の[[ネクサス]]。

効果の取り合わせが似ている[[オリン円錐山]]と比較すると、Lv1・Lv2効果は追加の条件が複数あって配置コストに見合っているかは微妙。
一応手札1枚で何体でも残すことができるが、[[【仮面ライダークウガ】]]は[[「クウガ」>名称:「クウガ」を含むカード]]のみで組むことは難しいためありがたみが小さい。
Lv2効果は[[百識の谷]]互換のなかでは維持コストが軽く、Lv1・Lv2効果に回せる手札も増えるので悪くない。

赤の[[仮面]]は[[ディケイドカブト]]などを有していて効果破壊に強いため、Lv2効果を目当てに採用してLv1・Lv2効果にはあまり期待しない方がいいだろう。

-特撮ドラマ『仮面ライダークウガ』に登場。
-長野県をモチーフとしたネクサスは他に[[No.20 ロングフィールド]]がある。

***収録 [#k589b513]
[[コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】]] <C>

***原作において [#ted59607]
特撮ドラマ『仮面ライダークウガ』に登場。
フレーバーテキストの通り[[長野県>No.20 ロングフィールド]]の中央アルプスに存在する架空の遺跡。
第1話時点で発掘調査が行われていたが、棺の蓋を開けたことで目覚めた[[謎の存在>ン・ダグバ・ゼバ]]によって調査団が全滅。
捜査に当たった長野県警刑事・一条薫は五代雄介と名乗る冒険家の青年と出会う。
雄介はそこで見せてもらった証拠品のベルト状の遺物(アークル)から、戦士のイメージを感じ取る。
ズ・グムン・バに遭遇した雄介は、咄嗟の判断でアークルを装着して[[戦士クウガ>仮面ライダークウガ グローイングフォーム]]に変身した。
第48話「空我」では、各地で大量焼殺を繰り返した[[ン・ダグバ・ゼバ]]が五代雄介と邂逅した際に「思い出の場所」としてこの遺跡を指定し、[[アルティメットフォーム>仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]と死闘を繰り広げた。
『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』においても初代平成仮面ライダー誕生の地として、映像作品としては実に18年ぶりに再登場した。
--Lv1効果はこの遺跡で封印されていた[[クウガ>名称:「クウガ」を含むカード]]が紆余曲折を経て復活した再現と思われる。
-長野県をモチーフとしたネクサスは他に[[No.20 ロングフィールド]]がある。
-Lv1効果はこの遺跡で封印されていた[[クウガ>名称:「クウガ」を含むカード]]が紆余曲折を経て復活した再現と思われる。

***収録 [#k589b513]
[[コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】]] <C>

#clear
-テキスト関連
[[名称:「クウガ」を含むカード]]

***同型カード [#ob3e625b]
#include(サイクル:BS01-099同型,notitle)


最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索