** ショゴルス/Shoggoleth [#t2aabd40]
 ブレイヴ
 3(青1白1)/青/異合
 <2>Lv1 4000 <0>合体+4000
 合体条件:コスト3以上
 【合体時】
 このスピリットは効果の記述を持たないスピリットとして扱う。
 シンボル:青
 
 イラスト:米田仁士
 
 フレーバーテキスト:
 海王神獣の変貌、そして海賊王の復活。深海にも以前の平穏はないようだ。
 ―交渉人ミクスの手記―

#refcard
[[星座編 第三弾:月の咆哮]]で登場した[[青]]の[[ブレイヴ]]。

コスト3であるにも関わらずBP+4000、合体条件:コスト3以上、シンボル持ちと、ブレイヴの中でも単純ながら高性能なスペックを持つ。
特に[[合体条件がコスト3以上のブレイヴ>合体条件:コスト3以上]]でシンボルを持つのはこのブレイヴだけである。
また、合体時のバニラとして扱う効果も他のサポートを受けられる。
スピリット状態での維持コアが2であるというデメリットはあるが、合体範囲の広いブレイヴ故に殆ど気にならないだろう。
軽量ブレイヴだがBP、合体条件は高水準、その上シンボル持ちと高性能。
[[十二神皇編 第4章]]までは[[合体条件がコスト3以上のブレイヴ>合体条件:コスト3以上]]でシンボルを持つ唯一の存在だった。
効果は[[【青バニラビート】]]にバニラ支援の効果持ちを採用する一助となるものだが、その他が優秀なので効果を無視した採用も十分圏内。
特に優秀な[[コスト3スピリット]]に恵まれ、白軽減を活かせる[[【甲竜】]]とは相性がいい。

[[一角魚モノケロック]]に合体させれば序盤からBP10000のダブルシンボルでクロックを刻める。
ただし、スピリット状態での維持コストが重いデメリットを持つ。
合体先がいなくて困ることは少ないだろうが、合体時に破壊された際、維持コストが足りなくならないコア運用を心がけたい。

登場当初の主な合体先は疲労ブロックと場持ちを併せ持つ[[一角魚モノケロック]]で、攻防一体の活躍を見せた。

-名前の由来は、クトゥルフ神話に登場する「ショゴス」だろう。
「テケリ・リ、テケリ・リ」という独特の鳴き声をあげる巨大な黒いアメーバのような怪物で、必要に応じて自在に形態を変化させる事ができるとされる。

***収録 [#m2be0114]
[[星座編 第三弾:月の咆哮]] <C>

#clear
-テキスト関連




最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索