No.(ナンバー)21 ダイバージェンスヒル

ネクサス
3(2)/紫
<0>Lv1 <1>Lv2
Lv1・Lv2『自分のターン』
自分のトラッシュにソウルコアがある間、自分の手札からコスト3のスピリットが召喚されたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
Lv2
相手の効果で自分のライフが減ったとき、このネクサスの[ソウルコア]を自分のスピリットに置くことで、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
シンボル:紫

イラスト:原田みどり

フレーバーテキスト:
旅路は常に分かれ道とはいえ、この選択は難しい。
鬼が出るか蛇が出るか……。道を違えば命はない。
―ソウルスポット 21/47―
  • No.21 ダイバージェンスヒル烈火伝 第3章
Image of


カード番号:BS33-062  

烈火伝 第3章で登場したネクサス

Lv1効果はコスト3スピリット召喚時のドローブースト。
コスト3の多い紫では、自身のドロー効果によって手札交換が可能であり、ソウルコア自体も他のカードに割くことが多いため使いにくいこともある。式鬼神ホウリキケムリテンと組み合わせたい。
とはいえ自分のターン全体で効果が発揮されるため、ソウルシュート邪法師オグマなどでソウルコアを割いてもドローに転換しやすくなるのは利点。
コスト以外に色の指定などがないため、【調査員】では調査員オッザニアと並ぶ重要なドローソースとなる。

Lv2効果は相手による効果ダメージを痛み分けできる効果だがLv1効果とソウルコアの置き場所がかみ合わないため使いにくい。
自分のライフが減らなければ意味がなく、自分のライフが先に尽きれば無意味なため、必然的に自分のライフが相手のライフより上の時、かつ相手が効果によるダメージを狙っている状況でしか使えない。
アルティメットの【Uトリガー】など効果によってライフダメージを狙うデッキにはよく刺さるが、このLv2効果が発揮されている時に効果ダメージを狙うとは考えづらい。
また、この効果によるライフダメージによってカード効果:バースト(自分のライフ減少後)が発揮される点にも注意。

  • 名前の由来は岐阜県(岐→divergence(岐路、分岐の意) 阜→hill)と思われる。
    岐阜県の都道府県コードは21である。
  • コスト3のブレイヴをスピリット状態で召喚した場合はLv1効果は発揮できない。
    海底に眠りし古代都市のQ4を参照。

収録

烈火伝 第3章 <C>

関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS33-062




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-03 (金) 10:56:17
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索