No.(ナンバー)11 ティップボール

ネクサス
4(3)/黄
<0>Lv1 <1>Lv2
Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
自分がマジックカードを使用したとき、このターンの間、自分のスピリット1体をBP+3000する。
Lv2『相手のアタックステップ開始時』
このネクサスの[ソウルコア]を自分のスピリットに置くことで、このターンの間、シンボル2つ以上を持つスピリット/アルティメットすべてのシンボルを0にする。
シンボル:黄

イラスト:つかぽん

フレーバーテキスト:
ふわりと浮かぶ虹の玉には見たものの心に浮かんだものが映る。
―ソウルスポット 11/47―

  • No.11 ティップボール烈火伝 第2章
Image of


カード番号:BS32-069  

烈火伝 第2章で登場したネクサス

軽減が多く、コアが枯渇しがちな黄でも配置しやすい。
ただし効果はアドバンテージを稼げるものではなく、単体で完結しているものでもないため、同時採用するカードや支援カードなど、デッキ構築の腕を問われる。

Lv1効果は腐ったマジックに役割を与えたり、BPパンプマジックの値を上昇できる。
舞華ドローブリーズライドなどの軽量マジックや回収可能なマジックと組み合わせるとバトルを得意とする相手にプレッシャーを与えやすい。
色こそ合わないが、疲労ブロッカーや無限アタッカーと組み合わせてもいい。

Lv2効果はソウルコア移動後もLv2維持の必要があるため、移動するソウルコアを含めて実質的な維持コストは2。
自分のターンにソウルコアを使えない、スピリットが必要など、制約も多い。
しかしながら異魔神の登場もありダブルシンボル以上が複数並ぶことも珍しくない現環境では、ネクサスゆえに天魔王ゴッド・ゼクスを防げたり、ライフダメージのみでなく軽減も妨げる点も含め決して悪くない。
しかし奇襲性は低く、ブレイヴの分離や貫通効果によって簡単に避けられてしまうため、分離後などの対策はしっかり取っておく必要がある。
共存は難しいが、アルティメット・シリマナイトLv2と並べることでほとんどの攻撃をシャットアウトできる。

なお、対スピリット、ライフダメージ限定ながらソウルコアを必要としない定規山脈も存在するため、環境によって選択したい。

  • モチーフは埼玉県(埼→tip 玉→ball)だろう。埼玉県の都道府県コードは11である。
    イラストには「さいたまスーパーアリーナ」によく似た巨岩が描かれている。

収録

烈火伝 第2章 <U>

アニメにおいて

「烈火魂」第40話でバトスピ仙人が所持するカードの中に確認できる。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS32] 烈火伝 第2章 ブロックアイコン:<2> 2015年07月25日

公式Q&A


■■BS32-069■■ [Q&A情報の修正]


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS32-069




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-12 (金) 18:58:23
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索