**ブルトサリフ/Boerte Salkhi <BS18-077> [#kd80ce08]
 マジック
 2(1)/緑
 自分のトラッシュにある[ブルトサリフ]1枚は、『自分のエンドステップ』に手札に戻る。
 この効果はターンに1回しか使えない。
 【バースト:相手の『このスピリット/ブレイヴの召喚時』発揮後】
 自分のスピリット1体を回復させる。
 その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
 フラッシュ:
 このターンの間、スピリット1体をBP+2000する。
 
 イラスト:原友和

**ブルトサリフ/Boerte Salkhi <BS47-RV003> [#revival]
 マジック
 2(1)/緑
 自分のトラッシュにあるカード名:「ブルトサリフ」1枚は、自分のエンドステップに手札に戻る。
 この効果はターンに1回しか使えない。
 【バースト:相手の『このスピリット/アルティメットの召喚/煌臨時』発揮後】
 相手のスピリット/アルティメット1体を重疲労させる。
 その後、自分のスピリット1体を回復させる。
 (重疲労状態のカードは逆向きにし、1回の回復で疲労状態になる)
 その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
 フラッシュ:
 このターンの間、系統:「剣獣」を持つ自分のスピリット1体をBP+5000する。
 
 イラスト:原友和

#refcard
[[覇王編 第5弾:覇王大決戦]]で登場した[[緑]]の[[マジック]]。

【[[バースト]]】効果で[[ホワイトポーション]]を発揮する[[ブリーズライド]]。
そのかわりにBP+の値が1000低くなっている。

バーストの発動条件が召喚時効果発揮後なので、発動は相手のメインステップであることが多い。
そのためバースト発動から使用した場合、ほぼ2ターン手元に戻らないので注意したい。

毎ターン手札に戻ることから、【バースト】を破棄して効果を発揮する[[英雄龍ロード・ドラゴン]]、[[オリンピアの天使長オフィエル]]、[[グリムの天使シンデレラ]]などと相性が良い。
また手札に戻ってすぐにバースト効果の発動に備えられるため、[[Uハンド]]等の恩恵も強く受けている。

***[[リバイバル]] [#nba9d11c]
[[神煌臨編 第4章:神の帰還]]で登場した[[緑]]の[[マジック]]。

バースト条件にアルティメットや《[[煌臨]]》も対象となり、効果に重疲労が加わったことで相手にカウンターを与えやすくなった。
回復効果もあるため、ブロックにも間に合いやすい。

フラッシュのパンプアップは上昇した代わりに系統が指定されたことで、使い勝手が変化。
特にバトルを前提とした[[蒼穹の覇王カーン・ウルフ]]の補助に回されるだろう。

トラッシュからの回収は変わらないため使い回せる点も同様。
リバイバル前と細部が異なるため、互換効果というべきリバイバルとなっている。

-リバイバルキャンペーンXレア:[[蒼穹の覇王カーン・ウルフ]]と共に収録されたリバイバルマジック。
同サイクル内のカードは変化点の癖が強く、新旧で単純に上下互換の関係にはならないものが多い。

***収録 [#u3515c6f]
[[覇王編 第5弾:覇王大決戦]] <U> (BS18-077)
[[神煌臨編 第4章:神の帰還]] <C> (BS47-RV003)

#clear
-テキスト関連
[[剣獣]] (BS47-RV003)
-イラスト関連
[[蒼穹の覇王カーン・ウルフ]]

***同型カード [#s4adf96e]
#include(サイクル:BS13-077同型,notitle)




最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索