No.(ナンバー)36 バーチャスアイランド

ネクサス
4(3)/青
<0>Lv1 <3>Lv2
Lv1・Lv2
お互いの効果によって自分の手札が破棄されたとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
この効果はターンに1回しか使えない。
Lv2『お互いのアタックステップ』
このネクサスに[ソウルコア]が置かれている間、
自分のスピリット/アルティメットすべてをそのスピリット/アルティメットが持つ最高Lvとして扱う。
シンボル:青

イラスト:津田沼人

フレーバーテキスト:
渦潮を眺めながら見た目よりも頑丈なつり橋を渡り、古いお寺を目指す。
あの寺は八十八のミニソウルスポット巡りのスタート地点となるところだ。
―ソウルスポット 36/47-
  • No.36 バーチャスアイランド十二神皇編 第4章
Image of


カード番号:BS38-065  

十二神皇編 第4章で登場したネクサス

青が絡んだデッキではストロングドロー互換は必須カードであり、Lv1・Lv2効果はそれらの手札交換に合わせてコアブーストをする。
各種ハンデスにも反応するため、千獣の王者ドス・ダイモスなどもトリガーとして利用できる。
キーカードをひたすら掘るデッキにも自然と取り入れられるため、【ヤマタノヒドラ】【アルティメット・ダ・ゴン】とも噛み合っている。
ただし、メインステップで使う場合はこの手の強制コアブースト効果の宿命として陰陽童に引っ掛かるため、周囲の環境も吟味したい。

Lv2効果はソウルコアを要するものの、配置コストの軽さを考えると破格。
霊峰魔龍ヤマタノヒドラは維持コストが重く、ソウルコアを要さないので相性がいい。
類似効果を持つカードに深淵の巨剣アビス・アポカリプスバトルスキー先生のバトスピ講座!が存在する。
自分の召喚時/配置時効果封じとの併用が可能なのは特有の利点であり、ネクサスであることを生かせる構築なら更なる利点も得られる。

  • モチーフは徳島県(徳→vertas,島→isrand)だろう。
    徳島県の都道府県コードは36である。
    四国88ヶ所霊所巡りの第一番礼所である霊山寺の所在地としても有名で、背景世界では88ヶ所霊所をミニソウルスポットと呼称するようだ。
    また、イラストには豪快な渦巻きが魅力の鳴門海峡が見て取れる。

収録

十二神皇編 第4章 <R>

公式Q&A

Q1. 自分のこのネクサスが2つあったら、このネクサスのLv1・Lv2効果をそれぞれ1回ずつ使って、コア1個をそれぞれのネクサスに置けるの?
A1. いいえ、置けません。このネクサスがいくつあっても、このネクサスの効果はターンに1回しか使えません。

Q2. 「最高Lvとして扱う」ってどういうこと?
A2. Lv3まであるスピリットはLv3、Lv2までのスピリットはLv2として扱い、Lv5まであるアルティメットはLv5、Lv4までのアルティメットはLv4として扱うということです。
カードの効果 汎用編 を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS38-065




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-28 (水) 10:23:26
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索