**ン・ダグバ・ゼバ [#ke854b62]
 アルティメット
 8(4)/紫/夜族・究極
 <1>Lv3 15000 <3>Lv4 18000 <4>Lv5 24000
 【召喚条件:自分の紫スピリット1体以上】
 Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットの召喚時』
 自分のデッキを上から5枚破棄することで、自分はデッキから3枚ドローする。
 Lv4・Lv5:フラッシュ『このアルティメットのアタック時』
 系統:「究極」を持たない相手のスピリット/アルティメット1体のコア1個を相手のリザーブに置くことで、
 自分のトラッシュにある紫のスピリットカード1枚を手札に戻す。
 シンボル:紫極
 
 イラスト:藤井英俊
 
 フレーバーテキスト:
 すべてのグロンギの頂点に立つ「究極の闇をもたらす者」。
 
#refcard
[[コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】]]で登場した[[紫]]の[[アルティメット]]。

昨今では珍しいシンプルな召喚条件を持ち、[[ワンアイドデーモン]]のみでも条件を満たせる。
スピリットカードが多めに必要なLv4・5効果を考えると、[[アルティメット]]統一デッキよりは[[獄土の四魔卿マグナマイザー]]と似たような運用の方が活躍できるだろう。
除去効果を発揮できるようになるLv4の維持コストが重く、最大軽減でもコア7個を要するため、コアブーストが苦手な紫単色では召喚できるのは中盤以降になる。
優秀な中コスト帯の[[ゴ・ガドル・バ]]が除去された際にも奇襲的に召喚可能なため、同時採用して普段はあちらをメインアタッカーとするのも手。

召喚時効果はドロー、トラッシュ肥やしともに優秀。
任意効果のため、自分がドローが得意なデッキを使っていてデッキ枚数が少なくなっていたり、相手がデッキ破壊を多用するデッキの場合などに発揮しないという選択肢もある。
また、[[リバイバル「勇者」サイクル>サイクル:BS43-RV003同型]]の採用率が高い場合は発揮しないほうが良い場合もある。
2018年4月6日発効のルールマニュアルVer.9.0に伴う一部ルール改定により、[[闇輝石六将 機械獣神フェンリグ]]の【[[Sバースト]]】効果で除去されてしまうため、ドローの際はより一層警戒が必要になった。

アタック時効果はトラッシュに対象のカードがあれば1回のアタックで何度でも発揮できる。
自身の効果も含めて紫ならばトラッシュ肥やしは難しくなく、この[[アルティメット]]召喚のために消滅させたスピリットを回収するだけでも強力。
特に[[ミーアバット]]はお互いどちらかのフィールドにスピリットがいれば相手のフィールドをループで一掃可能。
召喚時効果や【[[アクセル]]】、《[[煌臨]]》を持つスピリットカードを回収できれば理想的。
このアルティメット自体には耐性が無いため、先にフラッシュで[[天火烈刀斬]]などで除去されてしまうことには注意が必要。

[[究極]]を持つか、耐性のあるスピリット/アルティメットであればコアシュートには耐えられるが、高いBPとダブルシンボルを持つこのアルティメットであればチャンプブロックを強いることでバトルによる破壊も見込める。
[[地球神剣ガイアノホコ]]などシンボルを持つブレイヴとの相性も抜群。

-バトルスピリッツ初の名称が「ン」から始まるカード。
-『仮面ライダークウガ』EPISODE1「復活」にて初登場。「[[究極]]の闇をもたらす者」と称される最強のグロンギ。
遥か古代に戦士クウガによって封印されていたが、現代の遺跡発掘調査により封印が解かれ不完全ながらも復活。200体以上の怪人集団「グロンギ」を蘇らせ、強いグロンギ達に対し、自分への挑戦権を賭けてゲゲル(ゲーム)に参加させた。グロンギ達は、ゲゲルを成功させればランクアップで強くなり、最終的にダグバと戦うザギバスゲゲルに挑むこととなる。
グロンギ達がクウガや警察の活躍、ダグバ自身の「整理」によって壊滅した後、完全体を取り戻した彼は、「究極の闇」を開始。[[仮面ライダークウガ アメイジングマイティ]]を叩きのめし、数十万人を触れることなく虐殺した。
[[仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]と同等の、圧倒的な戦闘力と超自然発火能力をはじめ様々な超常現象を引き起こす力を持つも、互いに能力を打ち消しあって効果が無いため、最終的には拳での殴り合いになり、僅差で敗れて"人の姿で"死亡した。
--Lv4からのアタック時効果の回収効果は、グロンギを復活させたこと、トラッシュのスピリットカードの続く限り相手のフィールドを更地にすることが可能という「究極の闇」がモチーフと思われる。
また、[[究極]]である[[アルティメットフォーム>仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]に通用しないのは、「お互いに超能力が通用しない」ことの再現となっている。
Lv4までは維持コア・BP数値共に[[究極]]である[[アルティメットフォーム>仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]と同等だが、Lv5になると1000だけ下回り敗北してしまうのも、原作の再現となっている。
アニメ『バトルスピリッツ覇王』では「バトスピしりとり」なるものがされていたことがあったが、「ん」が出ても続行が一度は可能になった。

-特撮ドラマ『[[仮面ライダークウガ>仮面ライダークウガ マイティフォーム]]』EPISODE1「復活」にて初登場。「[[究極]]の闇をもたらす者」と称される最強のグロンギ。
遥か古代に戦士クウガによって封印されていたが、現代の遺跡発掘調査により封印が解かれ不完全ながらも復活。200体以上の怪人集団「グロンギ」を蘇らせつつ弱いグロンギを淘汰し、生き残ったグロンギ達に対して自分への挑戦権を賭けてゲゲル(ゲーム)に参加させた。
グロンギ達は、ゲゲルを成功させればランクアップで強くなり、最終的にダグバと戦うゲゲルに挑むこととなる。
[[仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]と同等の、圧倒的な戦闘力と超自然発火能力をはじめ様々な超常現象を引き起こす力を持つ。
グロンギ達がクウガや警察の活躍、ダグバの「整理」で壊滅した後、完全体を取り戻した彼は、「究極の闇」の前哨戦として、[[クウガ アメイジングマイティ>仮面ライダークウガ アメイジングマイティ]]を一蹴した上で見逃し、数万人を触れることなく虐殺。戦闘と殺戮を心から楽しむダグバは、自身と同等の"[[究極の力>仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]"を持つクウガの決闘を待望しており、クウガに対して更なる進化を求めた。
そして、ダグバを倒すためにその力を手にしたクウガと決闘。二人の同等の超能力は打ち消しあって効果が無いため、最終的に殴り合いとなり、変身が解けてお互い血反吐を吐きながらもダグバは殺し合いを楽しみ続け、僅差で敗れて死亡した。
--召喚時効果は、ダグバによるグロンギの「整理」・Lv4効果(究極の闇)の準備となっている。
Lv4からのアタック時効果は、回収効果がグロンギを復活させたこと、コア除去効果はトラッシュのスピリットカードの続く限り相手のフィールドを更地にすることが可能であり、「究極の闇」がモチーフと思われる。
また、[[究極]]である[[アルティメットフォーム>仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]に効果が通用しないのはお互いに能力が通用しないことの再現となっており、BPについてもLv4までは維持コア・BP数値共に[[究極]]である[[アルティメットフォーム>仮面ライダークウガ アルティメットフォーム]]と同等だが、Lv5になると1000だけ下回り敗北してしまう。

***収録 [#n3c52540]
[[コラボブースター【仮面ライダー ~伝説の始まり~】]] <X>

#clear
-テキスト関連
[[究極]]




最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索