*ソウルドライブ [#tc156be4]
[[烈火伝 第3章]]から登場した、[[「戦国六武将」>名称:「戦国六武将」を含むアルティメット]]など一部の[[アルティメット]]が持つ[[キーワード能力]]。
[[ソウルコア]]を「除外」することで発揮するのでゲーム中一度しか使用できないが、それに見合うだけの強力な効果を持つ。

-【[[U抜刀]]】、【[[Uハンド]]】同様この効果を持つアルティメットは【[[Uトリガー]]】を持たない。
-「除外」する場合は、ボイドに戻さず、お互いに除外を確認してプレイシートの外などにおいておく。
--ただし、公式イベントなどで備え付けのソウルコアを使用している場合はボイドに置く。こうしてボイドに置いたソウルコアをコアステップなどで再びゲーム内に戻すことはできない。
-アルティメットがこの効果を発揮するとき、自身を消滅させながら発揮することはできないが、Lvやコアの数は除外されるソウルコアを含めて数える。
-[[背景世界]]において【ソウルドライブ】を発揮できるアルティメットを大別すると、
・[[「戦国六武将」>名称:「戦国六武将」を含むアルティメット]]
・[[邪神]]
・その他
となる。例外なのは元々がスピリットでありながら各々で習得した[[戦国龍神テンカフブ]]と[[戦国蛇武将アルティメット・アスクレピオーズ]]、「禁呪」という能力が【ソウルドライブ】と呼称されている[[素顔のアンターク]]である。
また、[[邪神皇デスピアズ]]は[[似たような手段で《煌臨》を行う>邪神皇デスピアズ・ゾーク]]。

***効果詳細 [#mcdb3355]
 LvX『このアルティメットのアタック(/ブロック)時』
 【ソウルドライブ】このアルティメットの[ソウルコア]をゲームから除外すると、(効果テキスト)。

 LvX『このアルティメットのアタック時』
 (通常の効果)
 【ソウルドライブ】このアルティメットの[ソウルコア]をゲームから除外すると、さらに(かわりに)、(効果テキスト)。

 LvX『このアルティメットの召喚時』
 【ソウルドライブ】自分のリザーブの[ソウルドライブ]をゲームから除外すると、(効果テキスト)。

***アニメにおいて [#re451174]
「烈火魂」と「ダブルドライブ」に登場。
アニメシリーズ中では「烈火魂」第29話で紫堂信玄が[[戦国六武将ムドウ]]の【ソウルドライブ】が初登場となる。
信玄は使用の際、[[ソウルコア]]を指二本で破壊して「除外」した。
[[炎利家>戦国六武将レオンランサー]]が使用した際はソウルコアが燃え尽き、[[白銀謙信>戦国六武将センリュウカク]]が使用した際は指先で潰され粉となって消える描写となっている。
-無論ソウルコア除外の描写はアニメの演出上のものであり、「烈火魂」第29話放送後に[[暗黒戦士ボンバー>カリスマ#f0de2f07]]から[[「公式・公認大会のバトルでは器物破損に当たるのでソウルコアを破壊しないように」>https://twitter.com/babibubebomber/status/656792549303062528]]と注意が入っている。
-無論ソウルコア除外の描写はアニメの演出上のものであり、「烈火魂」第29話放送後に[[暗黒戦士ボンバー>カリスマ#fbomber]]から[[「公式・公認大会のバトルでは器物破損に当たるのでソウルコアを破壊しないように」>https://twitter.com/babibubebomber/status/656792549303062528]]と注意が入っている。
基本的にカードやコアの扱いは現実に即している「烈火魂」だが、【ソウルドライブ】は従来シリーズのように現実では難しい「除外」の演出がなされている。

「ダブルドライブ」において[[大牙和巳>獄炎の四魔卿ブラム・ザンド]]が使用した際には、使用するアルティメットと同色の魔方陣から現れた巨大な手がフィールド上に現れた巨大なソウルコアを破壊して「除外」した。
また、スピリッツワールドはソウルコアで構成された世界であるため、ソウルコアを除外する【ソウルドライブ】はスピリッツワールドの人々から忌まわしいものとして恐れられ、嫌われている。
また、スピリッツワールドはソウルコアで構成された世界であるため、ソウルコアを破壊する【ソウルドライブ】はスピリッツワールドの人々から忌まわしいものとして恐れられ、嫌われている。

//能力絞り込み一覧
#listability

**リンク [#v94200bf]
[[キーワード能力]]
[[ソウルコア]]




最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索