**&ruby(グランウォーカー){創界神};オシリス [#k4872681]
 ネクサス
 2(1)/紫/創界神・エジット
 <0>Lv1 <4>Lv2
 このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
 このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
 《神託》〔妖蛇/界渡/化神&コスト3以上〕
 ◆対象の自分のスピリットを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
 ◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
 その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
 Lv1・Lv2
 このネクサスのシンボルは紫としても扱う。
 【神技:2】Lv1・Lv2:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
 〔このネクサスのコア2個をボイドに置く〕相手のスピリット/アルティメットのコア1個を相手のリザーブに置く。
 【神技:4】Lv2:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
 〔このネクサスのコア4個をボイドに置く〕相手のスピリット/アルティメットのコア2個を相手のトラッシュに置く。
 シンボル:神
 
 イラスト:YutaOtani

#refcard
[[神煌臨編 第1章:創界神の鼓動]]で登場した[[紫]]の[[ネクサス]]。

[[創界神]]ネクサスの1枚。
このカードの場合は自身の紫シンボルとしても扱う効果や《[[神託]]》の効果対象の都合上、主に[[【妖蛇】]]で採用されることとなる。
また、スピリットをデッキからトラッシュに送る手段の一つにもなり得ることから、リアニメイトとの相性も抜群。

2種類の【[[神技]]】を持ち、その発揮タイミングはお互いのアタックステップと共通。
コアシュートを行うネクサス自体は数多く存在するが、このカードに関しては《[[神託]]》などのコアブーストが必要とはいえ、それ以外は無条件であることが最大の特徴。
[[創界神]]ネクサスであることも相まって【[[神技]]】に必要なコア自体は自然と溜まっていくため、中盤以降に相手のコアを一時的に枯渇させることもできなくはない。

[[冥界蛇神アウザール]]とは相性がよく、あちらの召喚時効果を警戒する相手がコアを2個しか置かない場合はこのカードのLv2の【[[神技]]】で除去できる双補完の関係にある。
とはいえ【[[神技]]】を目当てに採用するというよりは、現状では[[冥界蛇神アウザール]]の【[[界放]]】の為に併用する事になるだろう。
一例として[[妖蛇の神皇シェンマドー]]を《[[煌臨]]》させた時の《[[神託]]》で得られるコアは合計2個である。
煌臨による解決で1個、「したとき」のテキストであるため同時に3体召喚した場合でも得られるコアは1個である。

[[ゴッドシーカー・ハジャルコブラ]]、[[さまよう骨蛇]]、[[蛇翼王メンコブラー]]、[[妖蛇神杖オグドアド]]、[[オシリスの地底神殿]]など専用サポートも豊富。

-オシリスは古代エジプト神話における農耕神。
セトに謀殺されたが、イシスとアヌビスによって復活した。
復活後、王位をセトから取り返した[[ホルス>ホルス・ジェッター]]に現世を任せて自身は冥府の楽園アアルを統治する王となっている。
--「オシリス (Osiris)」はギリシャ語読みであり、エジプト語では[[「アウサル (Ausar)」>冥界蛇神アウザール]]などと呼ばれる。
「紫」に属しているのは冥府の神であることが反映されたと思われる。
-[[背景世界]]においては神世界「[[エジット]]」の支配者たる創界神。
[[彼の存在によってエジットは繁栄してきた>ゴッドシーカー・ハジャルコブラ]]。
神世界の要衝たるグラン・ロロを支配下に収めることを狙っている一人であり、[[不思議王国アリス]]や[[虚無の軍勢>虚神]]は彼の尖兵。
彼の登場により発売開始から十年間、どこから来たのか謎のままだった虚無の軍勢の正体が判明することとなった。
エジットは[[機械化により急速に発展しており>照準機兵ミューゼス]]、エジットの民は死んだ後も改装を受けて強化して復活するとのこと。
イラストでも機械の四肢と機械製の杖を所持していることが確認できる。
また、自身の[[化神]]である[[冥界蛇神アウザール]]も同様のデザインの機械の腕を装備している。

***収録 [#k589b513]
[[神煌臨編 第1章:創界神の鼓動]] <X>

#clear
-テキスト関連
[[妖蛇]]/[[界渡]]/[[化神]]



最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索