3式機龍(しききりゅう)

スピリット
6(3)/白/機獣
<1>Lv1 5000 <2>Lv2 7000 <4>Lv3 10000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
相手のスピリット/アルティメット1体を手札に戻す。
Lv1・Lv2・Lv3【超装甲:赤/緑】
このスピリットは、相手の赤/緑のスピリット/アルティメット/ネクサス/マジックの効果を受けない。
Lv2・Lv3
相手の赤のスピリットがいる間、このスピリットをBP+10000する。
シンボル:白

イラスト:ハング

フレーバーテキスト:
初代ゴジラの骨をベースに作られた、生体ロボット。
―ゴジラ×メカゴジラ(2002)―
  • 3式機龍コラボブースター【東宝怪獣大決戦】
Image of


カード番号:BSC19-037  

コラボブースター【東宝怪獣大決戦】で登場したスピリット

召喚時に相手スピリット/アルティメットを無条件でバウンスできる。
ネオ・ドリームリボンを内蔵したような効果であり、大抵の状況で活躍できる便利な効果。
素のコストは軽くないため、結晶の剣刃探知機重巡機ピーコックルーザーといった召喚時効果を発揮できる召喚サポートカードを利用したい。

超装甲】はメカゴジラ系共通のと、アルティメット・セイリュービなどへの対策となる
Lv2・Lv3効果はかなり久々となるに対するメタ効果。
BP上昇はステップを問わないため、発揮することが出来ればかなり便利ではある。

召喚時効果こそ強力なものの、召喚後は【超装甲】と相手に依存したメタ効果しか持たない。
これを逆手に取って白亜元帥レイ・ザウラー氷の覇王ミブロック・バラガンでバウンスして使いまわしてしまうのも良いだろうが、後に召喚時効果のみならば上位効果を持つ蒼戦機レギンレイブが登場したため、系統や名称支援で差別化したい。

  • 映画「ゴジラ×メカゴジラ」に登場。
    オキシジェン・デストロイヤーによって斃された、初代ゴジラ(1954年の映画と異なり骨が溶け残っている)の骨をフレームとすることで作られた特生自衛隊の対G(ゴジラ)特殊兵器。
    そのためかDNAコンピュータに初代ゴジラの意思が宿る描写があり、初陣ではゴジラと共鳴して暴走してしまう
    赤のスピリットが相手のフィールドにいるとBPが急上昇するのは、「ゴジラ」への決戦兵器として開発されたこと、劇中でゴジラに共鳴し暴走したことを意識したものと思われる。
    イラストの通り、胸部に3式絶対零度砲を搭載しており、ゴジラとの決戦では自身の右腕と引き換えにゴジラを戦意喪失に追い込み撃退に成功した。
    この戦いの後、修理・改装され3式機龍〈改〉となる
  • 下記URLにてイラストレーターによって全体イラストが公開された。

収録

コラボブースター【東宝怪獣大決戦】 <M>

公式Q&A

Q1. 【超装甲】の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 【超装甲】編 を参照

■関連Q&A [ 全て閉じる ][ 全て開く ]

  • カードの効果 個別 ガルーダ
    • Q1. 「BSC19-037 3式機龍」がいるとき、手札のこのブレイヴカードはコスト3になるの?
      A1. いいえ、「3式機龍」はカード名にメカゴジラと入っていないため、コスト3にはなりません。


関連リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-07 (日) 16:03:48
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索