**アーチャー・ドラゴン/Archer-Dragon [#x4e74dc6]
 スピリット
 5(2)/赤/戦竜
 <1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000 <5>Lv3 8000 
 Lv1・Lv2・Lv3:フラッシュ【覚醒】
 自分のスピリットのコアを、好きなだけこのスピリットに置くことができる。
 Lv2・Lv3:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
 このスピリットのコア2個を自分のトラッシュに置くことで、BP4000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
 シンボル:赤
 
 イラスト:Ryo-ta.H
 
 フレーバーテキスト:
 闇楯への遠征に反対する者も少なからずいた。
 ―正史 覇王ケイ伝 644年の章―

#refcard
[[覇王編 第3弾:爆烈の覇道]]で登場した[[赤]]の[[スピリット]]。

【[[覚醒]]】と、コアをコストにしたBP破壊の2つの噛み合ったフラッシュ効果を持つ。
【[[覚醒]]】で必要な時だけコアを調達し、コアを消費してBP破壊する単体でシナジーを発揮するフラッシュ効果を合わせ持つ。
[[戦竜]]であり、BP指定の除去効果を持っているので[[暗雲射す鬼ヶ島]]との相性は良好。

Lv2/Lv3効果はカードを切らず何度も発揮できるのが強みだが、逆にターンに1回きりの発揮なら他のスピリットの方が効率がいい。
チャンプアタック/ブロック中の自分のスピリットから【[[覚醒]]】でコアを奪って発揮したり、[[グレートリンク]]でコアを回収し複数回発揮したり、このスピリットにしかできない動きをさせるべき。
同じくコアを消費して手数を稼ぐ【[[神速]]】や【[[不死]]】への対応力は高い。
破壊効果はカードを消費せず、攻守兼用で何度も発揮できるのが強みだが、自ターンに1回きりの発揮ならコア消費が足かせとなって、他のスピリットのアタック時の破壊効果に見劣りする場合が多い。

後に【[[強化]]】の登場でBP破壊の上限をあげることができるようになったので、構築次第では大型スピリットをも破壊できるようになる。
ただし、BPは低めでアタッカーには不向きだが、アタック時効果ではないため自身でアタックして返り討ちに合う危険に身をさらす必要がない。
他のスピリットをチャンプアタック/ブロックさせて【[[覚醒]]】でコアを回収して再利用できる独特の器用さを持つ。
また、コア消費による手数稼ぎで特徴を同じくする【[[神速]]】や【[[不死]]】への対応力も高い。

BP水準のインフレに伴い、[[武者竜リンドウ]]等、破壊上限を大きく広げる手段も多数登場しているので中型スピリットも容易に射程圏内に収めることが可能になっている。

[[ネイチャーフォース]]・[[グレートリンク]]でのコア回収が特に有効な手段だったが、ソウルコアの登場に合わせて禁止カードとなり、実行不能になってしまった。

*** 収録 [#k4e21331]
[[覇王編 第3弾:爆烈の覇道]] <U>

#clear
-テキスト関連




最終更新のRSS 最終更新のRSS
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索