**エクストラドロー/Extra Draw [#rc55604a]
 マジック
 5(3)/赤
 メイン:
 自分はデッキから2枚ドローする。
 その後、自分のデッキを上から1枚オープンする。
 そのカードが赤のスピリットカードのとき手札に加える。
 それ以外はデッキの上に戻す。
 フラッシュ:
 このターンの間、スピリット1体をBP+2000する。

 (エラッタ前)
 メイン:
 自分はデッキから2枚ドローする。その後、自分のデッキを上から1枚オープンし、
 そのカードが赤のスピリットカードのとき手札に加える。他のカードのときはデッキの上に戻す。

#refcard
[[紅蓮の稲妻~BLAZING THUNDER~]]で登場した[[赤]]の[[マジック]]。

赤中心の構築では最大軽減時には[[ダブルドロー]]同様のコストにして追加でアドバンテージを得ることが可能。
一方でコストから先攻で使えず、運の要素が絡む。
スピリットの比率が高くなる【01ウィニー】や【[[アクセル]]】を多用する構築で採用すると安定する。

デッキトップの確認は次のカードが分かるメリットとも、デッキタイプや次の一手、【[[Uトリガー]]】の成否を予測されるなどのデメリットの両面を持つ。

後にフラッシュ効果の代わりにバーストを持つ[[三札之術]]、[[ソウルコア]]を消費するが運が絡まない[[ソウルドロー]]などの互換カードが多数登場。
[[エンペラードロー]]及び[[アドベントドロー]]以降は[[ダブルドロー互換>サイクル:BS01-117同型]]でこの動きができるようになり、活躍の場を譲った。

*** 収録 [#b183ad4b]
[[紅蓮の稲妻~BLAZING THUNDER~]] <U>
[[ハイランカーデッキ ジーク進化レボリューション]] <U>
[[5周年記念ブックスペシャルふろくパック]] <U>([[激突王ダン]]・バトルフォームver)
[[バトスピフレンドリーバトル>バトスピショップバトル]]2019年4月参加記念品([[激突王ダン]]・前期バトルフォームver)
[[バトスピ部]]ブロンズ部員抽選賞品(2019年9月)([[激突王ダン]]・前期バトルフォームver)

***アニメにおいて [#bd000f2e]
『少年激覇ダン』『ブレイヴ』に登場。

『少年激覇ダン』では[[馬神 弾>激突王ダン]]、[[異界王]]が使用。
オープンするカードが勝敗を決することも多かった。
[[百瀬 華実]]vs[[馬神 弾>激突王ダン]](12・13話)では、[[賢者の樹の実]]でブロッカーを用意した華実に対し、弾がこのマジックで全てスピリットカードをドローして彼女のブロッカーを上回って最後のライフを狙う算段だった。オープンカードは[[アンキラーザウルス]]だったが、華実の不調もあってバトルフィールドが崩壊してバトルは中断となった。

[[異界王]]vs馬神弾(26・27話)では、異界王が使用しオープンカードは[[ヴィクトリーファイア]]。手札には加えられなかったが、弾は衝撃を受けた。

『ブレイヴ』ではユース・グリンホルン、ソーサラーのルガイン、ザック、[[ヴィオレ魔ゐ>紫乃宮 まゐ]]、そして[[馬神 弾]]が使用。
ルガインvs[[月光のバローネ]](13話)では、ルガインが[[ディノニクソー]]をオープンして手札に加えた。
ヴィオレ魔ゐvs馬神弾(48話)では、魔ゐがオープンにより[[雷皇龍ジークヴルム]]を手札に加えた。
馬神弾vs[[月光のバローネ]](49・[[50話>黎明]])では弾が使用。オープン効果によって[[太陽龍ジーク・アポロドラゴン]]を手札に加え、[[光り輝く大銀河]]Lv2効果に[[繋げた>黎明]]。

#clear
//-テキスト関連

-イラスト関連
[[龍皇ジークフリード]]

***[[サイクル一覧]] [#ze403a9e]
#include(サイクル:SD01-034同型,notitle)


[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索